お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、健康等の色んな情報を発信します。

健康

緑内障の症状と治療と改善の知識

更新日:

緑内障について、その原因とは

緑内障について書こうと思ったのは、実は亡くなった父が晩年は緑内障で眼科に通院したり点眼をしていたからです。
ですから、緑内障については色々と調べたり眼科医に聞いたりしましたので、ある程度の知識はあると思います。

緑内障とは、視神経が眼圧により圧迫されて、結果として視野が狭くなる病気の事です。

その原因は様々であり、一度視神経が破壊されると再生することが出来ないために、最悪の場合は失明の危険性を伴なうといった怖い病気なのです。

緑内障は不治の病だと言い切れます。
しかも実際には緑内障患者は40歳を境に、加齢と共に約20人1人はかかると言われているのです。

またここ数年では若年化しているといった事実もあり、早期発見と早期治療が鉄則です。

あなたも人事ではないかもしれませんし、もう既に緑内障の恐れがあるのかもしれません。
失明の危険性もありますので、もし少しでも目に違和感を感じたら検査を行いましょう。

緑内障の原因についてですが、はっきりとした原因は分かっていないようです。
よく言われているのが個人の体質であるとの事ですが、遺伝との関連性もあると言われています。

現代社会に多いストレスも要因のひとつであるとの説もありますが、ストレスは万病の元でもありますのでストレスは抱えたくないですね。

「血流が悪いと緑内障になりやすいのではないか?」との説もあり、視神経への血流が悪いと視神経が痛んでしまうのです。
眼圧低下の点眼薬の殆どが血流を促進させる効果がありますので、血流とは深い繋がりがあると想定出来ます。

直接的な原因をお話しすると、前房と呼ばれる部分にある房水が隅角からうまく排出されずに眼球内の圧力が高くなることです。

眼圧の圧力で血流が悪くなる、眼圧が高いと神経が圧迫されて視神経が損傷するなど、様々な説があります。

 

緑内障について

緑内障の種類

緑内障にはいつくかの種類があり、状況等によって分類されています。

大きく先天性、原発、続発の種類がありますので紹介しておきます。

先天緑内障
生まれつきに隅角が未発達で発症する緑内障。

続発緑内障
目の炎症や角膜の病気が原因となる眼圧の上昇に伴ない発症する場合。
またステロイドホルモン剤を使用した場合などに起こりうる緑内障。

原発開放隅角緑内障
房水の出口になる線維柱帯が詰まる事で眼圧が上昇して発症する場合。
慢性の緑内障であり、ゆっくりと進行していきます。

原発閉塞隅角緑内障
隅角が狭くなることで塞がり、房水が排出されない事で眼圧が上昇して発症。
急性と慢性の場合があります。

正常眼圧緑内障
日本人に多いといわれているのが、この正常眼圧緑内障です。
眼圧が上昇する事で緑内障になるわけですが、ここ近年では眼圧が正常な方が発病しています。
現在では緑内障患者の約6割とも言われており、眼圧説から血流説が生まれた事例です。

 

緑内障の症状

緑内障の症状ですが、視野の欠損、視力低下があげられますが、実は自覚症状が殆どないと言われています。

知らないうちに進行しており、徐々に視神経の障害が大きくなる事で視野が狭くなりますが、慢性が殆どでゆっくりと進行するので気づかない方が多いのです。

急性の場合には、急激な眼圧の上昇で目の痛みや頭痛といった症状、さらには吐き気を伴なう場合もあるようです。

時間の経過とともに進行していき治りにくくなるので、すぐに治療を行ない眼圧を下げる必要があります。

緑内障には早期発見、早期治療が必要不可欠です。

 

緑内障とルテイン

緑内障にはルテインが良いと言われています。

ルテインとは、カルテノイドと言われる色素の一種で、野菜や果物、海藻などに含まれています。

ルテインは目の健康補助食品として有名で、目にある水晶体にも存在している栄養素で緑内障や白内障のリスクを軽減させると言われています。

目は常に活動しており、外部からの色々な物に影響を受けます。
物を見ているだけでも光を吸収しており、網膜黄斑部で光を感じています。

この網膜黄斑部と水晶体にはルテインが存在しており、光からの刺激を和らげて活性酸素を無害化しているのです。
したがって、ルテインが減少すると目の病気を引き起こしやすいと言われている事から、ルテインが注目されたのです。

しかしサプリメント等は薬ではなく医学的根拠の無い商品が殆どでありますので、摂取には注意が必要です。

ルテインを摂取するには健康補助食品やサプリメントだけでなく、ケールやほうれん草から摂取する事が出来ます。

 

緑内障の発見

緑内障の検査

緑内障の検査を行う場合には、一度ではなく数回の検診や検査を行う事が望ましいと言われています。

検査の種類には、眼圧検査、視野検査、眼底検査を行ない、それぞれの診断結果を元に判断されます。

この内ひとつでも異常があれば他の検査も同時に行ない、総合して診断してもらうようにしましょう。

眼圧検査
その名の通り、目の眼圧を検査します。
直接、目の表面に検査器具を使用する場合もありますが、目の表面に空気を当てて測定する方法が行われています。
緑内障の発見には必須の重要な検査です。

視野検査
視野の欠損部分が無いか、欠損部分の有無や緑内障の進行具合を測定する場合に行われています。

眼底検査
緑内障の発見には欠かせない検査のひとつで、視神経に障害がある場合には通常からある陥没部分が異常な変形や拡大していないかを検査します。
視神経乳頭部を観察して視神経の状況を判断します。

 

緑内障の名医

緑内障の名医と呼ばれている眼科医が日本でも数多くいらっしゃいます。

しかし遠方で通院が困難な方も多いと思います。
まずは最寄の眼科医で検査や治療を行いましょう。

緑内障になったからといって、名医であれば簡単に治せるといった病気では無い事を理解しましょう。
欠損した視神経は回復しない為、いかに進行を最小限に抑えるかが治療のポイントとなるでしょう。

点眼や場合によっては手術を行いますが、決められた通りに点眼を行わない等、あなた自身に問題があっては、いくら名医でも治療も出来ないでしょう。

まずは最寄の眼科医に治療の相談を行い、きちんと納得の出来る説明を受けてください。

もし手術が必要であれば、最寄の専門医か名医と呼ばれる医師に相談してみましょう。

緑内障で名医を尋ねるには決められた治療を行った上で、セカンドオピニオン等を活用する事が大切です。

 

緑内障と目の定期検査

緑内障の患者であれば、もちろん定期健診等は受けている事でしょう。

しかし緑内障の予備軍と言われる方が非常に多く、自分でも気づかない事が多いとも言われている病気なので潜在患者は200万人以上ではないかと言われています。

失明の原因として有名な病気なのですが、早期発見が出来ないために病状が進行してしまい、結果として失明に至るケースも少なくないのです。

少なくとも年1回は定期健診を自ら行う事をお勧めします。

またはっきりとした病気の要因も分かっていないのですが、ルテインの摂取を心がけたり生活習慣を見直して体質改善を図る、ストレスを溜めないなど、緑内障に限らず、健康状態を保つために必要な事を率先して行う事が大切であると考えます。

患者のみが意識するのではなく、自分も緑内障予備軍だといった自覚を持って定期検査を行いましょう。

 

緑内障の改善

緑内障の治療

緑内障の治療についてですが、治療は病気の進行を最小限にとどめる為に行われます。
その中でも眼圧を低下させて、低眼圧の状態をコントロールしていく事が重要であると言われています。

治療方法は主に点眼等での薬物療法ですが、手術やレーザー治療も行われています。

しかし、レーザー治療や手術をしても完治するといった訳でもなく、眼圧は低下しても維持できない状態になれば再手術を行わないといけないケースもあります。

まずは点眼から行われますが、これは房水の生産量を減少させたり房水の流出を良化させるものです。

また眼圧を低下させる効果もありますが、多く使用すれば良いといった事ではありませんので、きちんと用量、用法を守りましょう。

点眼だけで不十分な場合には、点眼薬の併用を数種類で行ない、もしくは内服薬を併用して治療を行っていきます。

それでも眼圧をコントロール出来ない場合には手術やレーザー治療が行われますので、慌てずに治療をきちんと行っていきましょう。

緑内障の手術

緑内障の手術ですが、思っている以上に安全性は高く、比較的痛みも無いので安心して手術を受けることが出来ます。
レーザー治療においては入院等の必要性もなく、今では思っている以上に簡単に行える治療のひとつなのです。

手術の方法ですが、房水の流れを良くする為に妨げとなる部分を切開して流れを良化させる手術が行われています。
また毛様体で作られている房水を抑制する方法もあり、手術での効果はある程度は期待出来ます。

しかし出来れば手術は避けたいものです。

緑内障には、早期発見、早期治療が大切です。

まずはきちんとした定期検査を行ったり、現在治療中であれば、点眼を用法通りに行ない、怠らない事を心がけておきましょう。

緑内障と漢方薬

緑内障は点眼や内服薬、あるいはレーザー治療や手術が行われていますが、漢方薬を使用している方も非常に多いようです。

但し漢方薬が緑内障に効果があると言えた訳でもなく、特効薬でもありませんので注意してください。

漢方薬の本来の目的は、体質改善にあります。

元々から緑内障を誘発する原因となるものは分かりませんが、過度なストレスや視神経への血流が悪いとも言われています。

また眼圧の上昇を抑制する意味でも漢方薬が使用されており、体質を改善する事で緑内障の進行を抑制する効果があると言えるのではないでしょうか。

漢方薬を服用する場合においても、治療中の医師や専門家へ相談を行う事を怠らないようにしましょう。
漢方薬の服用にも注意が必要な場合もありますし、他の持病がある方は特に注意が必要です。

漢方薬も使用方法を適切に守る事で改善が望める場合もありますので、専門医へ相談を行い自分に合った漢方薬を処方してもらいましょう。

-健康
-, , , ,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.