金投資は危険?おすすめの儲かるやり方やメリットとデメリットを解説

kin 金融
スポンサーリンク

金に投資してみよう!

金投資が日本では少しずつ
盛んになってきています。

実は私の従兄が金投資の会社を経営していますので
少しだけ聞いて勉強しました。

ですから少しだけ薄っぺらい知識ではありますが、
私の知る範囲での金投資の基本について
カンタンに解説していきます。

日本で行う金投資のすべては
外貨投資と性質が似ています。

何故なら日本の金価格の指標となるNY金価格が
ドル建だからに他なりません。

金価格自体の値段の上下もそうですが、
為替の(ドル/円)の上下も金価格に影響します。

1ドルが1円上下すると
金価格はそれだけで10~12円程度値段が動きます。

例えば1ドル=115円の為替が、116円・・・

つまり、円安になると日本円の金価格は
10~12円程度上昇するコトになり、
逆に1円円高に進むと10~12円程度
下落するカタチとなります。

ちなみに最近人気の
FX(外為証拠金取引)など為替投資は、
今の日本が低金利なので
他の国の通貨を持つと金利がつきますが、
金投資の場合もちろん金利はつきません。

日本人の性質としては、
昨今のFXなどが人気になっている背景に
「高金利」という言葉がキーワードになりますが、
元々預金さえしていれば
4~5%程度の金利が貰える国の人々が
金を買っている事となります。

もちろん普段の貨幣として
ドルを使っている国の人々には
為替のリスクはありません。

純粋に金の価格の上下による価格変動のリスクだけです。

一般的に外貨預金の場合は、
銀行を通して取引すると為替の手数料がかかります。

大雑把にその為替手数料は
1万ドル単位(約115万円)で約2万円です。

ドルを買って、その日のうちに円に替えると
2万円分手数料として差し引かれます。

これと同様に金の現物を1キロ買って、
その日のうちに売却すると
6万円ほど手数料として差し引かれる事となります。

為替の場合、銀行を通すと
TTB(私たちがドルなどを売る値段)と
TTSの開きが2円あるのですが、
現物の金価格に関しても金の買値と売り値には
グラムあたり30円の開きがあり、これが手数料となります。

 

金投資のメリットとデメリット

金投資を、どうして行うかと言えば
やはり金投資にはメリットがあるからです。

金投資のメリットを見ていきますと、
金はインフレ・有事などに強い資産であるといえます。

金は現物資産と呼ばれ、
『金』というそのもの自身に価値がある資産です。

希少価値が高い金属なので、
全世界でも共通の価値を持っている資産と言えます。

ですので、戦争などの有事の時には
金のメリットが最大限発揮されます。

例えば、通貨(現金)の発行体である国が
おかしくなってしまった時には、
通貨の価値が下がってしまい、
最悪の場合には紙切れにまでなってしまうことが
考えられます。

これは、国の通貨が国の信用によって
成り立っている代替資産だからです。

実は、もともと貨幣そのものには価値がないのです。

当たり前のように使っている現金ですが、
通貨を使用している人同士が
自国の貨幣に価値があると認識しているので、
自然に流通しているといえます。

kin1

金投資のデメリットについてお話します。

金投資のデメリットは、
利息がつかないことと価格変動することです。

金自体が何かを生み出す資産ではないので、
当然に利息がつきません。

現金を預金に預けた場合は、
預けたお金を銀行が運用するので利息がつきます。

利息はつかないことはデメリットですが、
金自体に価値があるので、
守りの資産であるという見方ができます。

次に金の価格変動についてですが、
金の価格は需要と供給で決まるので、
金を欲しい人が多ければ金価格は上がりますし、
欲しい人が少なければ逆に下がっていきます。

近年は、中国・インドをはじめとする
新興国の需要が多いので、
金価格は上昇の傾向にありますが、
もし需要が下がってくれば、金の価格も下がります。

ですが、現在では金は上昇しているので
今後の動きに注意してみて判断してください。

 

金投資のまとめ

金の投資や金の売買は
確かにが注目を集めていますし
魅力的な面もたくさんあります。

金の投資や金の売買は、
株やFXなどの投資に代わる投資法として
これから伸びていくと思われますので
少しずつでも金の投資方法や金の売買、金の相場など、
基礎的なことから学んでいくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました