お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、ファッション等の色んな情報を発信します。

生活

集中力を高める方法 簡単なトレーニングと食べ物や持続できる勉強法

投稿日:2022年4月19日 更新日:

集中力を高める方法

集中力を高めると、
勉強や仕事がはかどるでしょう。

それは分かっていながらも、
「集中!集中!」って思っていながらも、

なかなか集中して物事を進めることは
難しいのではないでしょうか。

あなたは集中力をアップさせて、
かつ集中力を持続させるために、
何かしらの工夫などは
行なっていますか。

普段の生活の中においても、
集中力を高めることは
非常に重要な事でもあり、
自分でコントロールする事が出来る方は、
勉強や仕事において成果に
大きな差が出てくる事は間違い事でしょう。

この集中力をコントロールして、
オンとオフの切り替えを自由に出来れば、
恐らく私生活でも有意義な時間を
過ごす事が出来るのではないでしょうか。

集中力がアップ出来たら・・・
集中力が持続出来たら・・・
集中力が欲しい・・・

そんな願いは誰だって
思った事があるはずです。

 

集中力を高める勉強法

集中力を高める勉強法があれば、
受験生や学生さん、
あるいは社会人になって
資格を取りたいと願う方、
皆さんが聞きたいお話なのではないでしょうか。

まずはちょっと考えてみてください。

「あなたは今から何かに集中してください。」
って突然言われて集中出来ますか?

あるいは、
「今から1分間だけ、
目の前のモニターに集中してください。」
って言われるとどうでしょうか?

後述した方が、
何となく集中出来そうな気がしませんか?

これにも個人差があったり、
全く集中が出来ない人、
5分間は集中が出来る人、
数時間は集中出来る人、
人それぞれにあるものです。

集中力が無いと感じておられる方も
いらっしゃるでしょうが、
例えば映画を見たとき、
本や漫画などを読むとき、車を運転しているとき、
色々な場面で集中はしている事があるものです。

私たちは自分の好きな事や、
今やりたい事に対しては、
自然と集中力をアップさせて持続させているものです。

しかしこれが集中力が欲しいときには
なかなか引き出せなくなってしまうものです。

 

集中力を高めるための環境作り

集中力を高める環境を作り上げると、
通常よりも集中力を
引き出せるようになってきます。

集中出来る環境とは
人それぞれに違うものなのですが、
まずは自分の欲求するものを
遠ざけると良いと考えています。

今から勉強をしなければいけない時に、
目の前に漫画が置いてあったり、
TVがついていたり誘惑が目の前にあると、
人間はなかなか集中出来ないものです。

よく集中力をアップさせるには、
自分の将来の姿を想像してから
取り組めとよく聞きます。

勉強であれば試験に合格して、
希望校に入学する、
あるいは希望先に就職出来るなど、
成功した時の姿を想像する事が
良いと聞いた記憶があります。

確かにそれも大切なのでしょうが、
実際に想像は出来ても
目の前に現金を積まれたり、
合格通知を見せられたりしない限りは、
悪い方の欲求の方が
勝ってしまう方が殆どなのです。

では悪い方の欲求を遮断するにはどうするか?
と言うことになりますので、
目の前から
消してしまえばいいだけなのです。

まずは集中力を高めるための勉強法の前に、
しっかりと誘惑を遮断しておく事が大切なのです。

 

集中力アップと持続

集中力アップと持続は、
永遠のテーマになるくらい
簡単には習得する事が出来ないものでは
ないでしょうか。

いつも集中力を途切らせないようにする事が
好ましいのかもしれませんが、
人間はそんなにりっぱには出来ていません。

もっとも好きな事に対しては
集中する事が出来ますし、
集中していてあっという間に
時間が経っていた
なんて経験もあると思います。

しかしこれが勉強や試験など、
苦手ではなくても、
やらされる感が強いものになってしまうと
そういうわけにも行かず、
集中力は途切れてしまいます。

集中力アップと持続させる事は、
まず環境の他にも条件を色々と
考えておく必要性もあります。

例えば十分な睡眠を取っているか、
空腹時や満腹時ではないかなど、
睡眠や食事には非常に
関係してくるものでもあります。

まずは睡眠を適度に取り、
お腹を空腹でも満腹でもない状態の時、
それが集中力を高めるには
かかせない条件のようです。

しかしそれをいつも出来る訳ではありませんが、
集中力をアップさせる時間を
計算して生活リズムを調整したり、
あるいはその状態を作り上げる事が
集中力を高める近道なのかもしれませんね。

 

集中力アップをサポート

集中力アップをサポートしてるくれるものは、
食材をはじめ行動や言動、
そして環境等など
様々なものがあります。

普段から集中力アップが出来ている方は、
自然とそういった事が出来るのでしょうし、
無意識のうちに何かの行動を
とっているのかもしれません。

集中力を高めるために、
よくスポーツ選手は
プリショットルーティンといった
行動を行ないます。

このプリショットルーティンとは、
プロゴルファーや野球選手が素振りをしたり、
決まった動作を行なっている事をいいますが、
単に素振りをしてみたり、
験担ぎで動作している訳でもありません。

これは一種のマインドコントロール的な
要素でもありますが、
決まった行動をすることで、
頭の中で成功した際のイメージを描き、
これによって集中力を高めているのです。

妄想はマイナスのイメージがありますが、
仕事でも勉強でも
集中力を高めようとする前に、
頭の中で成功のイメージを作り上げ、
決まった行動や動作と一致させる事で
自然と集中力アップを図る事が出来るそうです。

ぜひ挑戦してみてください。

 

集中食を高めるレシピ

集中力を高めるレシピなどが
書籍やインターネットサイトなどでも
公開されていたりしますが、
そのレシピの食事をしたからと言って
必ずしも集中力がアップする訳ではありません。

あくまで集中力アップを
手助けするサポート的食材ですので、
満腹になるまで食べてしまっては
かえって逆効果になりますので注意しましょう。

では集中力を高めるレシピ、
というよりは
食材といった方が適切でしょうが、
脳を活性化させるために効果的だと
いわれているものは、
レシチンが代表的な栄養素だと思います。

レシチンを多く含んでいる食材とは、
ご存知の方も多いと思いますが
大豆になります。

大豆で作られた健康食品や
ダイエット食品、サプリメントなど、
大豆が原料となっているもので
手軽に口に出来るものも沢山売られていますので、
そういったものを活用してみるのも
良いかもしれませんね。

大豆は豆腐などで手軽に
摂取する事が出来ますし、
いつでもどこでも安価に手に入る
部類の食材でもありますので、
毎日の食事の中にでも
ちょっとずつでも入れてみると
集中力がアップするのかもしれませんね。

ただ満腹にしてしまうと
集中力はダウンしますので、
くれぐれも食べすぎだけは
注意しておきましょう。

 

集中力を高める香り

集中力アップの香りがあるのは
ご存知かもしれませんが、
香りは人の心や身体をリラックスさせたり、
緊張状態にさせたりと、
あらゆる変化をもたらせてくれます。

その香りを集中力アップに使用出来れば、
意外に簡単に集中力をアップさせて、
持続させる事も可能かもしれません。

人間は鼻から匂いを吸収して
香りを感じ取ります。

香りはアロマ効果が流行した事もあり
フレグランス部門でも人気が衰えませんし、
これからも根強く残っていく
商品ではないでしょうか。

香りは鼻から入ってくるとお話ししましたが、
刺激を与えている部分は脳になります。

人間には五感がありますが、
皆さんもご存知の
「味覚、聴覚、視覚、触覚、嗅覚」ですね。

香りはその嗅覚に
関係しているものなのですが、
私たち人間の持っている五感は、
それぞれに集中力を高める
要素があるそうです。

例えばアロマの香りもそうですし、
集中力を高めるツボであったりしますし、
色々な面で集中力をアップさせる事は
可能だと言うことになります。

皆さんも自分に最も適した方法を見つけ出して、
集中力アップと持続出来る力を養ってください。

 

集中力を高める音楽

集中力アップさせる音楽についてですが、
私たち人間の持つ
五感に関係しているそうです。

私たち人間の持っている五感は、
それぞれに集中力を高める要素があり、
香りは嗅覚になりますが、
音楽と言えば聴覚になります。

かと言って、今から大事な事をする時や、
勉強に集中しなければならない時に、
自分の好きな歌を聞いてしますと
思わず口ずさんでしまったり、
聞き入ってしまったりと逆効果になります。

また反対に極度の緊張状態を解す為や、
テンションをアップさせるには、
そういった自分の好きな
アップテンポの音楽を聴くと
気分もリラックスして高揚してくるそうです。

しかし集中力アップを図り、
持続させるには音楽を利用すると
ちょっと難しいのかもしれません。

五感の刺激は聴覚でも行なえますが、
集中力を高める前の準備段階で
音楽は用いた方がよいと思います。

リラックス状態で音楽を聴いて
集中力アップを図り、
集中している時には、
音楽は必要ないのかもしれません。

そもそも集中して
映画などを見ている場合には
音も一緒に入って来ますが、
集中して勉強をする時には、
音はなかなか入ってきませんし、
集中している状態では
音も遮断してしまう事もあります。

外部の音を遮断するには
耳栓を利用したり、
勉強の前に集中力アップの音楽CDも
売られていますので
活用してみてはいかがでしょうか。

 

集中力の持続方法

集中力の持続方法を
自分なりに持っている方や、
自然と行う事が出来る方は、
人生の中でもかなり有利になっていると思います。

人間は瞬間的に集中力を
高める事は可能ですが、
それを持続させる事は非常に
困難でもありますし、
長時間になると絶対に負担がかかってきます。

例えばスポーツ選手などは、
瞬間的あるいは一瞬の集中力を
高めることでプレーしており、
それ以外には意外と
軽い気分であったりします。

またF1レーサーなどの
命に関わってくる場合の集中力は
半端なものではなく、
慣れてくれば瞬間的集中力を
断続して行なえるようになりますが、
長時間の集中は精神的にも
肉体的にも疲労がもの凄いものなのです。

普段の生活の中で私たちが
集中できる時間は限られています。

勉強であったり仕事であったりしますが、
集中力を持続させるには、
途中で休憩を挟んでみたりと
継続させる事ではなく、
断続的に集中力アップを
図るように考えた方が
早いのかもしれませんね。

よく人間は集中力が続かないよって
聞いたりしますが、
本当にその通りだと思いますし、
一見して集中力が継続している人もいますが、
恐らく断続的に集中する事が身についており、
途中で気を抜いているのだと思います。

 

集中力を持続させようとしても、
なかなか簡単に出来る事ではありませんし、
その悩みは尽きる事はないのかもしれません。

集中力をアップさせて持続させるには、
集中力を断続的に引き出して、
途中で休憩を挟まなければ
ならないと感じます。

ここで言う休憩とは、コーヒーを飲んだり、
煙草を一服などという身体的な休憩ではなく、
例えばこの問題集のこのページまで集中してやろう!
ってこれだけです。

そのページが完了したら、
心を休憩させればいいので
ちょっとホッとしてみたり、
少し目を閉じてみたり。

ホッとするのも敢えて
行動として出してみる事が大切で、
深呼吸をするなど行動に表してみましょう。

気持ち的なものですが、
やるのとやらないのとでは
随分と変わってくると思います。

それが正しいとまでは言えませんが、
大切な事は自分なりの
息抜きの方法を見つけておく事が
重要なのではないかと思っています。

間違いなく殆どの人間は
長時間の集中力はありませんので、
集中力を高める方法を身につけたりする事に
時間をかけるよりも、
息抜きの方法を見つけて、
短時間で集中する方法を
覚えた方が早いのではないでしょうか。

Sponsored Link





-生活
-,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.