ビタミンCの効果!サプリメントやローションと皮膚の美白との関係!

vitamin-c 美容
スポンサーリンク

ビタミンCの効果

ビタミンCの効果と言うと
風邪予防や美白効果などを
思い浮かべる人が多いでしょうが
ビタミンCは体内で作られない物質です。

そのビタミンCは体内に摂取することで
色々な物質の生成を助けたり効果を
より上げたりするために必要な物質です。

抗酸化ビタミンの代表でもあるビタミンCは
生活習慣病の原因にもなる活性酵素を除去して
心筋梗塞やガンや脳卒中になる事を予防します。

同じ様にガン予防としてビタミンCは
肝臓ガンや胃がんの原因と言われている
ニトロソアミンの生成を抑えて
抗がん剤のインターフェロンの生成を助けます。

またビタミンCの抗酸化作用は
メラニンの生成を抑えて排出を助け
シミやそばかすを目立たなくし美白効果があります。

人間の肌のハリつやや
軟骨などの成分であるコラーゲンは
ビタミンCによって生成が即され
ストレスを感じると抗ストレスホルモンを作って
対抗しようとしますが
その生成にもビタミンCが必要とされ
悪玉コレステロールをも減少させる効果があります。

私も貧血なので鉄剤を処方されていますが
鉄分の吸収を良くするために
ビタミンCの顆粒を一緒に飲むように指導されています。

 

ビタミンCローションとは

ビタミンCローションは
肌の活性化や保湿効果を
肌にビタミンCを浸透させることで
得ようとしています。

ビタミンCは摂取することで
肌の潤いなどを保つのに
重要な働きをする栄養素です。

そのビタミンCを化粧品として
外から補うことを目的として
最近では多くのメーカーからビタミンC配合の
ビタミンCローションが販売されています。

ビタミンCはそのままでは肌に浸透しにくいので
ビタミンC誘導体という形にしてから
肌に浸透させることによって
ビタミンCとしての役割をはたすようにしています。

ビタミンCローションの効果は
メラニン色素の生成や余分な皮脂分泌抑えて
メラニンを薄くし
ニキビを予防して肌のキメをととのえます。

またビタミンCはコラーゲンの生成を促すので
肌の水分を保ち老化をふせぎます。

皮膚科や美容整形の分野で
もビタミンCローションは注目されていて
高濃度のビタミンC配合ビタミンCローションや
より肌に浸透しやすい形にしたビタミンCローションが
処方されています。

 

ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体とは別名を
リン酸型ビタミンCと呼ばれ
厚生労働省が効果があると認めた医薬部外品とし
て販売することの出来る美白効果がある成分の一つです。

ビタミンCは安定が低い分子構造で出来ていて
肌に浸透しづらく
そのまま皮膚に塗ったりすると
ヒリヒリして皮膚トラブルを起こしてしまったりします。

そんなビタミンCを
肌へ効率よく浸透させるようにしたのが
ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は
肌に浸透した後に酵素反応でビタミンCに変化して
時間をかけてゆっくりとその効果が浸透していきます。

ビタミンC誘導体には
水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体と
最近注目されている新型ビタミンC誘導体の三種類があります。

水溶性ビタミンC誘導体は
即効性に優れ短時間で肌に浸透することが出来ます。

メラニンの出来るのを抑えながら新陳代謝を増し
メラニンの除去にも効果的です。

また皮脂分泌の抑制作用によって
肌をなめらかにする作用がありますが
逆に乾燥肌になったりして
元々乾燥肌や敏感肌の方や炎症のある方の使用には
注意が必要になってきます。

脂溶性ビタミンC誘導体は
高い濃度でも刺激が少なく真皮まで浸透し
水溶性ビタミンC誘導体よりも
皮脂膜や角質層などの肌の奥の方まで浸透していく
という性質があります。

また脂溶性ビタミンC誘導体のほうが
水溶性ビタミンC誘導体よりも効果の持続性や
保湿性もあり乾燥から肌を守ることも期待できます。

新型ビタミンC誘導体は
水溶性ビタミンC誘導体と
脂溶性ビタミンC誘導体の特徴をあわせもち
浸透性は水溶性ビタミンCの百倍と言われ
美白効果はもちろん長期間使用することにより
アンチエイジングの効果も期待されています。

 

ビタミンCとサプリメント

サプリメントは
合成サプリメントと天然サプリメントに分かれ
合成サプリメントは薬品などを化学合成して作られており
天然サプリメントは野菜や果実などをそのまま加工して作られており
ビタミンCもそのままの自然の状態で摂取できる天然サプリメントなので
毎日安心して飲むことができますね。

vitamin-c1

ビタミンCのサプリメントは
色々な成分の生成を助けるためにも
夜就寝前に服用するのが望ましいですが
一度に限られた量しか吸収することが出来ないで
尿として体外へ排出されてしまうので
一日の摂取量を少量に分け2~3回で飲むと効果的です。

その為出来るだけ長く
体内にビタミンCをとどめて排出されないようにする為にも
体内でゆっくりと溶ける
タイムリリース加工がされているサプリメントが良く
ビタミンCのサプリメントに
バイオフラボノイド配合されたものは
吸収率を高めるので
ビタミンCのサプリメントを選ぶ際には
タイムリリース加工とバイオフラボノイド配合のサプリメントを
選ぶことをお勧めします。

 

ビタミンC療法

ビタミンC療法
2005年にアメリカの国立衛生研究所の科学者が
高濃度のビタミンC点滴はガン細胞に対してだけ
選択的に毒性にとして働くという発表をしました。

ビタミンCは抗酸化作用を発揮する時に過酸化水素が発生して
血中に投与されると正常な細胞は過酸化水素を中和できても
ガン細胞は中和できずに死んでしまいます。

したがって高濃度ビタミンC点滴は
対ガン細胞には抗がん剤の様な働きをするということです。

しかしビタミンC療法は
最先端の抗ガン剤に代わる訳では無く
抗ガン剤を使えない人や
既に使っている抗ガン剤と併用して使うなどして
効果を得ています。

ビタミンC療法は
各ビタミンやミネラル類やアルファ・リポ酸などを入れた
高濃度のビタミンC溶液を作り
約2時間かけて点滴をし
これを週1~2回行い3ヵ月かけて効果を確認した後、
経験の有る医師の下に濃度や成分や続けて行くかなどを
調整していきます。

でもこの効果が期待出来るビタミンC療法も
腎臓機能の弱い人や透析中の人や
栄養状態が悪い人や脱水症状を起こしている人は
治療を受けることができません。

 

ビタミンC点滴について

ビタミンCをサプリメントで得ようとしても腸管で吸収されて
血液中のビタミンCの濃度はあまり上がりませんし
酸化されてしまい
ビタミンC点滴の様な効果は期待できないのです。

ビタミンC点滴は
静脈に直接ビタミンCを入れる治療法で
血液中のビタミンCの濃度が一気に上がって
短い時間で身体全体にビタミンCを行き渡らせることができます。

ビタミンC点滴に期待される効果として
病気の予防はもちろんのこと
今話題のアンチエイジング効果や疲労回復効果
そしてガン治療やウィルス感染症に対しても効果があり
沢山の人の病気回復の手伝いをしてくれています。

また血液クレンジングと呼ばれる
オゾン療法と併用して治療を行うと
より大きな効果をあげています。

このビタミンC点滴は
アメリカの科学者がビタミンCがガン細胞に対して
選択的に毒性として働くと衝撃的な発表をし
ガンの新たな補助的治療法として注目を浴びています。

 

ビタミンCとレモン

レモン100グラムに対して100ミリグラムのビタミンCが含まれていて
果皮に半分果汁に半分なので
皮ごと食べた方がビタミンCを摂るには効率がよいですね。

レモンの皮には
ヘスペリジンやビタミンEや
リモネンやシトラールなどの成分も入っており
ビタミンCとこれらの成分を一緒に摂ると
ビタミンCが驚きの5倍の効果を発揮するとか。

vitamin-c2

しかしなかなか
レモンを皮ごと食べることも少ないと思います。

私は良くレモンを砂糖漬けにして置いて日持ちをさせ
レモネードにしたり、紅茶に入れてレモンティーにしたり
そのまま食べたりして
皮も食べてビタミンCを補給しています。

レモンを砂糖漬けにする際に農薬が気になる人は
良く水洗いをしたりワックスなども塩でこすり洗いをしてから
熱湯にほんの少しつけて
冷水にさらしてから砂糖漬けにすると
農薬やワックスがレモンから取れて良いかもしれません。

それでもこだわりのある人は値段は張りますが
日本産の無農薬で見栄えを気にせず
ワックスを使っていないレモンを使用して
ビタミンCを摂ってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました