お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、ファッション等の色んな情報を発信します。

健康

AGA治療の費用や薬は?後悔しない為デメリットを知って自力で治す

投稿日:2022年4月8日 更新日:

AGA治療の費用

AGAの治療費は一体どのくらい必要なのでしょうか。

AGA専門外来に通院して
AGA治療を行うと
治療費が高いように思いますし、
一般的な病院や自力で治そうとして
薬剤を購入した治療は安価ですが、
効果が分からないのではないでしょうか。

治療を行う際には、
決して価格だけを目安にする事が無いようにした方が
良いといえます。

AGAの治療薬であるプロペシアですが、
一般の病院等で処方してもらうと
1錠の料金は約250円程度となっています。

この薬は保険対象外であり、
治療薬を1日1錠服用しますので
月にして約7,500円の薬代がかかります。

診察料病院によってかかる費用は若干異なりますが、
この他にもミノキシジルタブレットであれば6,000円前後、
ビタミン剤等で2,000円前後は必要とします。

一般に自分で治療を考えた際の合計金額は、
月18,000円~25,000円で収まるような計算になります。

反対にAGA専門外来に通院して
医師によるカウンセリングと処方をしてもらうと、
月にして約30,000円前後だと言われています。

これには問診、視診、触診、経過措置、
状況判断、生活習慣の指導、カウンセリング、
それに加えて30日分の薬の処方があります。

一ヶ月の費用だけを見れば、
自己判断で治療する方が安いと言えますが、
総合的な治療方法や安心感を考えれば、
専門外来へ通院して治療を行った方が
メリットが多いと考える事も出来ます。

 

AGAの対策と効果

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で、通称では「男性型脱毛症」と呼ばれています。

AGAは成人男性によくみられる薄毛の事で、
成人男性は思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が
薄くなっていきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが
主な原因と考えられており、
抜け毛や薄毛は少しづつ進行していき、
やがて抜け毛や薄毛が目立つようになります。

AGAは男性型脱毛症と呼ばれている名称の通り
男性特有の脱毛症であり、
主に30~50代の男性に多くみられ、
薄毛や抜け毛に悩む男性のほとんどが
AGAであると言われています。

またAGA患者は、
日本全国で1,300万人以上ともいわれており、
ヘアサイクルと呼ばれる毛髪周期の成長期が短くなる影響で、
前頭部と頭頂部の髪が薄くなるのが特徴です。

遺伝や男性ホルモンが大きく関わっていると考えられていますが、
一度AGAの症状がでてくると
脱毛が進行していきますので注意が必要です。

30代サラリーマン男性を
最も悩ましていると言われるAGAですが、
あなたもAGAについて知識を取り入れて、
AGA対策を行いましょう。

AGA対策の効果についてですが、
対策よりもまずは予防が先であると
皆さんは考えるのではないでしょうか?

ではAGAの予防は無理なのでしょうか?
実際には不可能とは言えません。

遺伝性の部分があるために、
どうしても親が薄毛であれば自分もそうなると考えてしまいますが、
親の身長が低くても身長の高い子どもが生まれることがありますし、
親が薄毛にもかかわらずはげない場合もあります。

また毛髪に関しては、
隔世遺伝といった祖父母やそれ以上前の世代の遺伝が
関係していると言われていますが、
薄毛が隔世遺伝すると言った事は迷信であり、
根拠が無いと言われています。

AGAにしても遺伝のような先天的なものだけでなく、
後天的な要因も大きく関わっているのです。

最近増え続けている若年性脱毛症タイプのAGAは、
生活習慣や社会的ストレスが主な要因であると考えられています。

したがってAGAを予防したり、
AGA対策をするためには、
栄養バランスを考えた食事や、
ストレスを適度に解消する生活、
あるいは飲酒や喫煙を控えるといった対策が考えられます。

また市販の育毛剤を使用したり、
ヘッドスパやヘッドマッサージなど、
頭皮の血液の循環をよくするための
ヘアケアも効果的であると言えるでしょう。

遺伝だからと簡単に諦めたりせずに、
自分の出来る事、生活習慣などを改善して
AGAの予防と対策を行いましょう。

AGAは進行しますので、
再び発毛させるまでは現実的に難しいのですが、
少なくても日頃から生活習慣を整えておく事と
ヘアケアを行うことで、
進行を遅らせたり抑止させる事は可能です。

今日からでも生活習慣を見直して、
しっかりとAGA対策を行いましょう。

 

AGAの相談や病院や口コミ

AGAの相談

AGAの対策には、
市販の育毛剤を使用したり、
自分の生活習慣を整えたりする事で出来ますが、
しっかりとした対策を行ないたいのであれば、
きちんとしたプロにお願いする事が出来ます。

医療機関であれば
安心してAGAの相談や対策を行う事が出来るでしょうが、
実は無料でもAGA相談が出来ます。

無料ですので、
医療機関のような処置方法まで行ってはもらえませんが、
自分がどの程度のAGAであるのか、
今後の対策方法などある程度の相談が可能です。

AGA専門のスタッフが、
・正しいヘアケアやシャンプー方法
・ストレスの因果関係
・生活習慣の改善
などについてしっかりとアドバイスしてくれます。

始めから医療機関を尋ねるには抵抗がある方や、
まずは自分が医療機関にてAGA治療を行う必要があるのかなど、
分かりやすくカウンセリングをしてくれますので、
無料でもありますし、
活用してみるべきだと思います。

現在では主に東京・名古屋・大阪・福岡の主要都市で行ってますので、
無料で相談・カウンセリングが出来て、
ゆっくりとAGAについて考える事が出来ると評判のようです。

自己流で市販の育毛剤などで
AGA対策を行っている方もいらっしゃるようですが、
まずは正しい知識をしっかりと身に付けるためにも、
無料カウンセリングに行かれる事をお勧めします。

 

AGAの病院

AGAの病院ってどのくらいあるんでしょうか。

まずは病院の前に、
専門スタッフが行う無料カウンセリングをお勧めしますが、
医療機関でなければ信用出来ない方もいらっしゃると思いますし、
無料相談で病院での治療を進められた方もいらっしゃるでしょう。

多少の費用は当然にかかりますが、
やはり医師の診断は信用性も高く、
的確なアドバイスと処方を行ってくれます。

AGAの病院での初診は、
・問診
・ヘアケアチェック
・生活習慣チェック
・血液検査
・肝機能、腎機能、感染症
・DNA検査
など、多種多様な目線で行ってくれる病院を探しましょう。

専門の医師からAGAの原因をしっかりと特定してもらい、
今後のヘアケアはもちろん、
生活習慣の改善、プロペシア等の専門薬の処方、
ヘアケア用品の選定など、
しっかりとアドバイスをしてもらう事が大切です。

また医療機関であれば、
あなたの薄毛がAGAであるか、
そうでないかがはっきりと分かるはずです。

薄毛であれば皆AGAという訳でもなく、
他の要因で薄毛になる事も少なくありません。

AGAの原因が分から無い状態で、
自己流でAGA対策を行えば費用は安くて済みますが、
実際の効果は疑問でもありますし、
結果としてAGAの病院へ行った方が効果もあり、
安価であったケースもあります。

出来れば早期治療を行なうためにも、
一度AGAを扱う専門の病院へ相談してみる事もお勧めします。

 

AGAでの評判と口コミ

AGAでの評判と口コミは、
これからAGA対策を行おうとする方にとって、
非常に知りたい情報であると思います。
AGAの病院の評判を知りたくても、
実際に治療を受けている人がいなければ
情報を聞くことも出来ませんし評判も分かりません。
自宅の近くや勤務先の近くの病院に通院したいと思いますが、
まずはインターネットを使って全国の病院を検索してみましょう。

評判のいい病院は、
アナログの口コミだけでは限界があり
自分の地域だけではなかなかAGAを扱っている病院に
辿り着くのも大変です。
実際に評判の良い病院の情報や、
口コミ情報を見てみましょう。

調べる事は、
実際にその病院の事でなくても構いません。
全国で評判の良いと言われている病院が、
果たしてどのようなカウンセリングを行っているのか、
どのような検査があり、
どのように対応してくれるのか、
そういった事を調べてみましょう。

全国の主要都市で検索すれば、
比較的簡単に見つかると思います。

もしそこへ行く事が可能な病院であれば、
実際に診察に向かえばいいですし、
遠方であれば評判の良い病院のカウンセリングや
診察方法などを最寄の病院と比べてみましょう。

また最寄の病院で不満があれば、
思い切って質問や相談をしてみましょう。

インターネットで検索したカウンセリングや診察方法、
処方についてダイレクトに尋ねてみてはいかがでしょうか。

AGAはまだまだ浸透していないもので、
最寄の病院では相談が難しいかもしれませんが、
自分の納得の出来る治療が出来るように心がけましょう。

 

AGAの治療と治療期間

AGAの治療

AGA治療には、
植毛などの外科的治療法をはじめ、
薬剤塗布などの外用療法、
薬剤服用などの内服療法といった療法が行われています。

AGAは適正な治療法を選んで、
的確に処置を行う事で、
加齢や老化が原因となる老人性脱毛症よりも
比較的高い治療効果が期待できると言われています。

またAGAの治療は、
薬剤を使用するものだけでなく、
ストレスの解消や食事療法、
生活習慣の見直しを並行して行う事で
あらゆる角度から改善に向けて治療が行われます。

その他にも東洋医学によるAGA治療も進められており、
マッサージ、指圧、針灸を利用して、
脳と中枢神経を活性化させたり、
身体の自然治癒能力の向上、あるいは体質改善を行ない、
本来の毛髪を取り戻そうという考えで行われています。

今では東洋医学を主流とした毛髪治療も行われており、
通常のAGA治療と平行して行われることが多いようです。

AGA治療が活発になってきた背景には、
フィナステリドとミノキシジルという薬剤が開発された事によります。

AGA治療で多くの注目を集めているこの2つの薬剤ですが、
フィナステリドを主成分としたプロペシアはM型薄毛の治療、
プロペシアは発毛サイクルを正常に保つために処方されます。

またミノキシジルを主成分としたリアップは、
O型薄毛の治療に効果があるとされており、
血行を活発にして、
頭皮の血行不良を解消するためには非常に有効であると言えます。

 

AGAの治療期間

AGAの治療期間はどのくらいかかるのでしょうか。

薄毛が改善されたからといって、
治療が終了するといった事ではなく、
治療や薬の服用を止めた時には、
薄毛が進行する事がありますので、
決定的な期間は断言出来ません。

治療開始から2、3ヶ月の期間においては、
フィナステリドなどの服用で
過剰な脱毛や抜け毛を抑制する事が出来ます。

さらに半年間の服用を続ける事で、
新しい産毛が出てきて毛髪が成長します。

しかし初期段階では目に見える改善が難しいので、
治療を止めてしまう方が非常に多いようですが、
根気よく治療を続ける事が大切でありますので、
短期間で判断しない方がよいでしょう。

また副作用で一時的に脱毛が進行してしまうケースもあるようですが、
治療を継続する事で改善が見込めますので、
薬の副作用が出たと思われる方は、
医師等に相談してみましょう。

治療開始から1年も経過すれば、
抜け毛が減少して、
産毛が太くなった事に気づく頃です。

薄毛が軽度の方は
この期間で毛髪にボリュームが出てくる期間です。

また薬の効果や生活改善の程度により
個人差も出てきますので、
正しい薬の処方や、
決められた生活習慣を守りましょう。

治療を継続して1年以上を経過していけば、
更に改善が安定期に入ってきますので、
この期間で改善が見られないと思われる方は
専門の医師等に判断を仰ぎましょう。

 

AGAと薄毛

AGAと薄毛についてですが、
AGAは男性型脱毛症と呼ばれており、
成人男性によくみられる薄毛の事で、
思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が
薄くなってくるのが特徴です。

またこの薄毛の特徴として、
その脱毛の進行パターンがあります。

額の生え際から後退していくM型と呼ばれるタイプと、
頭頂部から薄くなるO型と呼ばれるタイプがあります。

そしてこれらの混合タイプで、
生え際と頭頂部がともに薄くなるタイプもあり、
AGAには、様々な脱毛の進行パターンがあります。

薄毛の治療を成功させるポイントは、
何と言っても生活習慣の改善が一番であると言えます。

ただ簡単に薬で治るといったものではなく、
薬だけに頼ってしまうと、
薬を止めたとたんに薄毛が進行する可能性が高くなります。

抜け毛の多い方や薄毛の方は、
特に睡眠と食事には注意した方が良いと言われています。

健康な髪の毛が育つ時間帯は22時~翌2時だと言われており、
夜は遅くとも12時には就寝するように心がけましょう。

また食事はバランスを考えたりする前に、
インスタント食品や肉類、揚げ物などの油の多い食品は避けるなど、
今の食生活を見直してみることから始めてみましょう。

 

AGA診断

AGA診断というものがあり、
自分がAGAかどうか悩んで不安な人は、
AGA診断を行なって、
自分がAGAの可能性がどれくらいあるのかを診断してみましょう。

ここでは一例として、
簡単な項目のみを列記してみます。

当てはまる項目が多いほど、AGAの疑いがある事になります。

1.抜け毛が気になる
2.親族に薄毛の方が多い
3.髪にハリやコシがなくなった
4.短くて細い毛が多くなった
5.不規則な生活状況である

非常に当たり前のようなAGA診断項目ですが、
これが基本的な項目であり、
このような悩みが多いほど抜け毛や薄毛を心配しているともいえますし、
これらが可能な限り改善出来れば、
薄毛や抜け毛を始めとするAGAが改善出来るといえるでしょう。

特に不規則な生活状況を繰り返している方は、
AGAだけでなく、
生活習慣病にもかかりやすいので
日頃から規則正しい生活を送るように心がけましょう。

 

AGAと30代サラリーマン

AGAは30代サラリーマン世代に一番多く、
もっとも薄毛や抜け毛を気にする世代でもあり、
また仕事が理由でのストレスや生活が不規則になりやすい事で
心配の多い年代のようです。

AGAとその他の脱毛症状とははっきりと違いがありますので、
AGAと悩む前にAGAであるかどうかを
カウンセリングしてもらう事をお勧めします。

ここでAGA以外での抜け毛や薄毛の原因を紹介します。

 

・円形脱毛症
AGAと間違えられやすいですが、
専門医の診察とカウンセリングにて判明出来ます。

 

・薬剤性脱毛
薬剤の使用環境による脱毛。
現在使用中の薬剤使用とカウンセリングにて判明出来ます。

 

・代謝障害、栄養障害
過度のダイエット等による栄養不足が原因で起こる脱毛。
また亜鉛欠乏症、鉄欠乏性貧血等による毛根への栄養不足。
血液検査にて判明出来ます。

 

・下垂体機能低下症
頭髪だけでなく、あらゆる体毛が脱落する病気。
これは血液検査やMRI検査にて判明出来ます。

 

・感染症
梅毒や白癬菌症等、ばい菌などによる皮膚の炎症でハゲてしまう事がある。
医師の診察、診断にて判明出来ます。

 

・甲状腺機能低下症
部分的ではなく、頭髪全体が薄くなります。
血液検査やカウンセリングにて判明出来ます。

 

AGAを疑う場合は、
専門の医師やカウンセラーに相談してみましょう。

 

 

Sponsored Link





-健康
-,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.