ジ アウトレット北九州のテナントや中の様子を大公開!英語は必要?

kitakyu2 生活
スポンサーリンク

ジ・アウトレット北九州の中

ジ アウトレット北九州
2022年4月28日にオープンする事は知っていると思います。

コチラでも書かせて頂いてます。 ⇒ ジ・アウトレット北九州

この「ジ アウトレット北九州」は、
スペースワールド跡地を使っただけあり、
ペイペイドーム3個を超える広さだと言われています。

上空から見た感じはこんな感じです。

kitakyu1

「ジ アウトレット北九州」は、
アウトレットという名前なので、
テナントに注目が向いてしまいますが、
私個人としては「遊べる・学べる」の方に目がいってしまいます。

今回は、「遊べる・学べる」の方に注目して書いてみます。

 

ジ アウトレット北九州の入り口の看板

おそらく最初の頃は
ココで記念写真を撮る方が多いのではないかと思います。

kitakyu2

「THE OUTLETS」の文字があります。

「今、ここにいるよ~」
とか
「ジ・アウトレット北九州にやってきました」
みたいな感じで、
Twitterなんかで画像を載せて投稿するには
もってこいの場所だと思います。

又、大人数で行った時の
待ち合わせ場所にも適していると思います。

 

ジ アウトレット北九州の中の様子

ジ・アウトレット北九州は、
とにかく広いです。

どれくらいの人が来店するのかはわかりませんが、
ペイペイドームの3個分より広いんですから、
かなりの人数が押し寄せても大丈夫な気がします。

kitakyu3

メインのアウトレットゾーンには、
約170店舗が出店します。
実際に買い物をしなくて見て回るだけでも
楽しそうですね。

ただ、このスペースなので、
台風や悪天候の為に交通機関が利用できなくて
来客が少ないときは寂しい感じになりそうです。

今、福岡市の人口は増え続けているようですが、
北九州市も雇用を含めた街の活性化に
取り組んでいるところです。

この「ジ・アウトレット北九州」だけで
劇的に変わることはないかもしれませんが、
起爆剤となってくれると嬉しいですね。

 

スペースLABO(ラボ)は超おすすめ

「ジ・アウトレット北九州」の
「遊ぼう・学ぼう」の一つである
スペースLABO(ラボ)は超おすすめです。

kitakyu4

スペースワールドの跡地という事もあって、
宇宙をテーマにした遊びの空間を実現したようです。
まるで映画に出てきそうな科学と宇宙の空間を体験できます。

このスペースラボの一部を入手しています。

竜巻発生装置です。
国内最大級の高さ10mのメカニズムを
目の前で確認する事が出来ます。

kitakyu5

そして、ドームの直系が30mのプラネタリウムは
身体全体を満天の星と音で包み込んで
心が癒される空間となっています。

 

KITAKYUAYU GROBAL GATEWAY

KITASKYUSYU GROBAL GATEWAY(北九州グローバルゲートウエイ)は、海外にいくようなイメージで体験しながら英語を学ぶ事が出来ます。

kitakyu6

KGGでは買い物する時や食事の注文なども
英語を使ってコミュニケーションをとることが出来ます。

今はコロナの影響で海外旅行に頻繁に行く事は難しいですが、
ここで練習したりイメージトレーニングをしておくと
アフターコロナ時に海外へ出かけるときに役立ちそうな気がします。

 

「ASOBLE(アソブル)」

ASOBLE(アソブル)」は、
楽市楽座を運営する「ワイドレジャー」が
「遊べば遊ぶほど未来が良くなる場所」をコンセプトに運営します。

この「ASOBLE(アソブル)」の語源は、
遊び(ASOBI)と可能性(BLE)を掛け合わせているとの事です。

全天候型のアミューズメントパークですので、
子供さんが雨が続いて家にこもりがちな時でも
少しお出かけ気分で行く事も出来ますね。

まず、多くのメディアで紹介されているのが
「ふわふわドーム」です。

kitakyu7

飛んだり跳ねたりと遊びながら
脚力や運動神経を鍛える事が出来そうです。

ちなみにこの「ふわふわドーム」ですが、
上から見ると数字の「8」の形をしています。
これは八幡の「八」にちなんで作られているとの事です。

個人的にはコレがおすすめです。
「迷宮の壁」です。

kitakyu8

「迷宮の壁」は、壁面迷路です。

よくテーマパークには大型の迷路ってあると思いますが、
壁に作ったのは正解だと思います。

この壁を登ったり降りたりして
子供心をくすぐりながら、
冒険心とチャレンジ精神を養う事が出来ますね。

 

ジ アウトレット北九州のまとめ

ジ・アウトレット北九州は、
どうしてもアウトレットのテナントに目がいってしまいます。

別に服を買う予定もないし
ファッションには興味がないなぁ~って人も、
遊んだり学べるスペースがあることで
「行ってみようかな」って気持ちが変わることもあるでしょう。

又、ママがショッピングを楽しんでいる間に
パパと子供たちは別のスペースで遊んだり学んだりして
過ごすという事もできます。

コロナの影響で
ゴールデンウィーク中の遠出を控えている方で
お近くにお住いの方は、
「どんな感じかな」って
一度だけでも足を運んでみてもいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました