お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、ファッション等の色んな情報を発信します。

生活

地震時に起こる停電の原因と対策!復旧作業や地域とエリア情報

投稿日:2022年3月21日 更新日:

地震と停電

地震と停電は考えてもお分かりのように密接に繋がっており、切り離して考えることの出来ない関係にあります。
大地震が発生すると停電する事が多く、何も対策をしていなければ私たちの生活に様々な影響を及ぼしてしまいます。

近年ではオール電化のご家庭や賃貸マンションも増えてきていますので、停電するとライフラインが止まってしまい、深刻な被害にもなります。

ひょっとするとあなたも既に地震による停電や、災害による停電を経験された方もいらっしゃると思います。

しかしその後は何も対策を講じていない事が多く、短い停電時間ならまだしも長期間の停電になってしまうと、その場で慌ててもどうしようもなくなってしまう事もあり得るのです。

日本に大きな被害をもたらした東日本大震災ですが、その傷跡は思っていた以上に大きなものであったと思います。
この経験を活かさなければ、また同じ被害をもたらしかねませんし、被害者の教訓が無駄になってしまいます。

決して他人事だと楽観視せず、地震や災害への防災としての情報や知識を取り入れて今後の生活に役立てていきましょう。

では、地震による停電の理由はどういった事なのでしょう。

これだといって断言が出来る訳でもないのですが、停電になるには理由があり毎回の停電が同じパターンであるとは限りません。

まず1つ目として、最も多いとされる発電施設や電力供給施設の不具合です。

地震や災害で発電所や電力供給施設自体が被災してしまって、電力の供給が停止するケースや、家庭に電気を送る電力配線が遮断されるケースなどがあります。

2つ目が家庭内配線や家庭内設備に不具合が生じて、電力が供給されていても、家庭内に引き込みが出来ていないケースが挙げられます。

これらが主な停電のケースですが、地震などによる揺れを検知する事で、安全の為に電力の供給が停止する場合もありますので、非常に大規模な地震や災害時にはこういった安全措置も取られる事があります。

また稀なケースでしょうが、今回の東日本大震災後の電力発電が供給量に追いつかず、一方的に供給を停止せざるを得ない状態に陥った場合です。

本当に稀なケースもありますが、どういった状況であれ停電してしまうと私たちの生活に大きな影響を与えますので、いつ何が起こっても大丈夫なくらいの災害対策を行っておく事が大切です。

 

地震による停電対策

停電対策は地震の前に

停電対策を地震や災害に備えておられる方は実際にはどのくらいいらっしゃるのでしょうか。

殆どの方は意識しておらず、東日本大震災でその対策の不十分さが露呈されたのだと思います。

個人に限らず、企業としても対策が不十分であったり、いつも地震や災害に備えての防災訓練をしていても、防災時の避難は訓練しても、常備する非常食や安全措置など、不十分だったと認識させられたのではないでしょうか。

今現在の日本に住んでいると、長時間や長期間の停電などは想定出来ず、起こりえない現象であると錯覚してしまいますが、大地震や大災害に遭遇すると、あり得ない状況だらけになりますので、やはりそういった万が一に備えておく事が大切です。

停電時に心配になる事は沢山ありますが、最も大変な事は夜間の灯りだと思います。

昼間は大丈夫でしょうが、夜になって灯りがないと当然真っ暗になりますし、真っ暗な状態で過ごす事は精神的にも不安になったり、恐怖感が増してしまいます。

また目の前に危険が迫っていても、その危険に気づく事に遅れて、危険な状態にさらされてしまう事もあるでしょう。

電気がある事が当たり前の世の中です。

ちょっとした停電でも経験すると分かる事は沢山あります。

「TVがないので情報が入らない」
「冷蔵庫が使えないので食料が心配」
「暑い時、寒い時でもエアコンが使えない」
「携帯に頼りたいが、充電が出来ない」

地震や災害になってしまうと、普段は大切だと感じないものが大切であると感じる時でもあります。

お金だけでは解決出来ない状況に陥ってしまうのです。

 

地震時の停電対策

地震時の停電対策として、実際にどのような事を準備しておけばよいのでしょうか。

長期間の停電になったとして考えてみると、必要なものが浮かんでくると思います。

まずは灯りの確保ではないでしょうか。
懐中電灯を購入しておくだけで準備は出来ますが、懐中電灯は電池が無い動かないものがあります。

東日本大震災でも電池がすぐに売り切れてしまい、懐中電灯がただのおもちゃになった人もいます。
出来れば災害用の非常灯としては、ダイナモライトなどを購入して準備しておきましょう。

ダイナモライトには、ラジオ機能のあるもの、LED電球で省電力で明るいものなど、数多く出ています。
そうそう買い換えるものでもありませんので、少し高価でも非常用にひとつはしっかりとしたものを準備しておきましょう。

また冷蔵庫が使えませんので、非常食も必須です。

生きていくためには、水と食料が必ず必要です。

普段から災害に備えておくためには、日持ちする保存食や非常食を用意しておかなければなりませんが、非常食にも賞味期限がありますので、年に1回は確認しておくようにして、最低でも3日分は準備しておきましょう。

万が一何かあってからでは手に入らないようになりますので、今のうちに準備をしておきましょう。

 

 地震時の安全対策

地震時には安全対策も必要で、停電や災害に色々なものを準備しておいても、安全対策が出来ておらずに、万が一命を落としてしまっては本末転倒です。
自宅で出来る安全対策も色々とありますが、地震に備えての安全対策を考えてみましょう。

まずは部屋や身の回りを見渡してみましょう。

背丈よりも高い位置に何がありますか?
背の高いタンスや家具は、地震時には非常に危険であると言えます。

だからといって買い換えるのではなく、震災用にタンスなどが倒れないないに補助する為の、震災グッズやタンス転倒防止グッズが売られていますので、そういった震災グッズを活用してみましょう。

地震や災害は、あなたが起きている時に起こるものではなく、寝ている時にだって起こりえるものです。
安易に考えていても、実際にタンスが倒れてきたら、恐らく人間の力では起こせない事が多いと思います。

家財道具に身体を挟まれて逃げ遅れたり、身動きが取れずに命を落とした方も沢山いらっしゃいます。
ちょっとの工夫で防げる事がありますので、安全対策をしっかりと考えていきましょう。

また自宅から避難場所へのルートも考えてみましょう。

そもそも、地震や災害時に避難する避難場所はご存知でしょうか。
避難場所を特定して、自宅からそこまでのルートを辿ってみましょう。

普段は歩けばたどりつくでしょうが、震災時を想定してみて、何かしらの障害になり得そうな建物や設備が無いかもチェックしておくと安心ですね。

もしもの時の為に、家族にもきちんと伝えて、無いかあった時の集合場所を確認しあっておきましょう。

 

地震について

地震のメカニズム

地震のメカニズムについてお話しますが、皆さんは地震が何故起こるのかご存知でしょうか。

今では当たり前のように地震が起こっていますが、何故地震が起こるのかを考える方は少ないと思います。

地震のメカニズムや原因が分かっていても、規模が大きすぎて防ぐ事は今のところ出来ませんが、地震を予知する事で災害に備える事が出来ますし、防災にも非常に役立っています。

地震のメカニズムについて簡単に説明しますと、地球の表面はプレートと呼ばれる非常に硬い岩盤で覆われています。
このプレートが動く事で岩盤同士が互いに押し合ったりすることで歪みが生じたりと力が加わっています。
その力が限界を超えると、プレートが崩れたりする事で動くために地震が発生すると言われています。

地震にも種類があり、そのプレートが重なっている断層と呼ばれる地震の発生する可能性が高い部分もあります。

一番はじめにこのプレートで大きな地震が発生する事が多く、最も大きく揺れたものを本震と呼び、それ以前の小さな揺れを前震、本震の後の揺れを余震と呼んで区別しています。

 

震度とマグニチュードの違い

震度とマグにチュードの違いをご存知でしょうか。

よく地震の速報やニュースを見ていると、震度がいくつだとか、マグニチュードがいくつだとか報道されているので、聞いた事はあると思います。

まず震度についてですが、震度とは地震の大きさや程度を表す単位の事で、地震の指標になっていると言えます。
数字が大きければ地震も大きいというのはご存知だと思いますが、震源と呼ばれる地震の発生源に近いほど、震度は大きくなる事が殆どです。

以前は震度は数字のみで表されていましたが、阪神大震災以降は震度と強弱を含めて表すようになりました。

次にマグニチュードについてですが、マグニチュードは地震のエネルギー量の単位になります。

震度との違いがこれだけでは分かりにくいかもしれませんが、震度は揺れの規模に対して、マグニチュードは地震そのものの
エネルギー量を表していると言え、震度は地震によって引き起こされた揺れが、場所によってどう揺れているのかを表すのに対して、マグニチュードは地震そのもののエネルギー量ですので、震源地に対してという事になります。

 

地震や災害に備える

防災意識を高める

防災意識を高めるといっても、なかなか震災等に直面しない限りは難しいところもあるのではないかと思います。

実際には安全だと分かっている状況で行なう防災訓練も本気で取り組んでいる方はあまり見かけませんし、今回の東日本大震災でも、防災訓練の日常化がマンネリ化してしまい、いざという時に防災訓練と同じような甘い気持ちになってしまっていたのではないかと懸念されていました。

もちろんいつも真剣に取り組んでおられる方も沢山いらっしゃいますし、日常から意識を高めて防災グッズや非常食などを備えておられる方もいらっしゃいます。

しかし個人的に行なっても、地域で連携の取れた防災訓練等を行なわなければ、本当に安全な防災環境を整える事は難しいのではないかと感じます。

毎日防災訓練を行う事も出来ませんし、地域や会社組織などで行なう防災訓練に参加出来ない状況の方もいらっしゃいます。

普段から必要な事は、近隣の住民の方や同じ会社の組織、あるいは同じビルで働いている環境の方々とコミュニケーションを図っておき、いざという時に、お互いが助けあったり、連絡をしあったりする事が出来るようにしておく事が大切な事のように感じています。

 

停電の影響

停電の影響はどのくらいのものなのでしょうか。

わずか数分間の停電であれば、影響も少ないのでしょうし、企業等で規模が大きな程、停電に備えた非常用電源の供給等も対策しているはずです。

しかし今回の東日本大震災のように、停電を余儀なくされた場合などでは、それらの対策も役に立たず、電力の回復まで時間がかかってしまうと、なす術もない状態に陥ります。

停電の及ぼす影響や被害を身近な例で例えてみますと、一般家庭では日常の電気器具が使用出来ない事はお分かりでしょうが、高層ビルに勤務している方などは、エレベータに閉じ込められてしまう事もあり得る事でしょう。

道路でも当たり前のようにある信号機が停電が理由で止まってしまう事もありますし、そうなると交通が麻痺するので危険が多くなってしまいます。

企業ではパソコンだけでなく、色々なコンピュータが使えませんし、ライン作業の工場では、ラインが停止してしまい、経営の大打撃を受けてしまう事もあります。

停電が起きてしまうことで、生活上の安全性が保たれず、逆に危険度が増してしまう事、また企業にとっても経営上の打撃を受けてしまう事などが挙げられますので、そのような状態を想定して、対策を講じていきましょう。

 

地震や災害による精神的被害

地震や災害における精神的被害もあり、東日本大震災では、その精神的被害についても露呈される事になりました。

ニュースでその場面を見た方にとっても、精神的被害があったと思いますが、実際に被災された方々やそれを援助するために被災地へ向かった方々が目の当たりにした光景は、非常に心に残るものであったと思います。

停電でも夜間の真っ暗な状態でいると、心細くなってしまったり、恐怖心が心を支配して、何も無くてもマイナス思考になってしまい、色々な事を考えて、自分で精神的に追い込んでしまったりと精神的にも予期せぬ出来事がわたしたちを襲ってくるのです。

なかには震災時にたったひとりで居た方もいらっしゃいますし、コミュニケーションを図る人も居ない状態で、独りで悩んだり考えたり、今後どうしたら良いのかも分からずにいた子供たちも居たと聞いています。

ただでさえ毎日の平和な日常が崩れた事でも精神的被害はあるのですし、それに加えて色々な場面に直面していきますので、これらについては自分の身の回りの環境にも気を配って助け合う事が必要なのです。

何も出来ないと思う方もいらっしゃるでしょうが、声をかけてもらうだけで救われる気持ちもありますので、自分と同じ環境なのだと周りにも意識して、助け合う心を持って災害に備えましょう。

Sponsored Link





-生活
-

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.