お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、ファッション等の色んな情報を発信します。

生活

ファーストエイドキットは登山におすすめ 中身は絆創膏?講習とは

投稿日:2022年3月31日 更新日:

ファーストエイドって何?

ファーストエイドキットというのをご存じですか?

ファーストエイドキットはどんな場合でも持っておくと万全な応急処置の一式になるとは思いますが、果たしてファーストエイドキットを持ち歩く習慣のある人はどれほどいるでしょう。

おそらく絆創膏や胃腸薬くらいは常にもち歩いている人が結構いるかもしれません。

日常的な外出ならそれくらいでも充分な準備だと言えるかもしれませんが、これがもしもアウトドアや登山、ツーリングの際のファーストエイドキットとしたら、少し準備不足ではないでしょうか。

いつファーストエイドキットが必要になるかわからないし、どんな状況になるかももちろんわかりません。
ファーストエイドキットの中身を充実させておくに越したことはないと思いませんか。

ところでファーストエイドキットって主にどんなものが入っていると思いますか。

イソジンやガーゼのような基本的なものの他にも、ポイズンリムーバーや抗ヒスタミン軟膏など、何に使うのかすぐにわからないような物まで含まれています。

ファーストエイドキットは他の荷物を減らしても、持っておく必要のある携帯救急箱だと思います。

ファーストエイドについてなのですが、もしもの時に備えてファーストエイドの知識を持っておいた方がいいかもしれません。
もちろんファーストエイドに必要なアイテムも揃えておくべきだと思います。

例えば普段アウトドアに出かける際には、どんなファーストエイド用品を持ち歩くでしょうか。

私の場合は山登りの時にイソジンや絆創膏、ガーゼといったものは当たり前に、ファーストエイドとして持ち歩くようにしています。
また胃腸が少し弱いのもあり、正露丸も常にもつようにしています。

これだけ手軽に持ち歩けるものでも、いざという時にはファーストエイドは非常に役立つものなのです。

山に限らずアウトドアの際や旅行の時などに役立つ、こうしたファーストエイドのアイテムは、決して値段が高いものでもないので、極端に言うと百円均一でも揃ってしまうのではないでしょうか。

ファーストエイドは使わないというのが一番いいのですが、用心するのに越したことはないはずです。

外出の機会が多い方は,是非ともファーストエイドの知識を持っておきましょう。

 

ファーストエイドキットの中身と常備薬

本題の「ファーストエイドキットの中身」についてです。
どんなアイテムが入っているでしょう。

ファーストエイドキットはいわば携帯できる救急箱といったところで、状況に合わせた応急処置が行えるように、様々なファーストエイドグッズが入っています。

準備がいい人程にファーストエイドキットの中身は、あらゆる場面に対応できるようなものが入っていると思います。

あまり知らない人はどんなアイテムをファーストエイドキットの中身としてを選ぶでしょうか。

私がざっと思いつくのは、繰り返しになりますが絆創膏やガーゼや正露丸といったところです。

でも、思いつくものだけではファーストエイドキットの中身は充実していないと思います。

できればどんなアイテムがあれば、
いろんな状況に対応できる中身になるか
知っておいた方がいいですよね。

私が調べてみて得た情報でも、サロンパスやマキロンといったファーストエイドグッズも活躍するようでした。

ファーストエイドの知識とファーストエイドキットの中身は、アウトドアには欠かせないものではないでしょうか。

 

次に、ファーストエイドと常備薬は準備しておくといざという時に絶対に役に立ちます。

ファーストエイドといえば応急処置の事ですが、必要なものと言えばどんなものが思い浮かびますか?
おそらくバンドエードや傷口の殺菌用に、イソジン等が代表的ですね。

しかしファーストエイドキットの中には常備薬というのもあるととても便利なはずです。
場合によっては常備薬の方が役に立つという事があるでしょう。

ファーストエイドといっても怪我だけではなくて、腹痛や熱や風も想定しておくべき点なのかもしれません。

鎮痛剤、整腸剤、風邪薬などはドラックストアでも買えると思いますが、慢性の症状がある方には、医師から処方を受けた薬を常備しておくことも必要です。

緊急事態というのは外傷のみではないので、利用頻度の高い常備薬を持っておく必要がありそうですね。

薬の場合は使用期限などもあるのでその点には気を付けないといけません。

 

ファーストエイド講習

ファーストエイド講習というものがあるのをご存知ですか?

ファーストエイドは緊急時に行うことで、状況の悪化や最悪の事態を避ける事ができるはずです。
なのでアウトドアやツーリング等の機会が多い方には、ファーストエイドキットが必要不可欠と言えるでしょう。

地震やその他の災害時にもファーストエイドの知識や準備があれば、憂いなく事態の悪化というのを防げると思います。

ではファーストエイドの正しい知識というのはどこで得られるものでしょう。

ファーストエイドキットを持っているだけで、使い方をわかっていなければ意味がありませんし、万一自分以外の人間にファーストエイドを行う場合に適切な処置を行わないと、人命救助が出来ません。

その為にファーストエイド講習というものがあります。

ファーストエイド講習を受けて、正しい知識を持っているというのも、いざという時の備えになると思います。

ファーストエイド講習でファーストエイドのスキルを身につける事で、本当の意味で緊急事態を乗り切れることになりますね。

 

ファーストエイド資格

ファーストエイド資格を取得できるというのを知っていましたか。

ファーストエイドと聞いて、必要なアイテムや行動をすぐに思い浮かべれる人は、応急処置が必要な場面に馴染みがある人だと思います。

ファーストエイド講習を受けた事があったり、実際にファーストエイドを行った人はどれくらいいるのでしょうか。

普段の生活では全くといっていいほど、備えのない人が多いのかもしれません。

鞄の中にファーストエイドキットを入れておくだけで、災害時などの緊急事態にとても役に立つものですが、そこまで危機管理というものが浸透していないのでしょうか。
ファーストエイドの講習に参加した事のある人でも、ファーストエイドについてまだまだ勉強が必要な部分があると感じるのではないでしょうか。

ファーストエイド資格というものが存在するほどですから、ファーストエイドには実に幅広い知識が必要なのだと思います。

まだあまり知識がない人も、ファーストエイドが必要だと感じるのであれば、ファーストエイド資格について調べてみるといいと思います。

 

ファーストエイド看護

ファーストエイド看護って知っていますか。

いろいろとわからない言葉もあったりしますが、ファーストエイドについて調べているうちに、危機管理の意識というのが少ないという事に気づかされました。

ファーストエイドは本当に大事な知識である事は確かで、ファーストエイド看護やファーストエイド講習、ファーストエイド資格もあるほどです。

そしてファーストエイドと看護というのも大事なものになってくると思います。

看護職と聞くとファーストエイドとは密接な関係にあると想像するのではないでしょうか。

医療の現場で活躍する看護師さんには、ファーストエイドの知識というのは当たり前に必要になってくると思います。

もちろん看護というのを仕事にしている人以外の人も、ファーストエイドの正しい知識があれば、もしも大きな災害や事故があった時には、被害を最小限に収める事が出来そうですね。

 

ファーストエイドと登山やツーリング

ファーストエイドは登山におすすめ

ファーストエイドと登山ってうまく準備する事で、スムーズに行えるもの同士ではないでしょうか。
登山を安心安全に行うには、ファーストエイドの正しい知識と準備が必要だと思います。

登山をした方ならよくわかると思いますが、できるだけ無駄な荷物というのは持ち歩きたくないと思うはずです。
必要になりそうなものの中から、さらに重要な持ち物だけを選ばないと大変な山登りになりますよね。

その中で最も自分の身を守るものは、ファーストエイドキットだと思います。

ファーストエイドはあらゆる場面を想定したアイテムを揃えておけば、緊急事態が起きた時には迅速な対応ができるのではないでしょうか。

特にトラブルの多い登山には、イソジンやガーゼやマキロンといったような怪我を想定したものだけでなく、ファーストエイドには常備薬というのも必要になってくると思います。

山登りの知恵の一つとして、ファーストエイドの知識を持っておく事が、本当の登山の達人と言えると思います。

 

ファーストエイドとツーリング

ファーストエイドとツーリングというと、何だかすごく関係が深い感じがしませんか?

ファーストエイドは危険がつきものなアウトドアには必要不可欠であり、ファーストエイドは準備をしておかないと最悪の事態を招くことになる事もあります。

私はファーストエイドと聞くと真っ先にツーリングを思い浮かべる程で、必要なファーストエイドアイテムとしては、怪我を想定したファーストエイドキットを用意するのが妥当でしょうか。

バイクで転んだ場合は擦り傷というケースが多いと思いますので、マキロンや絆創膏というのもいいのですが、ファーストエイドキットとしては、広範囲の擦り傷に使えるものを用意しておくのもいいかもしれません。

大きな事故になるならば、病院での手当てが必要になるはずです。

ただ救急車が到着するまでに止血などのファーストエイドが、事態の悪化を少しでも防げるはずです。

もちろん使わない事が一番いいのですが、楽しいツーリングにするためにもファーストエイドキットを持ち歩くことが大切になります。

Sponsored Link





-生活
-,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.