お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、ファッション等の色んな情報を発信します。

美容

目の下のクマを治す方法 原因と消し方と病気の時は漢方を使った治療

投稿日:2022年4月13日 更新日:

目の下のクマを治す方法

目の下のクマって、いったい何でしょう?

目の下に出来るくすんだ影が、
一般的にいう「くま」というものです。
実はこの「くま」も肌のくすみの一種です。

目の下の皮膚は顔の中でもとても薄く、
皮膚の下の血管・血液中のヘモグロビンなどの色素が
透けて見えるのが「クマ」なのです。

目の下にくまがある人を思い浮かべてみてください。
「疲れている」「血色が悪い」「肌がくすんで見える」
など、あまりいい印象がありません。

暗い雰囲気を出したり老けて見られたりと、
クマがあるだけで見た目のイメージがかなり違ってきます。

特に女性で20代後半を過ぎると、
多くの方がこの目の下のクマに悩んでいます。

クマを引き起こす原因もいくつかあります。

まず挙げられる原因といえば血行不良ですが、
それを改善していけばすぐに解消するというものでも
ないのでやっかいです。
いくつかある原因のうち、
ひとつが単独で引き起こしている場合もあれば、
複数の原因によるものもあります。

また、クマにもいくつかの種類があり色も様々で、
それらはくまのできる原因によって違ってきます。

おおまかに分けると、
青いクマが血行不良によるもので、
茶色いくまはメラニン色素の増加によるもの、
黒いクマは顔に出来た凹凸やたるみの影によってできるものです。

茶色いクマにマッサージを施したり、
青いクマに化粧水をつけていても、
効果はなかなか期待できません。

つまりクマを解消するためには、
自分の「クマ」はどのような「クマ」なのかを知る事によって、
改善策が異なるのです。

 

目の下のくまの原因

鏡を見た時、
目の下が青かったり黒ずんでいたことはありませんか?
この症状は目の下の「クマ」で、
肌のくすみの一種と考えられていています。

この「くま」が現れるのには、
いくつかの原因があります。

それは、
睡眠不足・疲労・ストレス
血行不良・ドライアイ・色素沈着・たるみ
などです。
これらの原因によっては、
くまの種類も異なってきます。

 

まず青いくまは、
血行不良が原因とされています。
睡眠不足をはじめとする身体的疲労や、
ストレスによる自律神経の乱れから
全身の血行不良が起こり、
うっ血が起こります。

そうなるとヘモグロビンやミオグロビンなどの
血中濃度が減少してしまい、
血液の赤みが減少して青黒くなります。

目の周りの皮膚が薄い箇所は、
顔の中で最もその影響を受けやすいために、
血管が透けて見えることで
「くま」となって現れるというわけです。

 

茶色いくまは、
メラニン色素の増加によるものとされています。

紫外線を浴びた皮膚にメラニン色素が沈着して、
茶色のくまができてしまい、
紫外線によって皮膚が薄くなることで
より濃い「くま」とななるのです。

 

黒いくまは、
皮膚にできた凹凸やたるみの影によって出来るくまです。

加齢による新陳代謝の遅れから
肌表面の角質が厚くなることや、
皮膚のたるみによって目元がくぼみ、
影を作ることで「くま」が濃く見えてしまうのです。

また、体質的にくまができやすいという人もいます。
比較的低血圧症の人に多いという傾向もあります。

 

目の下のクマとたるみや病気

目元の皮膚は薄くて非常にデリケートです。
年齢とともに、
たるみが生じて影ができることで「くま」が現れます。

30代を過ぎると気になる人も多くなる
目元のたるみ・くまですが、
この「たるみ」は実は脂肪だというのをご存知でしょうか?

「たるみ」とは、
加齢によって筋肉が衰え、
肌の弾力が失われて組織がゆるみ
脂肪が押し出された状態をいいます。
眼球の周りにある押し出された脂肪が
だんだんと下がってくると、
目元のたるみとなるのです。

疲労や睡眠不足などで、
下まぶたにはふくらみも生じてきます。

さらに頬の皮膚がたるむことでくぼみもでき、
それらは影となり、
「くま」が目立つというわけです。

また血行不良自体もたるみの一因であり、
血行やリンパの循環が低下すると
余分な水分や脂肪の排出ができなくなり、
皮下組織の脂肪細胞が増加していきます。

つまり、目の下のクマは
「たるみ」の原因ではありませんが、
クマは「たるみ」が現れる兆候といえるかもしれません。

この「たるみ」を予防するために効果的な対処法は、
まず紫外線を防いで肌を守ることが大切です。
また、肌のコンディションを整えるという意味から、
バランスのとれた食事を摂るのも有効です。

乾燥した肌は固くなり弾力が失われることや、
油分の多い食事で毛穴の開きを促して
たるみを引き起こしたりしないよう、
タンパク質・ビタミン・ミネラルを多く含んだ食事を
心掛けましょう。

さらにはアンチエイジング化粧品を使ったり、
マッサージを施したり、
顔の筋肉を鍛えたりするのも効果が期待できます。

「くま」は対処によっては比較的解消しやすいのですが、
一度生じてしまった「たるみ」を治すのは
なかなか容易ではありませんので、
普段のケアでできるだけ予防したいものですね。

 

次に、目の下のクマと病気についてお話します。

目の下のクマといえば、
疲労や、睡眠不足によって生じるもの、
というのが一般的なイメージ。

目のくまができてしまった場合、
ほとんどの人はメイクやマッサージ、サプリメントの摂取など、
さまざまな方法で目のくまを改善する努力をすることになります。

しかし、
疲労や睡眠不足、ストレスといった
一般的な原因で生じるのとは異なる目のくまがあります。

それは病気によるものです。
なんらかの病気が進行している症状として
目のくまが生じることがあるのです。

病気による目のくまとして代表的なものとしては、
糖尿病、腎臓病、肝臓病に甲状腺機能亢進症
といったものがあげられます。
これらの病気は放置しておくと
深刻な事態になる恐れもあります。

また、アトピー性皮膚炎も
目のくまをもたらす病気として知られています。

血行不良や代謝機能の低下といった原因で生じる一般的な目のくまと
これら病気による目のくまとの違いは、
後者の場合は目のくまのほかにも
体調不良などの症状が同時に起こるということでしょう。

とはいえ、前者の場合、
疲労やストレスが蓄積している場合、
同じように体調不良や食欲不振などが伴うことが多いので
判断が難しいところでもあります。

目のくまは外見上の問題としては深刻だけれども、
健康上の問題としてはそれほど深刻に捉えられていないことが多いと
思われます。

しかし、そのせいで
病気のサインを見逃すようなことがあっては
大変なことになりかねません。

目のくまとあわせて体調が思わしくない場合、
あるいはさまざまな目のくま対策を行っても
なかなか改善されない場合は、
一度医師の診察を受けてみる必要があるでしょう。

たかが目のくま、などと油断しないことが重要です。

 

少し視点を変えて、目の下のクマとレーシックについてです。

目の下の「くま」は女性の大敵です。
くまは、疲れや寝不足、ホルモンバランスの乱れなど
いろいろな原因が絡み合って出来てしまうと言われています。

目を酷使する職業の方にも
目の下の「くま」は悩みの種のようです。
目の疲れは、「くま」のお友達のような存在なので、
重度の近視で眼が慢性的に疲れる人は、
レーシックも良い選択枠になるのではないのっでしょうか?
視力回復手術で視力が回復する「レーシック」で、
くまが出来にくくなる環境を整えてみてはいかがでしょうか?

「レーシック」とは、
最近注目を浴びている視力回復法で、
レーザー治療で視力が回復できるという脅威の視力回復法。
全世界で毎年数百万人が利用している手術と言われ
日本でも2000年に認可されて以来、
手術を受ける人が年々増えています。

芸能人にもレーシック手術を受けた人が多いようですね。

近視は、目のレンズの焦点が合わず
ピンボケしているような状態です。

普通は、メガネやコンタクトレンズなどで焦点を合わせて、
視力を矯正していますが
レーシックは、
屈折異常の原因のひとつである角膜にレーザーを当てて屈折を矯正し、
異常の根本から治すという画期的な手術法なのです。

「レーシック」手術では、
個人差はもちろんありますが、
一般的にメガネやコンタクトレンズを装着した時と同じくらいにまで
視力が回復するといわれています。

目の下の「くま」で悩んでいて、
目が近視や遠視の方は、
このレーシックを一度検討してみてはいかがでしょうか?

特にコンタクトレンズを使っている人は
節約という観点からもお薦めですよ!
浮いたお金で化粧品やエステに通うというのも
いいかもしれませんね!

 

目の下のクマ解消と改善

目の下のくま解消法

目の下のくまを解消するには、
その「くま」が生じてしまった原因によって対処法が異なります。

まず青いくまは血行不良からくる場合が多いので、
温湿布などをして、目元全体を暖めるということです。
熱くない程度に温めたホットタオルを目の上にのせて、
目元全体の血流を促すと効果的です。

血行不良の解消にマッサージという方法がありますが、
目の周りは皮膚が薄いため
マッサージで毛細血管を傷つけるケースもあり、
逆効果になる場合がありますのでおすすめできません。

次に紫外線対策が必要なのは、
メラニン色素の増加によって引き起こされる茶色いくまです。

メラニン色素を増やす紫外線は、
目元に限らず出来るだけ予防する方がベターです。
そしてたるんだ皮膚の影によってできる黒いくまは、
肌のコンディションを整えるようにしましょう。

バランスの取れた食事をする事や、
アンチエイジング化粧品を使って
肌の「たるみ」をケアすることで、
「くま」も予防することができるのです。

いずれの「くま」についても、
規則正しい生活を心掛け、
なるべくストレスを溜め込まないことです。
とくに睡眠不足は避け、
食事もビタミン・ミネラルをしっかりと摂取できるような
バランスの取れた食事を摂るのが理想的です。

しかし食事だけで十分なビタミン・ミネラルを摂るのが難しい場合は、
サプリメントで補ったりするのも有効です。

肌の大敵でもある
極端なダイエットや喫煙・冷房の長時間使用などは、
自律神経の働きを乱しますので控えるようにしましょう。

 

目の下のくま治療法

目の下のくまを解消するために規則正しい生活をしたり、
様々な対処法をおこなっても思うように改善出来なかった場合、
皮膚科や美容形成外科での治療という方法もあります。

治療の内容は個人差によって異なりますが、
外用剤を用いたり、
皮下注入治療やレーザー治療を施したりします。

メラニン色素の沈着が原因の茶色いくまは、
漂白作用のある外用剤を使います。
主にビタミンC誘導体、ハイドロキノン、トレチノインなどを使って、
効果を得ることができます。
さらにピーリングやイオン導入といった、
角質を剥がしておこなう治療も
同時に行われることがあります。

しかしこれらは一度の治療で
完全に「くま」が解消されるといったことは難しいので、
通院が必要になります。

たるみが原因の黒いくまには、
コラーゲンやプラセンタエキスなどを皮下注入します。
コラーゲンは、時間が経つにつれて徐々に肌に吸収されてしまうので、
数ヶ月ごとに注入を繰り返す必要があります。

プラセンタエキスは血行促進とメラニン抑制の働きがあります。

また、ミネラルやビタミンといった栄養分を豊富に含有しているので、
血液やリンパの流れを改善して新陳代謝を活発にする働きもあります。

美容形成外科では、
IPL治療やレーザー照射といった治療を受けることができます。
コラーゲン線維をつくる細胞をレーザー照射することにより
刺激を与えて活性化させます。
これによって増えたコラーゲンが
目元にハリが出て目の下の「たるみ」が解消され
「くま」を改善することができます。

血行不良が原因の青いくまには、
フラッシュIPLが有効な治療法です。

 

目のくまの治し方

目のくまができてしまうと、
人前にでるのが嫌になってしまうものです。
見るからに不健康ですし、
とくに女性の場合、
とても魅力的とはいえない姿を見せてしまうことになります。
隠そうにも隠せない場所ですし、
目のくまはすぐにでも治したいところでしょう。

目のくまの治し方はさまざまあります。
治し方はどれも目のくまをもたらす原因にあわせ、
それを改善する方法がとられます。

目のくまの原因としては
血行不良によるうっ血、血液中のヘモグロビンの酸素欠乏、
代謝機能による色素沈着が主なものです。

まず血行を促進するためには、
適度な刺激を与えることが効果的です。
温めたタオルを目に当てたり、
あるいは冷やしたタオルと交互に当てると
さらに効果が期待できます。
入浴の際にはシャワーだけで済まさず、
ゆっくりと湯につかるのもよいでしよう。

それからマッサージも有効な治し方です。
目のしたを中心に目の周りをマッサージし、
刺激を与えて血液の循環を促します。

また、乾燥も厳禁。
化粧水やパックで常に肌のうるおいと透明感を保つように
心がけなければなりません。

それから紫外線も大敵。
紫外線を過度に浴びることのないよう、
紫外線をカットする化粧品を使用するのも重要です。

さらに近年では目のくまを改善させる成分として
カシスポリフェノールが話題になっています。
これは色素成分であるポリフェノールの一種で、
これが目のしたの血行を改善し、
目のくまの改善に効果があると言われています。

このカシスポリフェノールをサプリメントを利用することも
目のくまの治し方として有効でしょう。

もちろん、これらの治し方を実行するだけでなく、
ストレスをためない、睡眠や急速をしっかりとる、
規則正しい生活を送るなど、
基本的な対策を忘れてはなりません。

まずは目のくまができない生活習慣を身につけ、
その上でさまざまな治し方を実践するようにしましょう。

それから、目のしたの皮膚は非常に薄いもの。
マッサージやメイクなどの際、
くれぐれも強くこすりすぎたりしないよう、注意が必要です。
強くやりすぎると毛細血管を傷つけ、
逆効果になってしまうことにもなりかねません。

 

目の下のくま予防

くまは、疲れや寝不足、ホルモンバランスの乱れなど
いろいろな原因が絡み合って出来てしまうと言われています。

女性ならば、ピンク系のコンシーラーで隠す、
美白化粧水をつけるなどの対処方法は様々あるようですが、
クマを作られる原因のひとつ血行について考えてみましょう。

目元の皮膚の薄さは、
顔の半分から3分の1程度と言われ、
目もとの血流のうっ血は即「クマ」に見えてしまします。

ですから目の周りの血流をよくする方法を考えます。
・あたたかい蒸しタオルと冷たいタオルを交互に当て代謝をよくする。
・食べ物で血流をよくする。

 

血行をよくする食べ物は、次の通り。
ビタミンE、ストレスがあると大量に消費されるビタミンC、
疲労回復やいろんな代謝に関係して、
体の機能をうまく保つビタミンB群、
クマに良いとされているのがビタミンK等の補給を心がける。
又、目の周りをマッサージするのもイイ方法です。
しかし、マッサージのやりすぎはNGです。

皮膚をこすりすぎてしまうと
色素沈着の原因になるので注意が必要です。
やりすぎは禁物で
やさしく、やさしくが基本なのです。

色素を沈着させないために美白クリームや、
化粧水等で乾燥を防ぐこともよいと考えられています。

目の下の「くま」は、
疲れや寝不足、ホルモンバランスの乱れなど
いろいろな原因が絡み合っています。
疲れがたまると皮膚の代謝も落ちてしまい、
くまも消えにくくなってしまいます。

疲れはしっかり癒す、
ストレスは発散する、
何かを定期的に行いましょうね。

 

目の下のクマ解消と改善

目のくまの解消・改善に
カシスがいいと巷で言われていますね。
カシスポリフェノールが目の下のくまの黒さを改善するとか、
カシスは目の下の血流改善による目のくまの解消に役立つと
言われていますが・・・。

カシスポリフェノールが目の下の血流を改善し、
目のくまが薄くなるためと考えられていて、
カシスポリフェノールが
視覚改善、眼精疲労の改善、血流改善にも
効果があるということで注目されています。

今日は、活性酸素の発生を防いで
メラニンの沈着を防ぐという部分を
考えてみたいと思います。

活性酸素は、目の下のくまだけではなく、
老化の原因
「活性酸素によって身体の細胞や組織が酸化して変質し、機能が衰える」
のではないかといわれています。

周辺の環境や喫煙、ストレスなど生活習慣が原因で
活性酸素が発生しやすくなることもあるので
注意が必要です。

その活性酸素の発生を防いでくれる食品をご紹介します。

のり類、わかめ、しその葉、パセリ
にんじん、小松菜やほうれん草
など青菜類、
かぼちゃなどのビタミンA(カロチン)。

えだまめ、さやえんどう、青菜類
ししとうがらし、カリフラワー
パセリ、キャベツ、トマト
にがうり、ピーマン、ブロッコリー
キーウイフルーツ、かんきつ類に
多く含まれるビタミンC。

小麦胚芽
植物油(ひまわり油、サフラワー油、綿実油、やし油など)
アーモンドなどの種実類に含まれるビタミンE。

うなぎ、レバー、のり類
そば、カシューナッツ、たらこ
すじこ、たまご、青菜類
納豆に含まれるビタミンB2。

その他、ミネラルも重要で
銅、亜鉛、マンガンが含まれた食品もお薦めです。

Sponsored Link





-美容
-,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.