フィットネス水着はおしゃれでかわいい女性用が人気!ブランドは何?

fitnessmizugi ファッション
スポンサーリンク

フィットネス水着を買うなら女性はしまむら?ナイキ?

フィットネス水着を買う前に、
フィットネス水着について
詳しく知っておく事が大切です。

フィットネス水着はもちろんの事、
購入する商品はネット等で下調べが必要です。

フィットネス水着を選ぶには、
素材、デザイン、価格など、
また、自分にあったものを探す必要があります。

でも、ネットで水着を買おうとしたら
インターネットの画面と文章や
口コミで判断するしかないんです。

あなたは全てを画面で判断出来ますか?

フィットネス水着を購入する前に、
色々な水着の知識を頭に入れておきましょう。

おすすめは、
しまむら等に行って実際に現物を見てみる事です。

ただ、見た目だけを重視する通常の水着とは違い、
フィットネス水着は機能性も考慮するべきですし、
ナイキ等のスポーツブランドなどから
選んだ方がしっかりとしているでしょう。

何も考えずに、フィットネス水着を購入すると、
交換もしくは返品といった事で時間のロスにもなります。

また、ファッション水着とは違い、
見た目を重視したり、
ビキニタイプの水着を選ぶ訳ではありません。

もちろん、ビキニタイプでフィットネスが
全く出来ない訳ではありませんが、
間違いなく水着が取れてしまう事は
容易に想像出来るでしょう。

 

フィットネス水着について

フットネス水着は機能性重視!

フィットネス水着を
購入するポイントのひとつとして、
機能性を確かめましょう。

機能性と言えば、
やはりスポーツブランドの
フィットネス水着でしょう。

スポーツブランドで水着を購入する
最大のポイントは素材です。

とは言えども、
女性にとって水着とは機能性や素材だけで
選ぶことはしないでしょう。

もちろんおしゃれで
かわいいデザインがいいですよね。

大丈夫です。
今のスポーツブランドの水着は、
素材はしっかりしていて、
かつデザイン性にも凝っているからです。

ですのでここは欲張って、
機能性・素材・デザインを見ていくべきなのです!

mizugi

フィットネス水着を購入する目的は、
恐らくアクアビクスや
水中ウォーキングなどが目的の方が
多いと思います。

お気に入りのフィットネス水着が見つかれば、
テンションも上がりますし、
何よりフィットネスが
継続出来るのではないでしょうか?

フィットネス水着のデザイン

フィットネス水着と言えども、
デザインは気になるところです。

おしゃれでかわいい方がいいですよね。

色は好みで購入すれば良いのですが、
さて、スタイルはどうでしょう。

女性が水着を購入する際に気になるのは
下腹部やヒップのラインですね。

フィットネス水着は
密着して締めつけがあるので、
ヒップラインがかなり響くのです。

しかし、フィット感がありながら
ヒップラインを持ち上げ、
キュッと引き締まったように見せてくれる
フットネス水着もあります。

フィットネス水着のバスト部分は、
ファッション水着と違い、
カップにこだわってい商品は少ないです。

出来れば、
フィットネスがしやすいように、
スポーツブラのような形をしたタイプがお勧めです。

また、気になる下腹部を
隠したいのであれば、
スポーツブラタイプではなく、
丈が長めのタイプがありますので
そういった商品を選ぶと良いでしょう。

丈が長いと水の抵抗は増えますが、
最近のフィットネス水着は性能がよく、
昔に比べて抵抗の少ないように
開発している商品も多いようです。

 

フィットネス水着の通販?

通販では即買い禁止!?

フィットネス水着をインターネットで探して、
とってもお気に入りの水着が見つかりました。

サイズも恐らく大丈夫・・・
色も形も大丈夫・・・
もちろん価格にも問題なし・・・

でもちょっと待って下さい!
もちろん、そのまま購入してもいいんです。

でも、フィットネス水着は
ファッション水着とは違います。

何が違うのかと言えば、
ファッション水着は比較的安価な商品も多く、
毎年の流行で買い換えたりと
女性にとっての水着はファッションなのです。

また、フィットネスですから、
普通に遊びで泳ぎに行くよりも回数は多いはずです。

ですから、少し待ってみましょう。

フィットネス水着を買い換える方って
そんなに居ないようです。

あなたが毎年、
あるいは定期的にフィットネス水着を
買い換えるのであれば
問題ないのかもしれません。

安易に買い替えをしないフィットネス水着ならば、
もうちょっと時間をかけて購入してみましょう。

フィットネス水着の試着

ネットなどの通販で商品を購入する時には
もちろん試着が出来ません。

フィットネス水着に限らず、
洋服でも靴でも試着が出来ないのです。

殆どが、
インターネット上あるいは
紙面上でサイズを確認して
購入することになります。

しかし、少し待って下さい。
試着する方法はあるんです。

通販ではもちろん試着は不可能ですが、
店頭に向かえばどうでしょう?

メーカーと価格とサイズを控えて、
近くのスポーツショップなどに
足を運んでみましょう。

もちろん、全く同じ商品があり、
価格が通販よりも安ければ即購入が可能です。

この時には、
通販で購入した際の送料や手数料も
考えてくださいね。

では同様の商品が無い・・・

では、
同じメーカーの同じサイズの商品は
ありませんか?

全てとは言えませんが、
同じメーカーであれば、
殆どの商品はサイズ形態が同じである商品が
多いのです。

あなたは、
A社のSサイズの「XXX」という商品名の
フィットネス水着が欲しいとします。

B社のSサイズのフィットネス水着はしっくりこなくても、
A社の「ZZZ」の商品で試着して、
しっくりくれば恐らく問題ないということです。

実際に試着が出来れば、
サイズ交換したり、返品したりといった
余計な作業がなくなります。

これはフィットネス水着に限らず、
色々な通販の商品を購入する上で
非常に役に立つはずです。

「どうしても今すぐに必要!」
そうでなければ類似品の試着をお勧めします。

フィットネス水着のサイズ

普通、フィットネス水着は
一度は試着されると思います。

試着が出来なくても、
通販等で自宅に届いたらまず一度着てみると思います。

では、どのくらいがちょうど良いのでしょうか?

フィットネス水着は、
通常の水着よりも
締めつけられる感じがするのではないでしょうか?

もちろん露出が少ない分、
生地が多いので締めつけられる感じがして当然なのです。

ここで返品しないようにしましょう。
水着は水に入ると普段とは違った感じになります。

締めつけ感が無く、
ゆるい水着を着て水中に入ると、
肌と水着の間に当然水が入ってきます。

水の抵抗を受けてしまい、
水中を泳いだり歩いたりする事が
難しくなってしまうのです。

ですので、
ある程度の締めつけ感は必要で、
水中では解消されますので
「少しきついかな?」
程度のサイズが良いでしょう。

かといって、
あまりに無理して水着を着る必要はなく、
ものすごく苦しいと感じるのであれば
ワンサイズアップさせましょう。

 

フィットネス水着の注意点

フィットネスと化粧

女性は水中でフィットネスをする時にも
化粧を落とさない方が多いようです。

もちろん、
水に入るからには化粧は落ちてしまうものです。

ここ最近では、
水に強い化粧もありますので、
化粧をしたまま水に入る方が
多くなってきているのだと思います。

また、
女性にとってスッピンは
勇気のいる行為であり、
スッピンで人目に触れる事を嫌う傾向にあります。

出来るならば、
化粧は控えた方が良いでしょう。

さて、
化粧をしたままフィットネス水着を着る方への注意点です。

フィットネス水着の素材は、
化粧がつくと非常に落ちにくいようです。

ですので水着の着用時や脱衣時に、
水着に化粧がつかないようにする注意が必要です。

ついた化粧を落とそうとコスリ洗いをすると、
痛みやすい素材でもありますので、
化粧がついたからといって
ゴシゴシとこする事は控えましょう。

フィットネス水着の変色

これはフィットネス水着に限った事では
ないのかもしれませんが、
水着の変色に注意しましょう。

通常のファッション水着は
比較的カラフルな水着も多く、
多少の変色が目立たない商品が
多いのではないでしょうか?

しかし、フィットネス水着は、
比較的紺色などの濃い単色が多く、
肌を覆う面積が多いので、
その分素材の変色が目立ってしまいます。

先述した化粧も変色の原因になるのです。

また、
プールには塩素系の消毒が投入されていることは
ご存知だと思います。

プールから上がった後は、
しっかりとシャワーを浴びて、
体やフィットネス水着についた塩素を
洗い流す事を心がけて下さい。

出来れば、水着から服に着替えた際、
自宅に戻るまでに時間があるのであれば
簡単に水洗いをすると良いでしょう。

そう簡単に変色するわけでもありませんが、
水着を痛める原因ではありますので、
フィットネス水着を
長い間使用するためには必要な事なのです。

フィットネス水着の変形

フィットネス水着には、
水中で歩きやすい形に形状を考えて
作られた商品が多くあります。

水の抵抗を
なるべく受けないように配慮された
フィットネス用の水着もありますので
変形には十分に注意しましょう。

変形の一番の原因は、
水着を脱いだ後に水気を切ろうと
雑巾のように力をいれて絞ってしまう事です。

フィットネス水着は力を入れて絞らず、
出来るだけタオルに水分を移動させるように
タオルで拭くようにする事が一番です。

水分を良く吸収してくれる、
競泳用のタオルなどがありますので
ひとつ持っておくと役に立ちます。

タオルがなければ
フィットネス水着を
力を入れて絞るのではなく、
優しく上部から握って
下部へ水分を移動させるように
形を崩さないようにする事が重要です。

また、自宅へ帰る際に良く見る光景ですが、
スーパーのビニールなどに入れて
持って帰る方を見かけます。

水分を含んだ水着を
ビニールに密封してしまうと、
夏場は特にカビの原因になったり、
蒸れて雑菌が繁殖してしまいます。

蒸れやカビを防ぐために、
乾いたタオルを一枚余分に持っていき、
タオルに包んで持って帰ることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました