オール電化の電気代と費用とメリットとデメリット!後悔しない比較!

alldenka 生活
スポンサーリンク

オール電化の不安解消

オール電化のメリットとデメリット

オール電化のメリットやデメリットに関する
質問が多いようです。

ここ最近では多くの家庭で
オール電化の需要が高まってきたこともあり、
新築の物件などは殆どがオール電化を
前面的に宣伝しています。

オール電化とは、すべてを電気でまかなう、
火を使わない暮らしのことを言います。

簡単に言えば、
ガスを使わない生活のことですね。

オール電化にするには、
火を使っているところを電気に変えるだけです。

つまりキッチンと給湯を
電気にするだけで構わないのです。

メリットとデメリットを比較して
検討される方が多いと思います。

alldenka

オール電化のデメリットとは、
まず停電時に弱いこと。
ガスが使えないこと。
火力にはかなわない事です。

停電時のデメリットは、
料理であればカセットコンロでまかなえますが、
給湯は使えない状態です。

ガスが使えないので
電気が止まると何も出来なくなります。

まだ電気のパワーは火力にはかなわないので、
急に大量のお湯が必要になった時には不便です。

しかし、これらのデメリットは何かしらの
非常事態にのみ考えられる現象ではないでしょうか。

メリットである火災の不安がない事、
光熱費の節約と比較すれば、
将来的なランニングコストがかからない
オール電化のメリットの方が最も需要であると思います。

オール電化にすると、
光熱費の大半は給湯に使われてることになりますので、
電気温水器は安い夜間電力を使うことで
給湯費用が削減できます。

電器やガスは
使用しなくても基本料金がかかります。

これも電気だけで済むので
基本料金の節約にも繋がります。

オール電化は
将来的なランニングコストを見る事が重要です。

 

オール電化の費用

オール電化について一番気になるのが費用ですね。

多くの方がオール電化の費用について
知りたいと思っているようです。

オール電化の住宅が、
非常に人気が高いことはご存知かと思います。

もしかしたら、自宅をオール電化にしようかと
検討中の方もいらっしゃるかもしれませんね。

また、リフォームをしたいけどオール電化にすると
費用が掛かるんじゃないかと踏み切れない方も
多くいらっしゃると思います。

さらにはオール電化後の電気代が一体どうなるのかと
不安な方もいらっしゃると思います。

何故ならばオール電化とは、
お風呂やコンロなど全ての家庭のエネルギーを
電気で補っていく仕組みだからです。

オール電化のメリットにもなりますが、
光熱費に関しては
殆どの方が今までよりも負担は軽くなります。

その根拠としては、
お風呂は湯沸かし器から電気給湯器へ変わります。

ガスコンロからIHヒーターに変わります。
電気の威力は思っている以上に凄いので
時間もかかりません。

IHヒーターを導入するときの費用ですが、
お住まいの環境やIHヒーターの機種によっても
多少の変動はありますが、
概ね20万円から50万円程度で出来ます。

ビルトインタイプのIHヒーターの場合だと、
本体価格が15万円から40万円程度です。

それに取り付け費用として
5万円から10万円くらいが加わります。

電気給湯器であるエコキュートを設置する場合には、
概ね50万円~100万円程度で導入が可能です。

エコキュートの本体価格50万円から80万円、
設置費用が10万円から20万円といったところです。

工事費用も業者により異なってきますし、
お住まいの環境によっても違ってきますので、
まずは見積もりを依頼することが必要です。

オール電化にする際には、
決して安い買い物ではありませんので、
信頼の出来る業者選びも必要になってくるでしょう。

オール電化へのリフォーム

オール電化へのリフォームの需要が
非常に高まってきたそうです。

理由としては、オール電化のメリットである
安全性や経済性と言った理由から
リフォームされるご家庭が多いようです。

環境にも優しいと言われているオール電化は、
ひとりひとりの環境に対する意識が
変わってきたこともあるのです。

また高齢化している社会情勢の中で、
ご老人が火を取り扱うことが非常に危険であり、
火災を防止するためにも、オール電化への意識が高まり、
オール電化へリフォームするといった事が行われているのです。

オール電化は経済的にも、環境にもお勧めであり、
火災を防止する意味でも大変役に立つ存在なのです。

IHヒーターへのリフォームは、
料理をする方にとっては
非常にありがたい存在になります。

真夏の暑い日に料理をすると、
ガスコンロでは熱気がこもってしまい、
エアコンを併用するとエアコンの活動が活発になり、
結果的に経済的にはマイナスになります。

しかしIHヒーターではその心配が少なくて済みます。

また、IHヒーターは
料理の際の吹きこぼれによる火の立ち消えが無く、
お手入れも拭くだけの簡単作業で済むのです。

オール電化はキッチンのリフォームだけでも
コレだけのメリットがあるのです。

エコキュートに関しては、
ガス給湯器よりもエネルギー効率が高く、
深夜電力を利用して活動しますので、
電気代は昼間の3分の1の電気代だけで十分です。

エコキュートは
「エコロジー」な「給湯器」から付けられたネーミングどおり、
ガスや石油を使わず、空気中の熱でお湯を沸かします。

また冷媒にはフロンではなく二酸化炭素を使用しており、
環境にとっても非常に優しいのです。

気になるところのオール電化へのリフォーム代は
確かに費用がかなりかかります。

しかし長い目で見ればオール電化住宅にした方が、
先々の熱費は削減できると思われます。

オール電化へのリフォームをご検討の方は
まず今後のランニングコストと
リフォーム費用を比較する事から始めてみましょう。

 

オール電化の不安や震災

オール電化とは、家庭で普通に使用されている
エネルギーの全てを電気でまかなうライフスタイルです。

キッチンや給湯などをはじめ、
全てのの生活エネルギーを電気に変えることで
火を使わないことの安全性と
省エネ性から支持されており急速に広まっています。

オール電化への意識は年々と高まってきており、
新築住宅の建築やリフォームを検討している方も、
皆さんがオール電化への興味を抱いており
意識は高いものがありますので、
これからのテーマと言えるのではないでしょうか。

しかしながら、
オール電化に対しての知識の浸透はまだまだであり、
皆さんが悩むのも当然の事なのです。

特にデメリットについての不安が多いのではないでしょうか。

オール電化について知らない事が多すぎて、
果たして本当に経済的なのか?エコなのか?など、
疑問を抱かれている方が多いことは事実です。

オール電化は東日本大地震の震災被害である
停電時に非常に不安が募った事だと思います。

たしかに、オール電化にとって停電とはデメリットであり、
停電時には困ったと言う声がある事は確かな情報です。

しかし、通常のメリットに比べてデメリットである停電が
どのくらいの割合であるのかにより、
オール電化のデメリットが解消されるわけです。

震災被害として停電が相次ぎましたが、
だからと言って「オール電化は絶対にダメである」
とは決して言えません。

オール電化じゃなければ・・・と
既にオール電化の家庭では
デメリットが浮き彫りになったように感じますが、
オール電化では無い家庭が良かったのかと言えば
そうとも言い切れないはずなのです。

メリットやデメリットはオール電化だけでなく、
様々な事について言えるのです。

大切な事は、
今のあなたのライフスタイルに合わせて
オール電化を当てはめてみて考えることが
重要なのではないでしょうか。

 

オール電化に多い質問

オール電化とエコキュート

オール電化とエコキュートとは
切っても切れない存在なのです。

エコキュートを設置することが、
オール電化住宅が環境に優しく
経済的であると言えるのです。

ではエコキュートとは一体何なのでしょうか。

エコキュートとは、
自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機の総称であり、
電力会社と給湯器メーカーが共同で使用しているものです。

その仕組みは空気の熱をくみ上げ、
その熱を利用してお湯を沸かしています。

これには冷媒が関係しており、冷媒とは熱を運ぶ働きをする物質で、
エコキュートでは二酸化炭素が使われています。

二酸化炭素が熱を運ぶヒートポンプの仕組みですが、
まず大気中の熱を二酸化炭素が吸収します。

吸収された二酸化炭素が
コンプレッサーで圧縮されると高熱になるのですが、
その熱を熱交換器で水に伝え、お湯を沸かすのです。

この仕組みによってエコキュートは
高温のお湯を沸かしているのです。

オール電化で、何故エコキュートが注目されているのかは、
やはり健康にやさしい点と、
経済的である点につきると思います。

エコキュートは地球温暖化への影響が少なく、
環境に優しい二酸化炭素を使っていること、
しかも工場等から排出されるものが
再利用されている事もあり高く評価されています。

またエコキュートは、
ヒートポンプによって大気の熱を利用しているため、
従来の加熱式温水器の3割程度の電気で
お湯を沸かせるので非常に省エネ効果が高いと言えます。

オール電化の電気代

オール電化の電気代に関する質問が非常に多いようです。

実際にこれからオール電化住宅を検討される方にとっては、
やはり電気代は気になる問題でしょう。

もし電気代がかかるのであれば、
いくら環境に良いと言われようが、
火災の不安がないと言われようが
オール電化に喜んで変える方は
少ないのではないでしょうか。

オール電化住宅にした際の電気代は、
実際には今までよりも高くなります。

しかし、今までにかかっていたその他の光熱費である
ガス代や灯油代がかからなくなるのです。

この差し引きを行ってみる事が
オール電化の電気代のメリットを感じる秘訣なのです。

alldenka1

ある試算によりますと、24cmのホーロー鍋を使用して、
水温20℃の水1リットルを90℃まで沸かすには、
都市ガスでは3円60銭かかるのに対し、
オール電化のIHクッキングヒーターなら2円40銭と
電気の方が安く済むのだそうです。

さらに、給湯器の試算では、都市ガス給湯器だと
月額5,904円かかるのですが、
電気温水器だと3,057円と、
もちらも電気代の方が安くて済むのです。

ただしこの電気代は、
割引されている電気代で試算されていますので
注意してください。

オール電化にすると
様々な割引制度を活用出来る事が多いのです。

オール電化の導入時に契約内容をきちんと理解しておけば、
更に光熱費を節約することが出来るというわけです。

適切なプランで契約する事と、
夜間にお湯を沸かすエコキュートを
使用することで電気代はかなりの節約が期待できます。

このオール電化割引プランは、
どこの電力会社にもありますので、
まずは電力会社に問い合わせてみましょう。

オール電化の補助金

オール電化が出始めの頃は、
エコキュートの価格も今ほどの割引が無く
非常に高価な製品であったため、
環境性能に優れたエコキュートを普及させるために
国や地方自治体からの補助金が多くありました。

しかし今ははエコキュートの実勢価格が
以前よりかなり下がってきたために、
国の補助金は無くなりました。

ただ、今でも地方自治体独自で
補助金が交付されるところもあります。

あなたが今からエコキュートの設置を
ご検討されているのであれば、
お住まいの自治体に補助金の有無を確認するといいでしょう。

補助金の額としては
1万円~3万円程度の補助金というケースが
多いようです。

 

オール電化の安心と快適

オール電化の比較

オール電化の比較についてですが、
オール電化を検討する際には、
現在の光熱費と比較する必要があります。

ガス代の基本料金と使用料金を算出して、
今後の電気代と比較していくわけです。

ここにオール電化が経済的に有利な理由があるのです。

このオール電化の仕組みについて説明しますと、
住宅をオール電化にする場合には
エコキュートの存在は欠かせません。

エコキュートとは、
空気の熱でお湯を沸かすことができる電気給湯機のうち、
冷媒体として二酸化炭素を使用している機種のことをさします。

このエコキュートとは、実はエネルギー効率が
従来のガス給湯の約9倍にもなるのです。

つまり光熱費の約1/3を締める給湯にかかる費用を、
このエコキュートを導入することで
大幅に削減できる事となります。

またオール電化にすると
様々なオール電化割引電気料金や
補助金が適用されることになります。

うまく活用すればオール電化で
快適な生活が送れるといった仕組みがあるのです。

今までの光熱費とこれからの光熱費を比較する時には、
オール電化に関連する様々な制度を
利用出来るのかも考えてみましょう。

オール電化の停電

オール電化の停電は、
オール電化のデメリットとして
一番に上げられるのではないでしょうか。

オール電化の停電で困ることは
IHヒーターとエコキュートです。

IHヒーターは残念ですが
停電時には使用出来ません。

非常用にカセットコンロを準備しておく事で
簡単に解消出来ます。

次にエコキュートですが、
基本的に深夜にお湯を沸かしているので、
タンク内に残っているお湯は使用が可能です。

ただし、飲用としては使用できませんので
非常時には注意しましょう。

ここでガスの方が安心ではないかと思われますが、
実際に今のガス給湯器なども
スイッチは電気を使っていますので、
停電時には使用出来なくなります。

オール電化での停電は、電気が使えないと
一切の住宅機能が停止しますので、
寒冷地にお住まいであったり、
季節によっては冬場の石油ファンヒーターなどの準備が
必要かもしれません。

デメリットが多いような気がしますが、
今の時代では通常の停電はあまり頻繁には起こりえず、
停電時の復旧も早いのです。

考えるとすれば、震災や災害時の事です。

これらは電気に限らず、
全てのライフラインに言える事です。

電気・ガス・水道のライフラインが
断たれたときを考えましょう。

オール電化だと、電気と水道が回復すればよいので、
他の住宅よりもメリットがあるとも言える訳です。

災害等は実際になってみない事には想像が出来ませんが、
復旧に関しては早い可能性が高いと言えるでしょう。

またガスが無いだけで、
火災やガス漏れの心配も要りません。

停電というデメリットに備える事で
オール電化はこれからの暮らしに
かけがえの無い存在なのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました