出べその治し方と原因!手術による治療や意味と種類と遺伝について!

debeso 生活
スポンサーリンク

出べその治し方

大人の出べそを治すには
手術が必要です。

まずは医者に診断してもらう事が
必要です。

手術が必要な病的要素があるのかを
診断してもらいましょう。

病的な診断が無ければ、
見た目の問題としての手術になります。

見た目の手術であれば、
医師として手術をしてもらえない
事もあります。

その場合には美容整形等に
お願いする事となります。

また、大人の出べそは、
腹筋を鍛えることで
症状が改善される事もあるそうです。

腹圧が原因で起こる場合には、
まず腹筋を鍛えてみてはいかがでしょうか?

新生児や子供の場合には、
親としても気になってしまうものでしょうが、
あまり手術をすることは望ましく
ないのかもしれません。

例えば、子供が出べそで深刻に悩んでいる、
出べそが原因でいじめられている・・・

その様なご家庭もあるでしょう。

しかし、外来にて診察を受けて、
身体的に問題が無ければ手術を考えるのは
相談してからにしましょう。

大人よりも、子供の方が手術に対して
体にも精神的にも不安があります。

ですので、見た目だけで
手術を考えるのであれば、
手術をする際の負担と、
出べそのままの精神状態を
図ることになるでしょう。

どちらにしても、小さなお子さんの場合は、
親が判断することになりますので、
出来れば医者に相談してみることを
お勧めします。

出べそ手術

出べその程度によっては、
ほとんど気にすることはないと
いうものもあります。

しかし、本来はへこんでいるはずの
おへそですから、出べその方は手術をしてでも
治したいと思っている事でしょう。

出べその手術は簡単な場合には
日帰りでの治療も可能です。

また、長くても一週間程度の
入通院で可能なのです。

時間に余裕があれば、
悩むよりも思いきって出べそを手術して、
悩みの種である出べそを
治してみてはいかがでしょうか?

見た目が変わるだけですが、
精神的には非常に良くなると思います。

また、手術後にあなたも、
そして周りも受ける印象はかなり
違ってくるはずです。

出べその手術は、美容整形等で気軽にも
行けるものですので、
一度相談してみてはいかがでしょうか?

インターネット等でも相談が可能な
美容整形外科もありますので、
ご自分で調べてからでも遅くはありません。

出べそで悩む前に、あなたが出来る事を
色々とやってみましょう。

きっと、いい結果になると思います!

 

出べそとは

出べそとは、その名の通り、
お腹にあるへその部分が
外に飛び出している状態を言います。

出べその程度は人それぞれであり、
また出べその原因も人それぞれです。

出べそで悩んでいる人も多く、
出べそは本人だけでなく、
小さなお子さんを持つ親としても
悩みが多いものなのです。

debeso1

おへそは、衣類を着ている以上は
気にならないものですが、
夏場の水泳時や、着替えている最中には
見えてしまうので、
どうしても気になってしまいます。

出べそが原因でいじめられたり、
出べそが原因で人前で衣類を脱げないなど、
出べその悩みは思った以上に深刻です。

まずは、出べそを治す前に、
出べそとは何か?という所から
知識をつける必要がありますね。

 

出べその原因

出べその原因は様々で、
人それぞれです。

しかし、出べその方の多くは
同じ原因から
なっているともいえます。

その出べその原因で一番多いのが、
ヘルニアです。

ヘルニアとは、体内一部が
本来の場所から飛び出した
状態をいいます。

腸ヘルニアは腸が、
椎間板ヘルニアは椎間板の
一部が飛び出した状態なのです。

そして、出べそとは臍ヘルニア
(さいヘルニア)と呼ばれており、
へその裏側で脱腸のような
症状が発生した事によるものです。

またそのほかの原因としては、
へその緒を取った後の傷口が
塞がりきれずに残ってしまった事に
よるものです。

出べそは主にこの2つが
原因とされています。

出べその種類

出べそに種類というとおかしな
話しになってしまいますが、
先ほどお話しした事もそのひとつです。

臍ヘルニアによる出べそ。
傷口が塞がりきれなかった出べそ。

あるいは、
妊娠後に出べそになってしまった。

出べそにはそういった種類があります。

また、種類によって自然治癒する症状の
ものと、自然治癒しないものとがあります。

自然治癒しない出べその場合は、
手術によって改善する必要性も出てきます。

出べその程度にも関係していますが、
あまり突起の程度が少ないのであれば、
気にならない方もいますし、
肥大化してしまった出べそで深刻な
症状の方もいらっしゃいます。

小さなお子さんの出べそは、
自然治癒を望むことが出来ます。

反対に大人の出べそは
深刻な場合もあり、
多くの方は出べその手術を
必要とするのです。

出べその自然治癒

出べその自然治癒についてですが、
出べその自然治癒が望まれる年齢は
一般的に新生児であれば8割は治ると
言われています。

特に初産の場合の親としては、
自分の子が出べそだと心配に
なってしまいますよね?

しかし、手術を要するまでも無く、
殆どが上から押さえて治癒させると
いったことがなされます。

1歳を過ぎれば、自然治癒も望めなくなりますが、
殆どが皮膚のたるみであり、
今後の生活に支障があるわけではありません。

出べそは見た目の問題であり、
身体的な重い症状があるのは
ほんのごく一部の方なので、
出べそだからと言って身体的な問題を
気にする必要は無いでしょう。

将来の精神的な問題は、
先々に大きく成長した段階で、
はたしてどの程度の出べそなのかで
考える出来であると言えるでしょう。

 

出べそコンプレックス

出べそは誰のせい?

出べそで悩む方にとっては、
「私は悪くないのに・・・」
と思ってしまう事でしょう。

出べそは、出産時にへその緒を
切った時から原因がある訳ですが、
医者のせいだとか言われています。

しかし、出べそは医者の処置とは
ほとんど関係はありません。

よく出べそのQ&Aなどにも
「医者が下手だと出べそになる」
などの書き込みを見ますが、
必ずしもそうとは言えないのです。

医者のへその緒の切り方が悪いからといって
出べそにはなりません。

もし、医者のせいで出べそになるとしたら、
よほどの不衛生な状態で放置され、
ばい菌が入って化膿したなんて事になります。

また、その医者の産婦人科で出産した方が
皆同じ出べそになってしまいます。

医学的にも、冷静に考えると
出べその原因が医者にあるとは言えません。

かといって、あなた自身のせいで
出べそなると言う訳でもなく、
生まれた時に出べそになっても、
出産直後に出べそを指摘できる
人間は存在しないでしょう。

また、生まれてすぐの出べそは、
自然治癒が望めますので、
手術をする訳でもありません。

出べそは運命であると考えて、
今後の出べそを治す事を考えた方が
ポジティブであると言えます。

出べそコンプレックス

新生児ではなく、大きく成長した
段階での出べそは、
精神的にも大きなコンプレックスに
なってしまいますよね?

例えば、夏場は水着になれない、
人前で着替えが出来ない、
銭湯などに行くと人目が気になる・・・

そんな悩みを持っている方も
多いのではないでしょうか?

しかし、大人の出べそは深刻なのです。

出べそは、
前にお話ししたように臍ヘルニアです。

大人になってから出べそが気になる場合は、
妊娠や肥満などによって、
今までよりも腹圧が上昇したことが
主な原因だと思われます。

大人になってからの臍ヘルニアは
病的な原因も多く、
手術が必要なことが多いのです。

出産時に腹圧がまして出べそになってしまう
女性の方が非常に多いのですが、
気にならない程度の出べそであれば
問題ないと言えるでしょう。

しかし、異常におへその部分が盛り上げってきた、
また、出べそが気になる方は、
一度外来にて診察をしてもらいましょう。

悩んでいるだけでは大人の出べそは治りません。

はたしてあなたの出べそは病的な要素が
あるのかと言うことだけでも
知っておく必要があるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました