アトマイザーの使い方!おしゃれでかわいいのは無印や100均にある

atomizer 美容
スポンサーリンク

アトマイザーの使い方

アトマイザーの使い方として、
まず初めにスプレー式のアトマイザーの場合、
液体を入れて5~6回はアトマイザーを
空押し(空気だけが出る状態)して、
平均6回目位から中の液体が出てきて使える様にします。

アトマイザーを使いスプレーする場合は、
なるべく垂直に持ってスプレーしてください。

中の液体が出にくくなる場合や、
漏れる場合が有るかも知れません。

至近距離からスプレーすると、
跳ね返って来る可能性もあるので気をつけましょう。

またアトマイザーの使い始めや、
使用している途中でスプレーのネジが緩み、
中の液体が漏れる事も有るので、
アトマイザーのスプレーのネジは、
しっかり締めて有るか確認して使いましょう。

上部がロールタイプになっている
アトマイザーの使い方としては、
最初はアトマイザーのロール部分を上にして、
軽く押して中に入っている
空気を抜いてから使い始めましょう。

ロールタイプのアトマイザーを
飛行機内に持ち込んだ場合、
気圧の変化で中の液体が
噴き出す事があるので注意しましょう。

なるべく中に入れた液体の香りを損なわない為にも、
一つのアトマイザーは
一つの香りの液体専用にする方が良いでしょう。

またアトマイザーの中に液体を入れたまま
長い時間使わないままにしてしまうと、
アトマイザーの噴霧口が詰まってしまう事も有ります。

小さなお子様の手の届く所に
アトマイザーを置かない様にしましょう。

 

アトマイザーの洗浄

アトマイザーの洗浄には
薬局などで簡単に購入出来る、
エタノールやメチルアルコールを使って洗浄します。

アルコール類を使って洗浄する事で、
抗菌作用、強力な殺菌作用、
坑ウィルス作用が期待できます。

エタノールもメチルアルコールも、
アルコールとしては同じです。

両者の差は分子の差位な物で、
エタノールには消毒用アルコールや
飲料用アルコールが含まれ、
メチルアルコールは燃料用などに用いられます。

一般にメチルアルコールは飲めないと言う事ですね。

アトマイザーの洗浄にエタノールを使う場合には、
消毒用エタノールよりも、
無水エタノールを使用する方が水分が含まれていない為、
綺麗に洗え香りも残り辛いでしょう。

無水エタノールは100%アルコールですが、
消毒用エタノールは水分が20%含まれています。

消毒用エタノールの方が若干安い位で、
それ程変わらない金額でしょう。

アトマイザーの洗浄には、
アトマイザーの中にこれらをいっぱいに入れ、
三日程そのまま放置し、
またアトマイザーのノズルの中も良く通す為に、
普段アトマイザーを使っているのと同じ様に何度かプッシュして、
ノズルの中も洗浄してください。

このアトマイザーの洗浄方法を何回か繰り返しますが、
アトマイザーにプラスチックの部分が有ると、
香料が染み込んでいて、
香りが残ってしまう事が有ります。

前に入って居た香りと違う香りの物を
アトマイザーに入れる場合は、
一度ぬるま湯で中性洗剤を使ってアトマイザーを洗浄し、
これらの作業をしてみてください。

出来れば同じ香りの物は同じアトマイザーを使うなどして、
香りが混ざるのを防いだ方が良いでしょう。

かなり前のアトマイザーに残った香りも薄れます。

これはアルコールに香りが移るからで、
アトマイザーの中にしばらく放置していて、
水分などが蒸発して濃縮してしまった香りを薄め、
そのまま香りを楽しむ事も出来るので、
使用したアルコールを捨てないで再利用する事も出来ます。

 

アトマイザーの移し方

アトマイザーの移し方には、
容器によって色々有りますが、
アトマイザーを買うと最初から
専用のアトマイザー移し替えのキッドが
付いている物も有り便利です。

無い場合には自力でアトマイザーの口に、
直に移し替えるか、(こぼれて、凄い事に成る事を覚悟して)
百貨店や香水専門店、バラエティショップ、
ドラッグストアや、100円均一などに
詰め替えの道具が売っていますので、
そちらを買い求めて使いましょう。

atomizer

アトマイザーの移し替えの道具には、
スポイトや、注射器の様な物や、ミニジョウロなどを使います。

スプレーの付いていないボトルや、
スプレーが外せるタイプのボトルからの
アトマイザーへの移し方は簡単で、
ボトルに直接スポイトや注射器のような物を差し込んで、
吸引しアトマイザーへ移します。

ジョウロはボトルがスプレー式になっている物や、
なっていないものでも、
直接アトマイザーへジョウロを差し込んで移し替える。

アトマイザーへの移し替え用に
スポイトは持っていてもジョウロを持っていなくて、
スプレー式のボトルで外せない場合は、
広口の物へスプレーし、
溜まった物をスポイトで吸い上げてアトマイザーへ移す。

この時ラップなどを使ってへこみを作り、
そこへ溜めて行くと、
後で香りの付いたラップを
サッシュ(匂い袋の様な物)などにして、
香りの再利用をするのも良いですね。

直にアトマイザーへ移して
凄い事になってこぼれた場合も慌てずに、
ハンカチなどで拭き取って、
この再利用をされると良いかも知れません。

アトマイザーの移し方の注意点としては、
7~8分目にして詰めすぎない事。

入れすぎると破裂してしまう場合が有ります。

詰め替え口が詰まってしまいますので、
しばらく使わない時は
アトマイザーへ移し替えない方が良いでしょう。

 

香水とアトマイザー

香水とアトマイザーとは、
親と子と言った関係でしょうか?

香水瓶をそのまま持ち歩くのはかさばりますし、
外出先で香水の香りが飛んでしまったりした時に、
アトマイザーでつけ直したい、
あるいは、旅行に行くのに
普段から使っている匂いも
アトマイザーに入れて持って行きたい、
香水がボトルタイプの為、
いちいち蓋を開けずに、
簡単に香水をアトマイザーで付けたい。

そのような思いからアトマイザーは
活用されているのではないでしょうか。

そのままの大きな香水瓶だと
一度にスプレーで多く出てしまうので、
小さいアトマイザーに移し替えて
少しの量だけスプレーしたいなど、
香水とアトマイザーは、親(香水)から
子(アトマイザー)へと言った使い方が一般的でしょう。

香水とアトマイザーの出会いは、
1870年代の終わりにフランスの高級香水メーカーが
香水の芳香をより高める為に多用される様に成ってからです。

しかしアトマイザーは保存容器では無い為、
香水を入れたアトマイザーは、
早く使い切る様にした方が
より良い香りを楽しめる事でしょう。

香水は熱で膨張しやすいので、
アトマイザーには
7分目以上入れないようにしましょう。

そもそもアトマイザーとは何なのか?

アトマイザーとは、語源は、
Atomize(細分化する)erが付いたもので、
アトマイザーの意味は、
霧吹き、噴霧器、香水吹きと訳されます。

アトマイザーは1859年頃から
医療分野で最初に使用され始め、
現在では香水を付けたり
アロマスプレーを振りかけたり、
除菌・殺菌剤をまいたり、殺虫剤をまいたり、
化粧品などを体に付ける為に使われ、
小分けして携帯に便利なサイズである為、
アトマイザーに移し替え、
持ち歩きするのに使われたりして居ます。

アトマイザーとは、
通常は中指程度の大きさで、
ガラスやプラスティックの容器に
ポンプやスプレーが付いています。

ポンプや(スプレー)部分は、
アトマイザーの最も大切な部分です。

ガラス素材のアトマイザーは、
素材その物に通気性か無いので、
他の材質よりも中身を長く保ちます。

また天然素材で、
環境ホルモンの心配も無い環境に優しい素材です。

樹脂製のアトマイザーは、
中身の成分などによって樹脂か溶けたり
変形したりしますが、
樹脂製のアトマイザーは、
軽く割れ難いと言う点では持ち運びには適して居ます。

 

おすすめのアトマイザー

おすすめのアトマイザーは、
ポンプの使い心地が命です。

スプレーを押した時に、
細かく均一な液体が
ミスト(霧)の様に広がるアトマイザーが
使い心地が良いでしょう。

日本製のアトマイザーがおすすめで、
噴霧量(吐出量)は、
0.04cc~0.15cc程度。

日本製のアトマイザーでも
輸出用はいっぱい出ます。

外国の方は
比較的いっぱい出るアトマイザーが好きらしく、
その点でも日本用の、
日本製のアトマイザーがおすすめのアトマイザーです。

材質としておすすめのアトマイザーはガラス製で、
ガラスには通気性がないので、
他の材質よりも中身を長持ちさせます。

また天然の素材で、
環境ホルモン等の心配もなく環境にやさしい材質です。

精油などに使われるガラス製のアトマイザーは、
成分の変質を避ける目的で
遮光性を保つ為に茶色のアトマイザーが多く、
ニールズヤード製のガラスのアトマイザーは、
青色でとても綺麗です。

樹脂製のアトマイザーは、
香水の成分の種類によっては
樹脂が溶けたり変形したりしてしまう事も有りますが、
樹脂の性質の軽くて、
割れ難いと言う点では持ち運びし易くおすすめです。

タイプ別でのおすすめアトマイザーは
ボトルタイプのアトマイザーで、
小さな瓶の為保存するのに便利です。

ロールタイプのアトマイザーは、
口の部分にボール状のクルクルが付いていて、
おおきなボールペンの様な形をしています。

直接肌に付ける為、
雑菌などに汚染されやすいという難点が有りますが、
クルクル回して付け量の調節がしやすく、
中身が付ける際に飛び散らないので
つけやすく人気があります。

スプレータイプのアトマイザーは
口の部分がスプレー状になっていて、
シュッーと手早くつけられるので、
使い易くおすすめのアトマイザーです。

いろんなデザインのアトマイザーがあるので、
香りに合わせてたり、
自分の趣味やセンスでブランドのアトマイザーや、
色、デザインで選んで見るのも楽しいでしょう。

 

アトマイザーのブランド

アトマイザーのブランドは沢山有りますが、
100円均一でも手頃なアトマイザーを
手に入れる事は出来ます。

しかし使用する楽しみや自分の趣味などに合わせて、
色々な素材や形のアトマイザーを選べるので、
アトマイザーのブランドから選ぶのも楽しいでしょう。

今は限定商品として、
普段はアトマイザーのブランドでも無いのに、
高級ブランドからアトマイザーが販売される事も有ります。

普段使っているブランドと、
お揃いのアトマイザーなんておしゃれですよね。

日本のアトマイザーのブランドは、
株式会社ヤマダアトマイザーがトップブランドかと思います。

ヤマダアトマイザーのアトマイザーには、
詰め替え様に、
詰替えノズル、折りジョウゴ、
目印シールがキットとして必ず付いて来てお得です。

ヤマダアトマイザーの創業者で有る博條氏(ヒロミチ)が、
より優れた品質の高級アトマイザーを創る為に創立された
株式会社ヒロミチは、
日本のアトマイザーのブランドの最高峰でしょう。

後は、アトマイザーのブランドとして、
最近「10秒チャージ」で人気の有る
有限会社ピラミッド輸入総販売元の、
イスラエル発のアトマイザーTravalo(トラヴァーロ)。

詰め替したい元の親ボトルのキャップを外し、
Travaloの底部をノズルにあわせてプッシュするだけで
アトマイザーへ液体を10秒で移せ、
世界で販売されているアトマイザーの中では、
ただ一つのアイデア商品で
他社では真似の出来ない作りのアトマイザーです。

その便利な構造上、スプレーヘッドが外れない
元の親ボトルからは注入する事が出来ないのが残念です。

 

香水とフレグランス

香水とフレグランスとは大体同じ意味で、
フレグランスの意味の中に香水が含まれ、
法律的には香水は化粧品に属し、
薬事法の規制があったりしますが、
フレグランスは化粧品としての香水だけでなく
ルームフレグランスなど雑貨などの
香りのする商品も含めるので、
香水よりもかなり沢山の種類や商品が有ります。

香水とフレグランスの始まりは
紀元前1850年頃で、
ギリシアで製造されていた最古の工場跡地発掘されました。

香水とフレグランスは、
初め油脂に香りを吸着させた香油やポマードでしたが、
イスラム社会でアルコールの製造法が
ヨーロッパに伝えられてから、
アルコールに溶かす香水が作られるようになりました。

14世紀にハンガリー王室で使用された
ローズマリーを原料として
ハンガリアンウォーターが作られ、
その後ルネサンス期のイタリアで発展し、
ヨーロッパ各地に広まって行きました。

ハンガリウォーターを手作りした事がありますが、
アルコールが主原料でそれにハーブ類を
漬けて作るので簡単に作る事が出来ますが、
茶色の液体で見た目イマイチです。

薄めてローションとして女王が使用し
若返ったと言われています。

アルコール中の香料の比率(賦香率)によって、
香水、オードパルファム、
オードトワレ、オーデコロンなどがあり、
また芳香石鹸やボディーローションなどがあります。

パルファン>トワレ>コロンの順に濃度が下がります。

香水とフレグランスに、
「水」を意味する「eau(オー)」を付けたものがあり、
蒸留水でやや薄めたモノという意味ですが
実際には水とは限りません。

「eau」付いた香水とフレグランスは
香料濃度が多少下がると言う事です。

PARFUM:パルファン、パルファム
賦香率15~25%
5~7時間香りが持続します。

EAU DE PARFUM(EDP):オーデパルファン、オーデパルファム
賦香率10~15%
5時間程度香りが持続します。

TOILETTE:トワレ
EAU DE TOILETTE(EDT):オーデトワレ、オードトワレ
賦香率5~10%
3~4時間香りが持続します。

COLONG:コロン
EAU DE COLONG(EDC):オーデコロン、オードコロン
賦香率3~5%
1~2時間香りが持続します。

 

香水のつけ方

香水の付け方としては、
一番に付け過ぎに注意しましょう。

自分では匂わないために
厚化粧の様に付けすぎることがありますが、
鼻が馴れてしまって
自分の匂いが分からなくなっている事が有ります。

濃度の高い香水や香りが強い香水は1滴の違いで、
良い薫りの人を臭い人にしてしまいます。

香水の付け方としては、
香水は体温によって温められて揮発し、
下から上へと匂って来ます。

そのため下半身に付けると
全身を包むようにやわらかく香りが広がっり効果的です。

付けた香水をこすり合わせると、
香りがつぶれてしまいますのでやらないようにしましょう。

また汗をかきやすい場所は、
匂いも変わって持続時間も短くなりますので
避けた方がいいでしょう。

足首は体温も低いため持続時間も長くなります。

そのほか、ひざの裏、太ももの内側、
腰、おなかなども無難な場所です。

首筋、胸元、手首、ひじ、髪などは
香りが強めになりやすいので気をつけましょう。

基本的にはパルファムや
オーデパルファムは1、2ヶ所に点で、
オーデコロンは広く面で付けます。

爽やか系&軽い系の香りは、3~4滴、
スプレー2プッシュ位。

香水はトップ・ミドル・ラストと、
経過時間によって香りも変わってくるので、
香水を付けた後30分ぐらいまでは、
香りも強いので人と会うときなどには気を付けましょう。

香水の付け方として、
大切なものにTPOに合わせると言う事もあります。

朝は出かける30分以上前に付けておく様にしましょう。

特に通勤ラッシュの電車やバスなどでは
トップノートの香りは強いので、
他の人に迷惑を知らないで
掛けてしまっていたりします。

仕事中は、ほのかに香る程度に香水を付けましょう。

食事の時も、強い香りは腕や手首などに付けると、
一緒に食事する人に
失礼だったりするので気を付けましょう。

デートの時は相手の好みに合わせて香水の香りを選び、
胸元や髪に付けたりすると喜ばれるのではないでしょうか?

 

香水とアトマイザー通販

香水とアトマイザーの通販サイトは沢山あります。

ごちゃごちゃしていて見づらいサイトも有りますが、
写真付きの紹介で見やすかったり、
見ているだけでも綺麗だったり、
素敵な香水とアトマイザーがあるので、
幸せな気分にさせてくれたりもします。

それに24時間いつでも買い物ができるし、
わざわざ出掛けて行かなくても届けてくれ、
支払いもクレジット払いやコンビニ払いなど、
とても便利です。

香水やアトマイザーの通販では、
シャネルやブルガリなどの高級ブランドの香水でも、
安く買い求め出来たりします。

香水とアトマイザーの通販では、
正規値段の半額以下で
販売されているものがありますが、
香水の流通は正規の輸入と平行輸入があって、
価格が違ってきてしまうのです。

正規の輸入は香水ブランドの本店から
直接日本の代理店に卸されるという輸入ルートで、
香水とアトマイザーの通販購入には安心感が有ります。

偽物では、まず無いし、
サポートも、しっかりしてくれます。

平行輸入とは、
香水ブランドの本店から仕入れた香水を
海外卸問屋から日本の卸問屋へ卸されるという輸入方法です。

海外同士で売り買いされた後、
日本の問屋に卸されますから、
価格が安い事と薄利多売する問屋もあります。

日本でも平行輸入された香水が増えて居る為、
価格を安く出来る訳です。

平行輸入の場合は最低2ヶ所の問屋を通るので、
そこでの管理に責任が持てないのと、
船便など安い運賃で運んだりして、
品質管理に問題があったりします。

サポートもしっかりしていない場合も多く、
劣化してしまった香水の場合もあり、
早く香水を売りさばこうと
価格を安くして居る場合もあるので、
価格を取るか品質を求めるかですね。

また最近では、
香水の量り売りもおススメです。

スプレー式のアトマイザーに
入れてくれる量で注文すると、
量的に色々な香水の香りを
数日間少しずつ試す事もできますし、
ボトル毎買うよりも量は少ないですが、
安く購入出来て嫌いな香水の香りなら、
ボトルで買って失敗と言う事もありません。

香水とアトマイザーの通販の量り売りと言う事で、
品質の程度はわかりませんが、

人気の香水のブランドは揃っていますし、
メール便などで届く為に便利です。

タイトルとURLをコピーしました