お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、ファッション等の色んな情報を発信します。

生活

定年後の過ごし方は夫婦のストレスを考えて距離感とルールが大事

投稿日:2022年3月9日 更新日:

夫の定年後の生活

夫の定年後の生活は、妻にとってはかなり厄介な問題になっているそうです。

夫はそれまでに朝早くから会社に出社して、夜遅くまで残業をして、週末には会社の同僚と飲みに行ったり、週末になるとゴルフや付き合いで外出したりと、かなりの拘束時間を経験しています。

それが定年になった瞬間から、一気に暇な時間に早変わりするのですから、定年前には何かしらの趣味や付き合いをしておかないと、老後にボケてしまう方も多いようです。

独身であれば自由な時間に慣れてるのかもしれませんが、結婚生活をされてきた夫婦にとって、夫の定年後は時間の使い方も分からない暇な老人になるので、妻としては厄介な存在であると感じられているようです。

出来れば定年前から、夫は妻と一緒に旅行に行ったりして、夫婦共有の時間を大切にしていれば、そういった環境にはならないのかもしれませんね。

定年後には退職金と年金額を事前に計算しておき、最低限の出費を算出して、夫婦として使える毎月の遊興費用を確保しておく事も大切であると感じます。

 

結婚と夫婦の関係

夫婦の関係とは、あなたはどのような関係だと考えていらっしゃいますか。

中には婚姻は紙だけの繋がりだとか言った意見も耳にします。
それも間違いではありませんが、一緒に今後の生活を共にする一生のパートナーだと嬉しい意見が多いのではないでしょうか。

夫婦は結婚してからは、毎日毎日顔を合わせる事の多いパートナーであると思いますが、なかには単身赴任で夫が一人で生活をしており、妻は子供と2人でマイホームで生活している事も多いのかもしれません。

しかしどのような環境であれ、婚姻届を提出して一度結婚をしてしまえば、法律上では離婚をするまでは一生のパートナーとなります。

どうせ一生のパートナーであるならば、喧嘩もせずに、毎日を幸せに過ごしていきたいものです。

喧嘩だけでなく、経済面や子供の教育面など、夫婦には多くの問題も抱える事になりますが、それでも一人で悩まずに夫婦で解決をしていく事が、2人の絆を深めていくものであると考えています。

夫婦喧嘩を全くしない家庭もあるとは思いますが、どのご家庭でも一度は経験をした事があるのが、夫婦喧嘩ではないでしょうか。

夫婦喧嘩が発生する原因の多くは、どちらが悪いといった事ではなく、その会話時点での余計なひと言が問題になる事が多いようです。

あるいは喧嘩になりそうな雰囲気になった時、どちらも折れずに、不用意な発言から喧嘩が勃発した、そんな経験をされた方も多いと思います。

夫婦に限った事ではなく、喧嘩をするにおいては先にちゃんと謝る事が大切ですし、一方的に話を進めるのではなく、お互いに譲れる部分は譲り合って行く事が必要な気がします。

「夫婦喧嘩は犬も喰わない」なんてよく言いますが、まさにその通りで、喧嘩している時間を考えると本当に勿体無い時間を過ごしてしまったと感じてしまう事が多いような気がしてなりません。

まれに夫婦喧嘩から、今まで以上に仲良くなる事ももちろんありますが、本当にまれなくらいで、殆どが不毛な喧嘩だと思いますが、あなたはいかがですか?

「喧嘩するほど仲が良い」とは言われますが、無視をされていないだけ幸せなのかもしれませんね。

 

夫婦の生活について

夫婦でショッピングに出かける方も多いと思いますが、節約生活や倹約生活を心がけておられるご夫婦はどのくらいいらっしゃるでしょうか。

夫婦で節約をする際に一番に考えるのは余計な出費を減らす事だと思いますが、果たして何が無駄なのでしょうか。
恐らく無駄を探してもなかなか見つからないでしょうし、夫と妻のそれぞれの言い分のある出費もあるでしょう。

例えば夫が喫煙をする家庭であれば、夫にとって止めるつもりの無い煙草は、生活に必要な嗜好品であると主張しますが、妻にとっては百害あって一利なしの薬物でしかありません。

また妻に至っては、新しい化粧品を買い揃えたり、洋服を新調したりとショッピングを楽しみますが、夫にとってはそこまでお金をかけなくても、なんて考え方も色々とあるものなのです。

では夫婦の節約生活とはどうしたら良いのでしょうか。

まずはお互いに納得のいく部分で、妥協もしながら少しずつ節約していくしかないでしょう。

あるいは毎月のお給料から、その一部を強制的に貯蓄に回して、収入そのものを抑えた状態から始めてみるかでしょう。

なかなか生活の水準を落とす事は、実は困難な事ですので、節約するという事は簡単な事では無いと言う事を理解しておきましょう。

では、熟年夫婦の生活の実態はどのような感じなのでしょうか。

夫婦生活における重要な事は、夫婦間のコミュニケーションであると思いますが、熟年世代になってくると、会社員の夫であればそれなりの役職を持たれている方が多いと思います。

そのような夫が会社を定年退職しても、その管理職の体質がなかなか抜けずにいるとの話も耳にしたりもします。

夫婦生活において、お互いが年を取ると共に、夫の方から妻に対してのコミュニケーションを図る事が激減してくるようで、かといって妻からのコミュニケーションも増えるわけでもなく、お互いに敬遠してしまうようになってしまうそうです。

熟年離婚も一時期の話題にはなりましたが、夫からすると、今更離婚もしないだろうし、今後の夫婦のあり方について、話し合いをするような事も必要ないだろうと考えてしまうそうです。

熟年夫婦に大切な事は、熟年離婚を避ける意味でも早い段階から、夫の定年後の生活環境を想像してみたり、色々な計画を立てておいて、その計画に向けて共に頑張っていくなど、お互いがひとつの事に向けて考えて行動する事が大切なように思います。

熟年離婚も一時期の話題にはなりましたが、夫からすると今更離婚もしないだろうし今後の夫婦のあり方について話し合いをするような事も必要ないだろうと考えてしまうそうです。

熟年夫婦に大切な事は、熟年離婚を避ける意味でも早い段階から夫の定年後の生活環境を想像してみたり、色々な計画を立てておいて、その計画に向けて共に頑張っていくなど、お互いがひとつの事に向けて考えて行動する事が大切なように思います。

 

夫婦の悩み

夫婦喧嘩にはよくある光景が、夫のわがままのように感じます。

例えば妻は毎日の事なので夕食の準備をして、夫の帰りを待っているのですが、夫は急に会社の同僚に誘われて飲みに行ってしまうなんて事が良くある光景のように思えます。

夫婦喧嘩に良くある光景の背景には、お互いに相手の事を考えての配慮に欠けている部分が多いのではないでしょうか。

例えば先ほどのケースで言えば、夫は急な予定はあらかじめ断るか、断れないのであれば、ちゃんと妻に対して納得の行く連絡をするべきでしょう。

また妻も夫の付き合いも仕事の一環であると、人と人との付き合いもあるのだと理解して、電話口で怒鳴りつけたりする事の無い様にした方が良いと思います。

妻は特に急に食事が要らなくなってしまった無駄な労力に対して、その電話を受けた電話口で不満を述べてしまうケースが多いようです。

その気持ちも分かりますが、夫の気持ちも理解してあげて帰ってから、あるいは翌日の酔いが冷めた際に話すべきではないでしょうか。

また夫もきちんと妻が食事を用意して待っていてくれた事をちゃんと理解しておかなければいけないと思います。

そこで、夫婦生活における重要な事は夫婦間のコミュニケーションであると思いますが、熟年世代になってくると会社員の夫であればそれなりの役職を持たれている方が多いと思います。

そのような夫が会社を定年退職しても、その管理職の体質がなかなか抜けずにいるとの話も耳にしたりもします。

夫婦生活において、お互いが年を取ると共に、夫の方から妻に対してのコミュニケーションを図る事が激減してくるようで、かといって妻からのコミュニケーションも増えるわけでもなく、お互いに敬遠してしまうようになってしまうそうです。

 

夫婦の問題

夫婦別姓について

夫婦の問題についてですが、ここ近年での話題が「夫婦別姓」の問題です。

この夫婦別姓自体を問題であると発言する事がひんしゅくを買いそうですが、個人的に夫婦別姓について反対しているといった訳ではありませんのでご了承ください。

では何が問題なのかといいますと、それぞれの意見の違いが生じている事実が、夫婦にとっての問題なのだそうです。

夫としては結婚して、自分の姓を名乗る文化が当たり前だと意見を持っているでしょうし、女性にとっては女性が力をつけてきたこの現代で、自分の姓を名乗る事で自分の存在を活かしたい、そんな気持ちから意見の違いが出てくるのではないかと思います。

夫婦別姓においては、実は夫婦だけの問題といった事ではなく、それぞれの実家や両親の考え方も関わってくるでしょう。

日本では結婚したら、妻は夫のお墓に入れてもらうといった考え方があるようですが、夫婦別姓になるとそれもどうするかなど、昔の考え方で育ってきた自分の両親の考え方も、理解しないといけない環境もあります。

夫婦別姓を認めている企業も多くなった世の中ではありますし、実際に夫婦別姓で生活されている方も多くなりましたので、あまり表には出てこない問題なのでしょうが、思っている以上に深刻な問題なのかもしれません。

 

老後の貯蓄と生命保険

若い世代の夫婦にとっては、老後の生活などを真剣に考えていく事は少ないのではないでしょうか。

老後の生活を考えている方ももちろんいらっしゃるでしょうが、どれだけの知識があるのかによっても、考え方の違いも出てくるのが現実です。

ファイナンシャルプランナーやライフプランナーなどと呼ばれている専門家の意見を聞いたり、相談してみた事があるのですが、本当に自分が無知であると実感させられてしまいました。

特に年金についての知識、生命保険の知識、貯蓄の知識など、考えることは沢山ありますし、貯蓄や生命保険などの金融商品と呼ばれているものはやはり専門家の意見を聞いて取り入れないと少し難しいのかもしれませんね。

特に老後にとって考えておかないといけない事が、医療関係の事や自分が亡くなった時の事で、生命保険や医療保険がそれにあたるのですが、真剣に計画して加入している方は殆どいないと思います。

最悪なパターンは、知り合いの勧誘で無理矢理入らされた、あるいは断れずに加入したなんて事は良く聞く話でしょう。

生命保険や医療保険については、いくら友人や知人とはいえ、その方が保障をしてくれる訳ではありませんので、勧められる理由が自分の納得のいく理由で無い限りは、はっきりと断るべきなのではないでしょうか。

Sponsored Link





-生活
-, , ,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.