お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、健康等の色んな情報を発信します。

生活

エアコン掃除の仕方を解説します!業者に頼らずセルフエアコン掃除

更新日:

自分で出来るエアコン掃除!まずは掃除機能を使う

エアコン掃除はされていますか?

エアコン掃除の業者は、大手をはじめ沢山の業者があります。

「エアコンの掃除は自分で出来ないの?」ってお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
「エアコン掃除なんてお金をかけてまで・・・」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

はっきり言ってエアコン掃除業者と自分とでは仕上がりに雲泥の差があります。

しかし業者に頼んでしまえば楽ですが、資金的にも負担が多く個人的には業者を自宅に上げることにも抵抗があります。

自分で出来るエアコンの掃除方法を覚えておけば、毎回業者に依頼せずに済みます。
限界はあるのでしょうが、ある程度自分で掃除をやっておけば安心してエアコンを使用できますよね?
業者に依頼する前に、一度自分でエアコンを掃除してみましょう!

今時のエアコンは、エアコン掃除が楽になりました。
エアコン掃除機能が付いているものがあるんです。
自動でエアコンを掃除出来るなんてスグレモノですね。

エアコン掃除だけでなく、掃除をする事って結構面倒な事だと感じるのではないでしょうか?
エアコン掃除機能は、まさに面倒なエアコン掃除を変わりにやってくれるスグレモノです。

かといってエアコンの掃除機能は、業者がする掃除のようにピカピカにはなりません。
エアコンの機能よりも、あなたが掃除をした方がキレイになります。

しかし、エアコン掃除って「そもそもどんな事をしたらいいの?」って事です。

エアコン掃除機能のボタンを押せば、業者がやってくれるのと同等のエアコン掃除が可能・・・
なんて事は全くありません(笑
エアコン掃除機能なんてあくまで一時しのぎなのです。

しかし、エアコン掃除機能の性能はあなたが自分でやる位の効果はあるのかもしれません。

エアコン掃除って結構、奥が深いです。

 

エアコン掃除について

エアコン掃除の時期

エアコン掃除って、みなさんいつごろお考えになるのでしょうか?

多くの方は、年末の大掃除の時期に、「ついでにエアコンの掃除も一緒に・・・」とお考えになる事でしょう。

エアコン掃除の需要が高まるのは、やはり冬場なんですね。
理由としましては、冬場はエアコンの使用率が下がっているからなんです。

エアコンが眠っている冬場に、エアコンの掃除をしてしまおうと言う考えが多いようですね。

冬場と年末時期・・・
まさにエアコン掃除の需要が高くなると予想出来ますね。

しかし、エアコン掃除って時期なんて関係ありません。

あなたは、目の前にゴミやホコリが落ちていたらどうしますか?
もちろん拾って掃除されるでしょう?

エアコン掃除を行う時期・・・
それはエアコンが汚れた時なんです。

なかなか目がいかないエアコン。
まして、エアコン内部なんて見た事もないし・・・

エアコンを掃除をする事は、快適な生活空間を確保する事に繋がります。
あなたも、今からすぐにエアコンを見てみましょう。
エアコン掃除が必要ではありませんか?

エアコン掃除とエアコンシーズン

エアコン掃除とエアコンシーズンについてお話ししたいと思います。

あなたのエアコンシーズンって何時ごろでしょうか?
答えは、人それぞれではないでしょうか?

エアコンは、冷房と暖房があります。
使用する人と環境によって、エアコンシーズンは変わってきます。

例えば、会社事務所などであれば、殆ど年中はエアコンがフル活動します。

ご自宅であれば、主に夏場でしょうか。

ここのところ、猛暑が続いており、エアコンがないと生死にかかわる状況の方もいらっしゃいます。
また、寒冷地の方には、冬場の使用は欠かせないでしょう。

このように、使用する環境や人によって、エアコンの需要が違います。
エアコンの掃除も使用する環境や、エアコンの使用頻度によって変わってくるものなのです。

エアコン掃除を行う時期・・・

それはエアコンが汚れた時なんです!

それはあなたの生活環境の中で、もっとも使用頻度が多い時にこそ、エアコン掃除をするべきかもしれません。

 

エアコン掃除は自分で出来る?

エアコン掃除の必要性

エアコン掃除の必要性についてお話しします。

そもそも、「エアコンの掃除って必要?」って事ですが、答えは・・・エアコン掃除は必要です!
あなたは、エアコンのスイッチを押した瞬間に、何やらただならぬ臭いを感じた事はありませんか?

この臭いの原因・・・
それは、ホコリとカビです。

エアコンの掃除をしていないのであれば、あなたは知らない間にホコリやカビを大量に吸い込んでいるのかもしれません。
快適な生活の為に設置したエアコンが、実はカビやホコリを大量に撒き散らす環境悪化マシーンと化しているかもしれないのです。

例えば、エアコンのスイッチを入れたら、急に咳が出だした、または鼻水やくしゃみが止まらない・・・
その様な方には、エアコン掃除をお勧めします。

またホコリやカビが付着する事で、エアコン機能の低下や故障にも繋がってきます。
エアコン掃除をしないとホコリが付着し、ダニやカビが発生します。
またホコリに花粉やタバコのヤニがさらに付着していき、エアコンの吹き出し口が詰まってしまうのです。

エアコンの掃除をせずに吹き出し口が詰まってしまうと、室内に送るはずの空気が行かないようになり室内が快適な温度に達しないのです。
そうすると、エアコンは快適温度まで頑張ろうとします。

エアコン掃除をしないとエアコン本体の可動が必要以上となり、無駄な電力の消費や、エアコンの故障に繋がるのです。
エアコンの掃除は、電気代の節約とエアコン本体の寿命にも関係するのです。

一度はご自宅のエアコンをちゃんと見てみましょう。

エアコン掃除は自分で出来る?

エアコン掃除って自分で出来るの?
ってお考えの方もいらっしゃるかと思います。

答えは・・・
エアコン掃除は自分で「ある程度」出来ます。
完璧とはいかないでしょうが、エアコン掃除を全くしないのとしたのとでは全く違います。

エアコン掃除業者は、特別な知識と特別な機材を使用して、普段私たちが手入れすることの出来ない部分を掃除します。

例えるならば、あなたは毎日歯磨きしているでしょう。
毎日歯磨きをした時と、歯磨きをしていないのとではお口の中が違いますよね。

でも、歯医者に行くとどうでしょう?
毎日、歯磨きをしていてもプロから見るとまだ汚れています。

毎日の歯磨きでは取れていない歯垢や歯石を簡単に除去してくれます。

エアコンの掃除も一緒です。

自分で毎回、エアコン掃除をしたのとしていないのとでは違いがはっきりします。
普段は行き届かない所まで、エアコン掃除業者はきれいにしてくれます。

それでもエアコン掃除を業者に頼む前に、自分で出来るエアコンの掃除を常に行う事を心がけましょう。

自分で出来るエアコン掃除

自分で出来るエアコン掃除とはどのようなものがあるのでしょうか?

具体的な代表例を挙げておきます。
エアコン掃除の前には、危険防止の為にコンセントは抜いておきましょう。

○エアコンのフィルターを掃除する。
エアコンシーズン中でも、小まめにエアコンのフィルターを掃除しましょう。
エアコン掃除の基本です。

エアコンのフィルターだけなら、案外簡単に取り外しが出来ます。
エアコンのフィルターのホコリを掃除機で吸い取ったり、晴れた日であればエアコンのフィルターを水洗いして天日に干すのも効果的です。

エアコンのフィルターには、沢山のハウスダウト、カビ、ダニ、花粉が付着しています。
エアコンのフィルターを常にきれいにする事で、噴出される空気がきれいになります。

また、エアコンのフィルターの目詰まりを解消する事で、エアコンの電気代の節約やエアコンの故障を防ぎます。
念のため、水洗いの際には前もって取扱説明書を読みましょう。

○エアコンの吹きだし口を掃除
エアコンの掃除前には、必ずエアコンのコンセントを抜いて、エアコンの下に新聞紙でも敷いた方が良いです。
普段は閉じているエアコンの吹きだし口ですが、意外とホコリが溜まっています。

また、エアコンの吹き出し口をよく見てみて下さい。
黒いポツポツがありませんか?もしあれば、それがカビです。
エアコンの吹き出し口にカビが発生すると、当然、エアコンから吹き出す空気もカビ臭くなります。

大きなホコリは掃除機で吸い取るか手作業で掃除をして、カビが発生している場合には薄めた洗剤等を雑巾等にしみこませ軽く拭きましょう。

○エアコンの冷却フィンの掃除
エアコンの冷却フィンと呼ばれる、銀色の板が並んでいる部分です。
本来は、このエアコンの冷却フィンは触らないことをお勧めします。
エアコンの取り扱い説明書をよく読んでください。
恐らく、傷をつけないように書かれていると思われます。

エアコンの冷却フィンを傷つけてしまうと、エアコンの故障の原因となりますので十分に注意しましょう。
出来れば、エアコンの冷却フィンは、エアコン掃除業者にお任せする部分です。

一応、ご自分で出来る掃除を紹介しますが、あくまで自己責任でお願いします。

エアコンの冷却フィンの掃除時は、歯ブラシがあると便利かもしれません。
簡単にエアコンの冷却フィンのホコリを取ったら、エアコン洗浄スプレーを使いましょう。

エアコン洗浄スプレーは市販のもので構いません。
スーパーや量販店でも売られています。

エアコン洗浄スプレーを説明のとおりに5~6回よく振ってから、エアコンの冷却フィンから5~6センチくらい離して、冷却フィンの向きに沿ってスプレーします。

エアコンが故障しますので、横の電気部分には絶対にかけないように注意しましょう。
汚れた洗浄液は排水管からから出てきます。

 

エアコン掃除業者について

エアコン掃除業者はプロ

エアコン掃除は、エアコン掃除業者に依頼するのがもっとも効率がよく効果的であると感じています。
自己責任でエアコンを掃除して、故障させてしまっては意味がありません。
また、自分でやるエアコン掃除には限界があり、どうしても目に見えない部分のホコリやカビは取り除く事が出来ないからです。

日常的にエアコン掃除する事は非常に有効的ではありますが、定期的に掃除業者を利用する事が良いでしょう。

エアコン掃除業者はプロです。
特別な機材を使ったり、特別な洗浄液を使用したり、通常では掃除出来ない部分の汚れを除去してくれます。

基本的には室内で行い、汚れないようにシートが敷かれてます。

エアコン本体には、汚れがついた洗浄液を受け止めるようにカバーをします。
そして、高圧洗浄機や低圧洗浄機を駆使してエアコン内部の隅々まで掃除します。

洗浄機から出された洗浄液は、エアコン内部を洗浄してカバーで受け止められ、下においたバケツに流れ出てきます。

エアコン掃除業者に依頼した方はご存知でしょうが、真っ黒い汚れた洗浄液がたくさん出てきます。
恐ろしくなるほど「真っ黒」です。
こんな汚い空気を吸っていたのかと思うと本当にゾッとします。

この汚れを見た事がない方は、インターネットのエアコン掃除業者のホームページ等でも見れますので、一度見られておく事をお勧めします。

あなたも「真っ黒」な汚れの空気を吸っているのかもしれません。

エアコン掃除を業者へ依頼

エアコン掃除業者へ依頼する際は、インターネット等でも検索出来ますが料金は様々です。
また、エアコンのオーバーホールを行っているエアコン掃除業者もあるようです。

エアコンのオーバーホールとは、エアコンの部品を可能な限りに細かく分解して掃除してくれます。

しかし、個人的には「そこまでしなくても・・・」とは思っています。
エアコンの部品まできれいになればもちろん一番いいのでしょうが、オーバーホールするならば通常のエアコンの掃除回数を増やした方が良いように感じます。

あくまで個人的意見ですので、あなたもあなたにあったエアコン掃除を行いましょう。

またエアコン掃除業者には、大手から悪徳な業者まで存在します。

業者に依頼する時には、
・名前の通った大手に依頼する
・利用された方の話を聞いたりする
・インターネット等で情報を収集する
などの対策が必要でしょう。

エアコン掃除業者は、独自の洗剤等を使用してエアコン掃除を行うところが殆どです。
エアコン掃除業者によって仕上がりも違ってきますので、情報はたくさん収集しましょう。

また、エアコン掃除に「スチーム」を使用する業者もいると聞いた事があります。
スチーム掃除と言えばきれいになるイメージがあるでしょうが、エアコン掃除に関してはスチーム掃除は厳禁です。
エアコンの説明書にも書かれているはずですが、エアコン掃除にはスチームは適しておらず、故障の原因ともなりかねません。

業者にエアコン掃除を依頼する際には、様々な情報を仕入れて快適な生活が送れるようにしましょう。

-生活
-, ,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.