しみやそばかすの原因と消す方法!レーザー治療やサプリメントの効果

shimisobakasu 美容
スポンサーリンク

しみ、そばかすの原因

シミやそばかすは、
どうしてできるのでしょう。

肌に紫外線が当たると、
肌細胞が持っている保護機能が活動して、
表皮の一番下にある基底細胞に存在する
メラノサイトに働きかけ、
肌細胞を守るよう信号が送られます。

その信号によってメラノサイトは、
メラニンという物質を作り出し、
細胞を保護しようとします。

さらにその信号は、
メラノサイトの増殖につながり、
数が増える=メラニンがたくさん作られる状態になります。

この状態になると
シミ・そばかすができやすい、
ということですね。

これは、いつ紫外線を浴びてもいいように、
メラニンが肌を守っているんですね。

この保護機能が活発に働いているということは、
シミやそばかすが増える
あるいは濃くなっていっているということ、
としっかり覚えておいてください。

どんな種類のシミやそばかすがでも、
紫外線を浴びることで
濃く大きく数も増殖されてしまいます。

ですから、シミ・そばかすを
増やさない濃くしない大きくしないためには
紫外線を避けることが最も重要です。

またメラノサイトの活動を停止させて、
メラニンを排出する手助けをするケアも
シミやそばかすを増やさない上で
覚えておくべきことです。

メラニンを排出するには、
代謝機能を高めることが大切です。

皮膚の生まれ変わる周期は
28日と聞いたことはないでしょうか。

「25歳はお肌の曲がり角」と言われるのは
そのころから周期が少しずつ遅くなってくるからです。

基底層にあるメラニンも、正常な周期でなら
25日で上の角質層に押し上げられはがれますが、
それ以降の周期になってしまうと
常にメラニンが皮膚の中に貯めこまれることになります。

これがシミやそばかすが増えてきた、ということですね。

角化のリズムをスムーズにするためには、
血液の流れを促すことです。

血液は細胞に酸素と栄養を供給し、
老廃物を外へ排出する手助けをしてくれます。

これがスムーズでなければ、
メラニンは外へ排出されずに残ってしまいます。

だからシミやそばかすの予防と改善には
血行促進のケアもしっかりしましょう。

シミ・そばかすから肌を守るために、
外出時は特にUVケアをしっかりと。

また洗濯物を干すのにベランダに出ただけでも
紫外線を浴びますので、
シミ・そばかすを本当に防ぎたいなら、
常にUV防止のクリームだけは
つける習慣をつけましょう。

シミ・そばかすができたあとのケアより、
できないように気をつけるケアのほうが
よっぽどラクですよ。

 

しみ、そばかすを消す

シミを取る

最近、市販されている化粧品やサプリメントにも、
「シミとり・美白効果・アンチエイジング」と、
「肌の美しさ透明感」
を意識・強調する言葉が
多く使われるものが増えました。

シミをとりのぞくこと、シミをつくらないことは、
それだけ、美肌づくりを目指す上で
重要なポイントです。

シミの原因の大半は紫外線によるものです。

そのほか、ホルモンのバランス異常によるもの、
肌の老化によるもの、
化粧品やなんらかの
外的要因によるものなどがあります。

特に、紫外線によるダメージは、
シミの原因の7割以上だそうです。

shimisobakasu1

最近では、シミにならないように
大きなツバのある帽子をかぶったり、
日傘を愛用する人も多くなりました。

しかし、傘や帽子のツバで日光を遮ったつもりでも、
地面や他からの照り返しもあり、
紫外線はなかなか強敵ですね。

お肌の生まれ変わる周期は28日といわれています。

紫外線からお肌を守るために
メラニン色素がつくられますが、
お肌のダメージが大きかったり、疲れてくると、
皮膚の生まれ変わりのメカニズムは
バランスを崩してしまいます。

その結果、
紫外線を受けて
黒ずんだメラニン色素がそのまま皮膚に残り、
やがてシミとなってあらわれるのです。

若い頃にうけた日焼けによる紫外線のダメージは、
年月を経てシミとなってあらわれることも
珍しくありません。

紫外線を避けるのは、なかなか難しいことですが、
お肌のメカニズムを知って、
なるべく紫外線によるダメージをとり除くことも、
大切ではないでしょうか。

そして、とうとう出来てしまったシミに対しては、
シミをとりのぞく、あるいは薄くする
美白効果のある基礎化粧品でケアすることをお薦めします。

美白成分配合の美容液などもよいでしょう。

ビタミンCの補給をしたり、
栄養をお肌に与えるようにしましょう。

飲酒や喫煙などによるダメージも
なるべく取り除くようにしたいものです。

睡眠を十分とり、
食生活を改善する、
ストレスをためないようにすることなども大切です。

しみを消す方法

シミをつくらないために、
あるいは消すために、
あれこれとサプリメントを試してみたり、
“シミを消す”“シミを薄くする…”
と書かれた文字を決め手にして、
化粧品を購入している人も多いことでしょう。

女性同士の会話で、
「最近、シミが出来ちゃって…」
「シミにならないようにしなきゃ」と、
このような言葉は、
よく耳にするのではないでしょうか?

「きちんと洗顔もして、日焼けもしないように気をつけているのに…」
と思ったことはありませんか?

シミは、40才くらいになると
出てくる人が多いようですが、
実はシミのもとになる原因は、
若い頃の日焼けなどで、
既に作られているともいわれています。

若い頃からのシミ対策は大切なポイントのようです。

出来てしまったシミを
完全に消すことはできるのでしょうか?

シミを消すためには、いくつかの方法がありますが、
自分で毎日実践することは、
まず、一日の汚れはきちんと洗顔で洗い流すことです。

洗顔もゴシゴシと擦るのはよくありません。

それもシミやくすみの原因になるといわれます。

美白作用のある化粧水などを
コットンに多めに含ませて、
パッティングをします。

ビタミンCなど美白に繋がる成分が、
きちんと配合されている乳液やクリームもよいでしょう。

決して、一気に消すことを考えず、
毎日の正しいケアを怠らないようにすることが大切です。

サプリメントなら、おなじみのLシステインは、
アミノ酸の一種ですが、抗酸化作用にすぐれています。

また、黒色メラニンを白色メラニンに変え、
色素沈着を目立たなくさせることも期待できるようです。

最近では、トマトなどに多く含まれる
リコピンも話題になっています。

リコピンには、抗酸化作用があり、
成人病の改善や血管などにも、
よい効果が期待できるそうです。

体調を改善して代謝をよくすることにより、
皮膚の生まれ変わりの周期も活性化されるので、
シミを消すことも期待できます。

洗顔や基礎化粧品によるケア、
サプリメントによる美白は、
毎日続けるシミを消すためのケアですが、
美容外科などのレーザー治療で、ほとんど痛みもなく、
麻酔もかけずにシミを消すことも可能です。

しかし、そのような場合、
信頼のおける美容外科を選ぶことも大切です。

顔のシミを消す方法

朝、洗顔後に鏡を覗いて、顔にシミを発見!
そんな経験はありませんか?
皮膚には、メラニンを生成する色素細胞があります。

わたしたちの肌は、
紫外線を浴びるとメラニン色素が増加します。

メラニンは、紫外線のダメージを
皮膚の奥の真皮層まで浸透させないようにする
役割を果たします。

shimisobakasu2

通常、健康的な新陳代謝がおこなわれていれば、
「皮膚の生まれ変わりの周期」にしたがって、
ダメージをうけた皮膚は剥がれ落ち、
新しい皮膚に生まれ変わるのですが、
それがうまくいかないと、
メラニン色素がそのまま、
わたしたちの肌に沈着して
シミとなってあらわれるのだそうです。

シミをつくらないようにするために、
日差しの強い時間は
できるだけ外出を控えることもよいのですが、
なかなかそうはいきませんね。

最近では、日傘や、
ツバの広い帽子をかぶる人も増えてきました。

しかし、紫外線は、直射日光だけではなく、
地面、その他からの反射によってもダメージを与え続けています。

そして、顔は特に、紫外線だけではなく、
たばこの煙や排気ガス、汗、メイクなどによって、
さらにストレスをたくさん受けています。

顔は、直接紫外線のダメージを受けやすいところなのです。

紫外線による、さまざまな肌のダメージは、
皮膚に活性酸素を増やし
皮膚を酸化させてしまうためだといわれています。

酸化は、いわゆる錆びのようなものであるといわれ、
人間でいえば「老化」に繋がることなのです。

「活性酸素が体内に増える=酸化=老化」
という流れができてしまいます。

皮膚にもそのような現象が起きているのです。

ダメージが重なれば、
シミだけではなく、たるみや、しわにも繋がります。
皮膚の老化です。

顔にシミが増えると、
非常に老けた感じにも見えてしまいます。

特に、顔は一番目立つところですから、
シミはなるべく作りたくないものです。

出来てしまったシミをとり除く前に、
まず、極力、シミが出来ないように、
シミ防止対策も心がけるべきでしょう。

顔のしみ取り

シミ取りにはさまざまな方法がありますね。
シミの中でも一番気になるのが顔のシミです。

顔のシミを消すには、
まず思い浮かぶのが
レーザーによる美容整形での治療です。

シミ取りには、
今までメスで切除して縫合したり
皮膚移植を行うしかありませんでした。

しかしレーザー技術が登場し
シミ取り治療はごく短時間で
傷跡もほとんど残らない治療法が可能となりました。

シミ取りがより手軽になったわけですね。

シミ取りに使うレーザーは
ある決まった色にだけ反応するので
たとえばシミの表皮近くには
メラニン色素が蓄積されていますが
レーザーはこのメラニン色素に反応して
破壊することになります。

メラニン色素がない周囲の皮膚組織に対しては
ダメージは与えず
的確にシミ取りができるというわけです。

シミ取りの第2の方法として化粧品が挙げられます。

化粧品でシミ取りに有効といわれている成分は
有名なところでビタミンCですね。

シミ用の化粧品は
シミ取りに効果的な美顔器と併用すると
さらに効果が上がります。

皮膚にはバリアフリーと呼ばれる保護膜があります。

これは油分も水分も通さない性質を持っています。

本来皮膚は
体に余分なものを入れないように
保護するのが役目なのです。

ですからシミ取りのための化粧品をただつけるより
美顔器と併用して肌に浸透しやすい状態にしたほうが
有効成分が真皮層まで届きやすくなります。

まずおすすめなのが、イオン導入器ですね。

肌に微弱な電流を流して
ビタミンCなどの有効成分をイオン化して
肌へ浸透させやすくするものです。

エステでは、
人体に+電流が通っていることから
ビタミンCはマイナスに設定して導入していましたが
家庭用ではそれほど細かい設定はできないかもしれません。

わたしが勤務していた大手エステサロンでも
家庭用イオン導入器が発売されていますし、
エステティシャンたちも購入しましたよ。

エステサロンで自分が施術して
イオン導入はシミ取りに効果があることを
知ってますからね。

しみをレーザー除去する

シミは、紫外線を浴びることにより
メラニンが活性化して色素沈着したものと、
その亢進、加齢などによって
皮膚の新陳代謝のバランスが崩れてできるものなどが
代表的ですが、
老人性色素斑、老人性疣贅、肝斑、
雀卵斑、遅発性太田母斑様色素沈着、
他にも、やけどやかぶれの跡が色素沈着したもの、
ナイロンタオルなどの摩擦によるもの、
海水浴などの強い日焼けの跡が色素沈着したもの、
化粧品によるものなど、
実はいくつもの種類があります。

最近では、美容外科などで、
レーザーでシミをとりのぞく人も増えているようですが、
多くの種類のレーザーがあり、
使用するレーザーもシミの症状によって異なるようです。

また、
シミはケミカルピーリングなどでとることも可能ですが、
レーザーのように劇的に消えるということではないそうです。

医療レーザー治療では、
シミになってしまった部分の色素細胞にだけ
レーザーをあてます。

レーザー光を照射すると、
レーザー光は正常な皮膚の部分は通り抜け、
ターゲットの色素細胞だけに吸収され、
周りの細胞にダメージを与えずに
シミを消すことができます。

治療時間も10分程度と短く、
シミが多い場合は数回に分けて治療を受け、
約1週間~10日くらいでかさぶたがとれ、
シミが薄くなるそうです。

日本人は有色人種ですから、
レーザー治療時の炎症で、
色素沈着が多少目立つことがありますが、
これは、6ヶ月~1年くらいで
自然に改善するといわれています。

しかし、レーザー治療による、治療後のトラブルも
残念ながら時々耳にします。

もし、レーザー治療で
シミをとりのぞくことをお考えなら、
ホームページなどで、
治療例なども細かく説明されていますので
参考に読んでみましょう。

治療してもらう美容外科をきちんと選んで、
納得のいく病院で治療されることをお薦めします。

シミを消して美白になろう

かなり前ですが、
若い世代で「ガングロ」という言葉が流行したくらい、
肌を小麦色に焼くことが、
ひとつのおしゃれにもなっていました。

しかし、ここ最近ではすっかり変わり
「日焼けはシミのもとになる」ということも、
だいぶ浸透してきたようです。

shimisobakasu3

今まさに美白ブームといってもいいくらいに、
美白が叫ばれています。

肌を焼くことによる紫外線のダメージで
シミが増えることを考えると、
とても良いことではないでしょうか。

日に焼けることによって、
活性酸素が体内に増え、
さまざまなダメージを体にあたえます。

皮膚のシミもそのひとつです。

「活性酸素」という言葉も、
健康ブームでだいぶ有名になりましたが、
肌のシミを防ぎ、美しく保つためにも、
活性酸素の中和は大切なことです。

活性酸素を軽減することにより、
汚れた血液をさらさらにして血流がよくなり、
肌も透き通るようになるといわれています。

血流を促すことによって、
新陳代謝も活発になりますから、
皮膚も周期的に生まれ変わることができます。

シミになる黒ずんだメラニンを含む皮膚は
綺麗に生まれ変わり、
美白を促すことも可能なのではないでしょうか。

それらのメカニズムがバランスを崩さないように、
日頃から意識して生活することにより、
シミを防ぎ、肌の美白にも繋がるでしょう。

活性酸素を中和する「抗酸化作用」があるといわれるものは、
サプリメントや化粧品でもたくさん市販されていますが、
まずは生活改善が、シミの防止、美白のためにも、
大きなポイントであることを忘れたくないものです。

 

しみ、そばかすの予防

しみ・そばかす予防

シミ・ソバカスが出来る仕組み

様々な刺激により、お肌の色素細胞が刺激されると、
色素細胞はメラニン色素を放出して刺激に対抗しようとします。

このメラニンがお肌に沈着してしまうと
シミ・ソバカスの原因となります。

■紫外線
紫外線を浴びた肌は紫外線に対抗するために
色素細胞からメラニンを放出させます。
日焼けもこのメラニンによるものです。

■ストレス
身体がストレスを受けた時に色素細胞を刺激するホルモンが出ます。
又、ストレス時に増加する活性酸素もまた色素細胞を刺激します。

■ホルモンバランスの乱れ
ホルモンバランスを整えようと分泌されるホルモンは
色素細胞を刺激する作用があります。

妊娠・更年期にシミが出来やい理由

妊娠・更年期はホルモンのバランスが乱れやすく、
又、多くの精神ストレスも起こりやすくなる時期です。
ストレスもまたホルモンバランスに関係してきますので、
コノ時期はホルモンバランスが原因となるシミができやすくなります。

■お肌の老化を早める最大の原因 ⇒ 紫外線

紫外線は殺菌作用やビタミンDの合成の補助作用など
必ずしも悪いモノではありませんが、
紫外線の浴びすぎはお肌にとっては大敵です。

お肌の奥のほうにまで到着し、
シミ・ソバカスの原因となるメラニンの生成を促したり、
お肌のコラーゲンを傷つけて、しわやたるみを引き起こすのです。

■シミ・ソバカスに対抗する ⇒ ビタミン・アミノ酸を補給しましょう!

・ビタミンE
メラニンが作られるのを防ぐ働きがあります。
又、お肌の新陳代謝を高めてメラニンの排出を促します。
ホルモンの分泌のバランスを整えるので、
ホルモンバランスの乱れからくるシミにも対抗します。

・ビタミンC
出来てしまったメラニンの色素を無色化して目立たなくさせます。
又、ストレスに対抗するビタミンとしても知られており、
ストレスを感じる方にはしっかりと補給していただきたいビタミンです。

・システイン
メラニンが作られるのを防ぐ働きがあるアミノ酸です。
新陳代謝を高めてメラニンの排泄を促します。

【日常生活での注意】

◆紫外線からお肌をガードしましょう!

○紫外線の多い季節は5~7月です。
1日のうちでは午前10時~午後2時の間が
最も紫外線量の多い時間帯になります。
この時間帯の外出は特にUVケアを心がけましょう。

○洗濯物を干している間や車の運転中
ちょっとした外出でも紫外線はしっかりと注がれています。
曇りの日でも油断大敵です。
日焼け止めクリームや帽子、日傘などで防備しましょう。

◆お肌の健康状態を高めましょう◆

※新陳代謝タイムにはしっかり睡眠を…
※ゆったりお風呂で血行促進&ストレス解消

シミ・シワを防ぐお手入れ

シミ・シワの原因は
水分の減少が挙げられます。

25歳はお肌の曲がり角といわれますが、
そのころになると皮脂の分泌量が減り、
水分が皮膚から蒸発しやすくなるからです。

顔も体の他の部位に比べて皮膚が薄いですが、
その中でも特に目の周りは特に薄く
皮脂腺も少ないため、
シワや乾燥に最も気をつけなければならない部位です。

シミやシワを防ぐにはまずは乾燥を防ぐことが第一です。

化粧水でお手入れしたあとは
水分の蒸発を防ぐために
美容液やクリームを薄く伸ばしておきましょう。

シワが気になるからといって
強く塗りこみ過ぎないように気をつけてくださいね。

「顔の皮膚は薄くデリケート」
ということを覚えておいてください。

マッサージするとき、
クレンジング、洗顔するときも同じです。

顔のお手入れに「ゴシゴシ」は厳禁です。

美容液もローションも、
手のひらに伸ばして手のひらのぬくもりで
お肌に吸収させるようにつけるのがいいと思います。

拭き取り用のローションの場合は
コットンで強く摩擦しすぎないように注意しましょう。

逆にシワやシミができる原因になってしまいます。

特にピーリングする場合、
必要な角質まで落としてしまう可能性がありますので
強くこすりすきないようにしましょうね。

不要な角質はないほうが
有効成分の吸収もよくなりますから
上手に取り入れていきましょう。

「お顔のお手入れは優しく、ゴシゴシ厳禁」
これがシミ・シワを防ぐお手入れには
必ず実践していただきたいことですね。

しみ対策

シミ対策には
紫外線を避けることがまず第一です。

紫外線には有害な紫外線Bが含まれており、
シミやシワ、ソバカスの原因となります。

紫外線は一年中降り注いでいますが、
特に夏場は日差しがきついので
並行して紫外線もきつなり、
シミの大きな原因の一つです。

曇りの日で太陽が出ていなくても
紫外線は晴れのときと同じように降り注いでいます。

太陽が出ていないからといって油断せず
シミトラブルに悩まされないように
気をつけてください。

シミ対策のスキンケアとして
家にいるときも必ず紫外線防止クリーム、
エッセンス、乳液などを使用し、シミを予防して
美肌を保つためのお手入れをしましょう。

ベランダに出ただけで紫外線を浴び、
シミを作る原因となってしまいます。

おしゃれのためだけでなく、
シミ対策にもお化粧は必要なのです。

またシミ対策サプリメントとして有名なのが
ビタミンCですね。

ビタミンCはメラニン色素の働きを調整して
シミになるのを防いだり、
現在できてしまったシミも黒色メラニンから
無色の還元型メラニンへと変化させて
シミを目立たなくしてくれます。

肌の老化やくすみの原因となる
活性酸素除去にも効果的です。

シミのためには摂取しておきたいビタミンですね。

シミ対策化粧品の成分として有名なのは
同じくビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタエキス。
ホワイトニング化粧品によく配合されている成分です。

年齢を追うごとに
シミ・シワ対策のアンチエイジングが必要となってきますが、
若いシミのない肌のころから
キチンとお手入れをしていくことが
将来のお手入れをラクにしていくのです。

タイトルとURLをコピーしました