遺影写真って撮ってますか?亡くなる前に撮っておくって事もアリです

iei 生活
スポンサーリンク

遺影の写真って撮ってますか?

遺影の写真を既に撮っておられる方って、
果たしてどのくらいいらっしゃるのでしょうか?

私たちの普段の生活において
遺影とは殆ど縁がないものです。

逆に遺影とは縁がない方が・・・
とも思ってしまう事でしょう。

あなたは遺影写真を撮影されていますか?

あなたの笑顔。
きちんと残っていますか?

私の母が亡くなって
遺影をどれにするか選んでいる時の事です。

母の写真は殆どが笑っている写真でした。
笑顔ってヤツです。

その時に自分の写真を思い返してみたのですが、
若い頃はガンをつけている感じで睨んでいる写真ばかり。

結婚してからも子供が出来てからも
少しカッコつけた感じの写真ばかり。

驚くことに、笑っている写真は1枚も無かったのです。

それ以来、写真に写る時は
オーバーなくらいに笑顔になるように心がけています。

ただ、遺影写真は敬遠されがちです。

「遺影を撮る」と言う事に対して、
「縁起が悪い」と思われることが多いようです。

「遺影」じゃなくても
「遺影を意識した写真」も同じですね。

または「面倒だ」なんて思っていませんか?

あなたがここ最近で行かれた葬儀の事を
少し思い出してください。

遺影の写真を眺めて、故人を偲んだ事があるでしょう。

その時の遺影ってどうですか?

少しピンボケがかった遺影写真に
遭遇した経験があるはずです。

 

遺影の撮影

遺影は生前に撮影するべきなのです。

とはいっても、遺影とは通常、
故人の生前の写真の中から
最も適しているとされる写真を選んで
遺影にする事が多いです。

でも、先ほどもお話ししましたが、
あなたは過去に、故人のピンボケした遺影を
見たことはありませんか?

また、親類や家族が亡くなったとき、
遺影にする写真に困った事はありませんか?

ただでさえ突然の出来事の最中、
今までの写真の中から遺影に適した写真を選ぶなんて
簡単には出来ないものなのです。

もし、あなたが明日亡くなったら・・・

例えは悪いようですが、
明日に生きているという保証は
生きている限りは誰にもないのです。

もし、あなたが明日亡くなったら・・・
困るのはあなたではありません。

当然あなたは亡くなってしまったのだから。

困るのはあなたの家族や親類です。

あなたは大切な家族を困らせますか?

あなたは生前の笑顔を家族に沢山残していますか?

だから、遺影は生前に撮影しておくべきなのです。

あなたらしい、最高の遺影写真を残して損はありません。

iei

ここで遺影を撮るタイミングについてお話します。

タイミングというか、
年齢的なものもありますが
生前であれば何度でも遺影撮影は可能なのです。

あなたが年を取るにつれて、
必然的に死に向かって生きている事になります。

残念ながら、
わたし達は生きている限り年齢と共に、死に近づいており、
年齢と共に亡くなる確率が高まっているのです。

それは誰にも、どうする事も出来ないのです。

遺影写真を撮影する年齢は、
はっきりいって何歳であろうが関係はないのです。

最も、若いうちは死という事柄に対し
特に何も感じないでしょう。

事故や災害などで、
不慮に亡くなってしまうケースはありますが、
ご老人よりも確率は低いと言えるでしょう。

しかし、遺影の撮影で言えば年齢は関係ありません。

若いうちであれば、
例えば3年おき、5年おきに撮影し直す
といったことでもいいと思います。

ある程度の年を重ねたら、
年に1回は撮影してもいいのではないでしょうか?

何度も取り直す必要性はないのですが、
若いうちは結構大きな変化もあります。

年を取れば変化はないのですが、
逆に遺影撮影を行うことで
「まだ頑張ろう」
といった感情もわいてくるのではないでしょうか?

若い方も、ご年配の方も、
自分の遺影写真を見つめてみませんか?

「もっと頑張ろう」と思えるはずです。

ところで、撮影した遺影はどうするのか?

プロのカメラマンや撮影所で行った遺影写真はネガを保管するか、
デジタルであればCDロムに保存しておきましょう。

年に何度も撮影するのであれば、
特にプロのカメラマンに依頼しなくても良いかもしれません。

本来であれば、
きちんとした立派な写真が取れれば問題はないのです。

プロに依頼すれば、若干の費用もかかることはあります。

余裕があればプロに依頼してみましょう。

そうでなければ、
笑顔が沢山の写真をご家族と撮影してみましょう。

きっと、遺影写真を意識する事で
今までに感じなかった感情が芽生えてくるかもしれません。

 

遺影のサービス

プロの撮影士に依頼して遺影写真を撮影すると、
今までとは違った感じの写真になることは間違いないです。

また、プロのカメラマンには撮影した写真を
写真集のように編集してくれたり、
遺影を額に入れてくれたりするサービスもあるようです。

そこまでこだわる必要はないのかもしれませんが、
プロの撮影士に依頼すると
出来上がりというよりも写真写りが非常によくなります。

やはりプロですから、
笑顔も自然に引き出してくれるし
その笑顔が作られたものではなくなっています。

日常のたわいない写真でも遺影としては問題はありません。

少し余裕があれば、
一度プロの撮影士に依頼することも
いい思い出となることでしょう。

現在では撮影所で撮影した遺影を
その時が来るまで保管してくれるサービスもあるようです。

本当に便利な世の中になりました。

また、遺影はデジタル加工も可能で
少々移りが悪くても修正はしてもらえます。

出来れば修正の必要ないとびっきりの1枚を撮影できれば
問題はないですね!

また、遺影写真だけでなく、
メッセージや遺書も預かってくれるサービスを
行っている業者もあるようです。

お調べになれば分かりますが、
遺影に関するサービスは沢山あり、
遺影写真の撮影、遺影の額縁の販売、写真修正、
遺影についての様々なサービス・・・

色々とありますが、どれかに特化した業者よりも、
殆どが全てを網羅したサービスを扱っているようです。

あなたが亡くなって困らないように
色々と準備出来る世の中なんですね。

ただし、遺影を預けているのが
あなた自身しか知らないなんて事がないようにしましょう。

遺影を使用するのはあなたではなくあくまでご家族なのですから。

遺影の撮影や保管してくれる業者があるとお話ししましたが、
他にも思い出の写真をスライドショーとして
映像的に残してくれる業者もあるのです。

これはご近所の葬儀屋さんでも行っているところが
多くなっていているようです。

実際に、わたしの母が亡くなった時に葬儀場で、
スライドショーがスクリーンに映し出されました。

ものすごく心に残っています。

葬儀に参列してくださる方々にとって
あなたはどのくらいの印象なのでしょうか?

それは人それぞれですが、
人それぞれにあなたとの思い出があるはずです。

あなたも今までに撮影した写真を
振り返ってみてはいかがでしょうか?

このスライドショーは、
故人の家族が作成を依頼して作るそうですが、
もちろん生前にあなたが作成する事も出来るのです。

あなた自身で、遺影に使える写真が
はたして何枚くらいあるのか?

今すぐ思い出のアルバムを開いてみてはいかがですか?

 

生前に出来る準備

遺影の写真撮影とは少し離れますが、
あなたが生前に出来る事とはなんでしょう?

生前にすべき事は沢山ありますが、
その多くが遺族が出来る事でもあるのです。

あなたしか出来ない生前の準備。

例えば、遺影の撮影もそうですし、
遺言状を作成したりすることもあなたにしか出来ません。

遺言とは遺産や相続に関係していると思ってしまいますが、
「わたしには財産がないから・・・」
といって必要がないのでしょうか?

残された家族や親類にあてる最後の言葉になるのです。

特に遺産や相続に関係していなくても、
伝えておきたい言葉やメッセージを
遺言として残しておくことは大切ではないかと思います。

生前に出来る事・・・

生きている今は考えもしないことですが、
反対に生きているからこそ出来る事なのです。

これまでお話ししてきた遺影のお話しに限らず、
あなたが生前にしか出来ない事って他にはありませんか?

あなただけの為ではないのです。

これらは全てご家族やご親類など、
残される家族にあてた物なのです。

あなたがもし明日亡くなってしまったら・・・
果たしてご家族はどれくらい困ってしまうのでしょうか?

あるいは、あなたの大切な人が突然亡くなってしまったら・・・

遺影に限らず、
「あなたにしか出来ないこと」
それはあなただけでなく、
生きている他の人全てにも当てはまることなのです。

万が一に備えて、
久しぶりにご家族でカメラを持って
旅行にでも行ってみませんか?

きっとあなたもご家族も喜ばれるのではないでしょうか?

生きている今。
今出来る最高の笑顔を、
最高の遺影の為に残しておきませんか?

タイトルとURLをコピーしました