お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、ファッション等の色んな情報を発信します。

生活

超音波歯ブラシの口コミ情報

投稿日:2021年4月2日 更新日:

超音波歯ブラシで歯磨き

超音波歯ブラシが話題です。
歯ブラシの中にも、普通の歯ブラシもあれば電動歯ブラシもあります。

超音波歯ブラシが話題ですが、従来からの電動歯ブラシとはどう違うのでしょうか?
もっとも異なるところは、歯の毛先から超音波が出ているかどうかの差です。

ブラシの毛の動きは電動歯ブラシがブラシが動くのに対して、超音波歯ブラシは毛先が微振動して音波を発生します。

一番のメリットは、超音波が歯ブラシから出ることで、歯にブラシの毛が直接当たっていなくても超音波が出ている周辺の歯垢などの汚れも音波振動で取れる効果です。
さらに、超音波で細菌の群れを取り除く効果も期待出来ます。

音波歯ブラシと超音波歯ブラシを比較した場合、超音波歯ブラシの方が、細菌の温床になる不溶性グルカンを破壊出来る、軽くて静かである、歯磨き粉は一般のものを使用できるなどの優位点が目立ちます。
さらに、傷の治癒を助ける効果や、口内炎・歯周病の予防と治療に効果的であることなども普通の歯ブラシには難しいメリットもあります。

歯垢が良く落ちて、歯磨き時間も大幅に短縮でき、歯磨き粉も少なくて済む、これからの歯磨き習慣になりそうです。

歯ブラシは、毎日使うものですし歯をきれいにしておくことは衛生面だけでなく、容姿の面や口臭などにも繋がります。
コレが、日常生活の恋愛や仕事にも影響してくることだって考えられます。

だから歯磨きは大切ですし、歯ブラシ選びも大切になってくるのです。

又、人は食べ物を食べるときには歯を使います。
つまり、生きていくうえで、歯は大切なものなのです。

もっともっと歯の大切さを知り、キチンとした歯磨き方法や歯ブラシ選びを学ぶ事が必要ですね。

 

超音波歯ブラシのいろいろ

超音波歯ブラシの人気商品は、PUROプーロとウルティマです。
プーロは、毎秒120万回の超音波振動、ウルティマは毎秒160万回の超音波振動と振動数に違いがあります。
どちらも無接点充電方式で丸洗いもできる防水仕様がポイントとなっています。
充電方式は電池代の負担を考えればかなりお得で便利です。

丸洗いできるのは清潔に使うためには嬉しいですね。

他にも、エステナ、ソニックプラスなどの超音波歯ブラシも販売されていますが、ソニックプラスは電池式となっています。
気になる価格はネットショップで最安値が10000円前後、高いところだと18000円近くしています。
良く見比べて購入するようにしたいですね。

さらに交換ブラシの値段も400円から1500円とかなりのバラつきがあります。
ほとんどのメーカーはブラシの交換頻度を3ヶ月としています。
交換ブラシが何本かセットになった商品も販売されています。

当初、電動ブラシは手が不自由な人に対して開発された商品でしたが、楽に磨けて時間短縮が可能、というところから人気が出てきました。
それが進化したのが、超音波歯ブラシなのですね。

 

次に、超音波歯ブラシや音波歯ブラシの注意点についてお話します。

●磨きすぎはNG

機械で歯を磨いているので、磨きすぎには要注意です。
歯のエナメル質をはじめ、歯ぐきなどを傷つけるおそれがあります。

3分程度を目安と考え、必要以上に使用しないよう心がけましょう。
子供向けには、タイマ-で自動的に切れるものを選んであげましょう。

●歯磨き粉はつけない。

歯磨き粉の成分には、研磨剤が含まれているものが多く、機械や歯、歯肉に対して悪影響を与えることが多いので基本的には使用しません。
詳しくは製品の使用上の注意などを参照してください。

歯磨き粉を使ってよいと書いてあった場合でも低研磨剤と表示のあるものを選びましょう。

●ブラシの交換をしっかりと

ふつう歯ブラシと同じように、電動・音波・超音波歯ブラシにもブラシ交換が必要です。
製品の使用上の注意などを参考にして、歯ブラシヘッドの交換頻度をチェックして使用しましょう。

交換頻度は、メ-カ-により様々です。
メーカー指定の交換頻度を必ず守って下さい。

 

音波歯ブラシ選びに気をつけるコツとは、何でしょうか?
各メーカーの振動数などは、ほぼ同じようですが、振動の方向、幅、ブラシの形態、毛束カットに違いがあります。

振動の方向は、さまざま方向に動くことに越したことはなく、幅は小刻みにストロークが変化するもの、ブラシの形態は小さく、毛束カットは、力が均等にあたるよう極力フラットな形状のものが望ましいと考えます。

超音波とは人間の耳に聞こえる音域よりも高い振動数をいい、特殊ヘッドで発生する超音波はブラシの毛先先端にも伝わり、歯の表面に付いたプラークの付着力を弱めることができます。

音波ハブラシ同様、細菌の線毛を破壊し、細菌の構造にダメージを与えるといわれています。

超音波は骨や皮膚の創傷治癒を促進する効果が確認されているため、歯周組織の細胞を活性化させ、免疫力を高める効果があると言われています。

超音波は、歯周病の治りを促進し、予防的に働くことが期待されています。
しかし超音波そのものをブラシ毛先からほとんど振動しません。
ブラシのヘッド部分に超音波発生装置が内臓され、この超音波振動の効果を考えたというものです。
超音波歯ブラシとは、電動ハブラシに超音波発生装置を組み込んだものというイメージで考えるとよいでしょう。

ふつう歯ブラシと同じように、電動・音波・超音波歯ブラシにもブラシ交換が必要です。
製品の使用上の注意などを参考にして、歯ブラシヘッドの交換頻度をチェックして使用しましょう。

交換頻度は、メ-カ-により様々です。
メーカー指定の交換頻度を必ず守って下さい。

音波・超音波歯ブラシの購入を検討する場合は、機械本体の価格や性能だけでなく、替えブラシの費用も考慮して選んでくださいね。

 

電動歯ブラシと超音波歯ブラシとの違いについて

電動歯ブラシと音波歯ブラシとの違いは、振動のスピードが違うという点です。

1分間に5千回の振動をする電動歯ブラシは、手磨きよりも効率的に歯を磨くことができます。

しかし、音波歯ブラシは、3万回/毎分という高速振動で適切な場所に当てるだけで電動ハブラシ以上に簡単にプラークを除去することができます。

●電動歯ブラシは、毎分約 5,000回の振動
●音波歯ブラシは、毎分約30,000回の振動

手を振動させずにプラークを落とす機能を求めたものという点では同じ考え方ですが、音波歯ブラシの振動は、高速振動であり適切な場所に当てるだけで電動ハブラシ以上に楽に歯垢を落とせることが出来ます。

価格的には、電動歯ブラシと音波歯ブラシには、3~6倍程度の開きがあります。
電動歯ブラシのほうが手頃な価格です。

音波歯ブラシは、従来型の電動ブラシと同じ原理(回転運動や前後運動)です。
いわゆる機械的に歯垢(細菌)を取るものです。
違うところは、音波の高速振動によりブラシの毛先が接していない周囲2mmの部分まで汚れを落とすことができます。
同時に音波が口の中の細菌に直接作用して、頑固な細菌の連鎖、結びつきを破壊すると言われています。

 

電動歯ブラシは、ブラシの動きと機能によって大きく3種類に分かれます。

1)ブラシが電気で振動あるいは回転する狭義の電動歯ブラシ
2)ブラシが高速で振動する音波歯ブラシ
3)ブラシのヘッドから超音波の振動が発生する超音波歯ブラシ

こんな方に音波歯ブラシをおすすめします。

1忙しい、歯みがきに時間をかけたくない
2ブラッシングをうまく出来ない
3歯周病治療中
4つい力を入れすぎて磨いてしまう
5矯正治療中
6歯周病や歯槽膿漏を予防したい
7健康な歯を維持したい
8口臭が気になる
9歯を大切にしたい

音波ハブラシは、適切な場所に軽く当てるだけでプラークを効果的落とせるので、動きや力のコントロールがむずかしくなく、ブラシの毛先が届かなくてもプラーク除去効果のあります。

歯周病の方は、毛先の細かい振動が歯茎のマッサージになり、歯肉の細胞を活性化させて歯周病の治りを促進する効果も期待してよいでしょう。
また歯の着色汚れを気にされる方が増えています。
音音波ハブラシは、着色を落とす効果が期待できる点も見逃せませんね。
必要に応じてデンタルフロスや歯間ブラシ、プラウトなどを補助的に使いこなせるようになるのがよいでしょう。

音波歯ブラシと超音波歯ブラシは、歯と細菌のつながりを弱め、頑固な細菌の連鎖を破壊します。

しかし、音波歯ブラシでは、歯垢の一成分(不溶性グルカン)は、破壊されず、超音波歯ブラシだと可能になるという点が大きな違いです。
また、超音波は骨や皮膚の創傷治癒を促進する効果が確認されています。
歯周組織の細胞を活性化させ、免疫力を高める効果があると期待されています。

歯周病の治りを促進し、予防的に働くことが期待されていますので、余裕のある方は、「超音波歯ブラシ」をおすすめします。

 

電動歯ブラシ、音波歯ブラシは、単三電池か何か?それとも充電なのかという質問が多いです。

はい、これは充電式です。

電池を使っていたら、さすがに電池に必要となる金額もハンパじゃないでしょうね?
考えるだけで、大変です。

電動歯ブラシを充電するための専用の台があるので、そこに歯ブラシを立てて充電しておきます。

「充電器のバッテリーの交換は必要なのか?」

かなりの長い年月使っていたら、上手く充電が出来ないといった不具合が出て来る場合もあるでしょうが、基本的にはなかなか壊れません。
ウチの台座はかなり長い間使っていますが、まだ一度も不具合を起こしたことはありませんよ。

もし、すぐに壊れた場合、電動歯ブラシはれっきとした、電化商品なので、保障期間がついているでしょうから、交換してもらえば大丈夫です。

 

超音波歯ブラシの注意点について

超音波歯ブラシを使う上での注意すべきポイントにはどのようなことだと思いますか?

まず、気をつけたいことは磨き過ぎです。

普通の歯磨きでは10分以上磨いたほうがいい、とかよく聞きますが、超音波歯ブラシでは、磨きすぎると歯茎を傷つけることにもなりかねません。
1分から2分で十分に綺麗になります。

超音波の振動で汚れを落としますから、自分で力を入れて磨くのも注意が必要です。
超音波歯ブラシを当てているだけだと、歯を磨いている気がしないからという人も要注意です。
これも磨き過ぎになる原因のひとつです。

決められている使用期間を守ってブラシのヘッドは交換するのが大事です。
交換時期が過ぎていくと毛先が開いてしまい、奥までちゃんと磨くことが出来なくなるのでこまめに交換しましょう。

お風呂で歯磨きする習慣の人も多いようですが、念のため、超音波歯ブラシを入浴中に使うのはおすすめできません。
防水加工はされていても、湯船に落としたりすると壊れる可能性もありますし、電気製品なので感電の心配もあります。

-生活
-,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.