ブラックスーツを結婚式や葬式やビジネスごとにおしゃれコーデしよう

blacksuit 生活
スポンサーリンク

ブラックスーツとは?

ブラックスーツは最近になって
よく耳にする様になった言葉ですが、
なかなか馴染みのない言葉だと思います。

ブラックスーツとは簡単に言うと礼服の事で、
普通に着ているスーツとは違って
黒色を基調にした冠婚葬祭用に使われる礼服の事です。

ここ近年では
結婚式に呼ばれた時に着用するスーツは
礼服では無くなってきていますので、
どちらかと言えば葬儀やお通やなどでしか
着る機会はないのかもしれません。

しかしいざという時にブラックスーツが無いと、
非常に困ってしまう事になります。

1着持っていると非常に便利で使いまわしがきく
定番スーツですし、
着る人を選ばずしっかりとした印象をあたえてくれます。

また、着用するネクタイをかえるだけで
あらゆる場面で使えるのも便利です。

頻繁に使うものではなく
価格の高いものには抵抗がある方も多いですが、
紳士服のアオヤマやAOKIなどでは
リーズナブルな価格で手に入るブラックスーツもあります。

お通夜であれば
普通のスーツでも
構わないのかもしれませんが、
それでも辺りを見わたしてみると
礼服の方々が殆どなのではないでしょうか。

礼服スーツというのは
おもに冠婚葬祭の際に着用する衣服で、
フォーマルウェアなどと呼ばれることもあり、
その場の催しに見合った着方や種類があるものなので、
一口に礼服といってもいくつか種類がありますが、
ほとんどがスーツタイプのものを着る機会が多いでしょう。

伊勢丹や高島屋といった一流の百貨店でも、
そのような呼び名でご案内されていることがあります。

また礼服スーツは普通のスーツとは
生地や色が同じ黒でも微妙な違いがあり、
紳士服売り場に初めて買い物にくるお客さんの中には、
黒いスーツと礼服は何の違いがあるのか
といった質問をされる方もいるようです。

ブラックスーツと聞くと
黒いスーツと思ってしまいそうですが、
普通のスーツの場合は
ダークスーツといった呼び方をされるので、
それだと区別しやすいでしょう。

 

ブラックスーツとネクタイ

スーツとネクタイは、
着こなしやその場の催しにも
大きくかかわってくる組み合わせです。

例えばお通夜やお葬式なら
ブラックスーツにネクタイも黒、
結婚式なら白のネクタイが望ましいなどといった
場に応じた合わせ方があります。

もちろん、普通のスーツでも
ネクタイをおしゃれなもので組み合わせて
コーディネートとして楽しむ事も出来ます。

ネクタイのコーディネート知識があれば
スーツを着る事そのものが楽しく、
営業やプレゼン等で好印象を持たれることもあるのです。

ただスーツとネクタイを
どうやって合わせればいいかわからない方や、
どういった催しにど
んなスーツとネクタイをしていけば相応だろうか
といった方も多いのではないでしょうか。

わからなくても伊勢丹や
その他の百貨店の紳士服の売り場などで、
知識のある販売員なら用途やどんな色がスーツに合うかなどを
教えてくれるはずです。

礼服スーツくらいしかあまり着る機会がないという方なら、
黒のネクタイと結婚式用に
1つでもおしゃれなネクタイを持っていればいいかもしれません。

ラックスーツ ダブルスーツ

ダブルスーツをご存知でしょうか。

一般的にスーツと聞くと、
縦1列にボタンのついたシングルスーツを想像されるかたが
ほとんどではないでしょうか。

スーツにはダブルスーツがあって、
縦2列にボタンがついていて
コートのようなデザインになっているのが特徴です。

重ね合わせる部分がシングルスーツにくらべて
大き目な作りになっているため、
体格がよくシングルスーツだとしっくりこない方でも
格好よく着こなす事ができるのです。

ただ最近ではタイトなシルエットで着るスーツが
格好いいとされ始めたので、
ダブルスーツでもタイトなシルエットのものが
好まれてきているようです。

フォーマルスーツとしてもダブルを着る方が多く、
私自身お通夜やお葬式に出席した際には
ダブルのスーツを着た人を多く見かけました。

これはダブルの方がよりフォーマルな印象を与えるため
若い人よりも年を重ねた人が着ている事が多く、
ダブルスーツを着こなしている方は
どことなく威厳のある印象も受ける気がします。

メンズのブラックスーツ

男のスーツ姿は、
異性から見てもとても魅力的に見えるとよく聞きます。

しっかりとスーツを着こなしている男性は、
一人前の男のような感じさえしてきます。

地域によって違いがあるかもしれませんが、
成人式でも袴よりスーツを着ている新成人が
多くみられます。

そういった意味でも、
男性がスーツを着るのは
大人の男になる証という印象があるのではないでしょうか。

映画スターが格好よくスーツを着こなしているのを見ると、
男性のスーツは冠婚葬祭のマナーのものだけでなく、
おしゃれに着こなす楽しみもあると思ってしまいます。

最近ではAOKIのようなお手軽価格で
本格的なスーツが手に入る紳士服売り場も
多くなってきましたが、
高島屋のような有名百貨店には、
よく耳にするブランドもののスーツが並んでいます。

普段からスーツを着る機会がなく、
結婚式などの行事で
ブラックスーツをたまに着るといった男性でも、
ポケットチーフやネクタイひとつ変えるだけで、
とても好印象に着こなすことができるでしょう。

レディースのブラックスーツ

女性のスーツも個性があり、魅力的ですね。

スーツというと男性が着ているものを
頭に浮かべる事が多いかもしれませんが、
女性のスーツ姿も現代では当たり前になってきています。

冠婚葬祭はもちろんのこと、
リクルートスーツを着ている女性や
ビジネスシーンでは働く女性が増えると同時に、
スーツ姿の女性が男性と同じくらいの割合で
見かけるようになりました。

結婚式では、
女性は派手な衣装で出席するのが通説となっていますが、
最近ではブラックフォーマルのパンツスーツに
シャツやコサージュを華やかにして出席する女性も
増えてきています。

また女性の場合は
パンツスーツとスカートのタイプがあり、
スカートの方がよりフォーマルなため、
就職活動中の女性の場合はスカートのタイプで、
働く女性は機能性を重視して
パンツスーツを穿いている場合が多い傾向にあります。

お通夜ならリクルートスーツ等でも大丈夫ですが、
やはり周りは礼服を着ている人の方が多いはずです。

女性もブラックスーツを1組もっていると、
いざという時に対応できるでしょう。

 

ブラックスーツの通販

スーツの通販についてですが、
最近ではスーツも通信販売を行っていて、
実際に店頭で販売員の方に接客を受けながら
買い物するのが苦手な人や、
忙しくてお店に向かう時間がなかなか取れない方には
大変便利なシステムとなっています。

実際にお店に足を運んで試着をしない
とサイズが合わないのではないかと
不安に思うかもしれませんが、
サイズのガイドなどが
設けられているところもあるので、
お手持ちのスーツと比較したりすれば、
ご自宅にいながらも
自分に合ったサイズのスーツを手に入れられるのです。

コナカやアオヤマといった紳士服のお店ばかりではなく、
スーツ専門に取り扱っているスーツブランドも
スーツの通信販売を行っているので、
好きなお店やこだわりのある商品があるお店を
利用できるのです。

またアウトレット商品を取り扱っているところもあるので、
初めて利用するから不安な方や、
あまり使う機会がなく高価なものを
購入するのに抵抗がある方はうってつけです。

blacksuit

満足できる要素がたくさんあるだけに、
これからスーツを通販で購入するのが
ごく自然になってくるかもしれません。

そんな中、ブラックフォーマルの通販が
意外に人気のようです。

突然やってくるお葬式やお通夜に備えて、
必ずもっておきたいスーツがブラックフォーマルです。

突然のお知らせに急いで準備をするよりも、
あらかじめ礼服を持っているのも
マナーの一つと言えるでしょう。

しかしなかなか礼服を買いにいく時間が取れない方や、
初めてでお店には行きづらい方もいるはずです。

最近ではスーツの通信販売を行っているお店もありますが、
ブラックフォーマルも
もちろんそういったお店で取り扱っています。

紳士服専門店の通販でも礼服は取り扱われていますが、
ブラックフォーマルを専門的に取り扱っている通販店も
あるのです。

初めて礼服を購入される方にも、
わかりやすいようにデザインや用途を掲載していたり、
人気商品やロングセラーの商品を紹介していたりと、
お店によって特徴が様々です。

中には即日商品を発送してくれるお店もあり、
商品がお手元に届く早さも魅力の一つのようです。

購入した商品に合うネクタイやシャツ、
その他の装飾品を提案してくれるお店もありますので、
ご自宅にいながらお店にいるような感覚でお買い物ができます。

 

ブラックスーツのマナー

ブラックスーツのマナーってご存知でしょうか。

結婚式やお葬式などでは、
スーツの着方によっては
マナーの悪い身だしなみになってしまうことがあります。

せっかくしっかりとした印象に魅せるスーツでも、
着方が悪いとだらしがない人の様に
見られてしまうことがあるのです。

例えばお葬式やお通夜の場で、
派手な色のスーツやシャツを着ていたり、
ネクタイが奇抜な色だとあきらかに浮いてしまいます。

やはりそういった場では、
ブラックスーツの着用に加えて
ネクタイも黒が好ましいです。

就職活動時の大事な面接では、
シャツがはみ出ていたり
ネクタイがしっかりしまっていないなど、
着方のマナーがだらしないと、
マイナスなイメージしかありません。

結婚式では、披露宴に出席している友人をみて、
新郎新婦の普段の人柄がどんなものかを
判断する親族も少なくはありません。

礼服をしっかり着用するという事は、
自分だけでなく出席した場にいる関係者にも
いい印象をあたえる事になるのです。

時代の流れとともに、
オフィスでのスーツスタイルは
少しずつカジュアルになりつつありますが、
やはりふさわしい場には
マナーを守ったスーツの着方があるはずです。

ブラックスーツの着こなし

ブラックスーツの着こなしを意識している方は、
はたしてどのくらいいらっしゃるのでしょうか。

初めてスーツを購入した頃に、
少し似合っていないなという違和感を覚えて、
インターネットでいろいろとスーツの着こなしについて
調べた事があるのですが、
よくスーツは肩できるという言葉を目にしました。

それだけ肩のサイズはスーツを着る際や
オーダーメイドを作る時の採寸に
重要なものなのでしょう。

高価なスーツを買ってもサイズや着こなしが悪いと、
まるでスーツに着られているようで
格好悪く見えてしまいます。

逆の言い方をすると
アオヤマやコナカといったお店で
お手頃価格で売られているスーツでも、
着こなしさえよければ
格好よく見えてしまうものなのです。

時代によってサイズ感はそれぞれ違うのですが、
最近はジャストなサイズ感や
細見のスーツなどが流行だと言えます。

その証拠に、
スーツの専門店や百貨店の紳士服売り場を覗くと、
タイトなシルエットのスーツを取り扱っているコーナーが
設けられているところがほとんどなはずです。

サイズももちろん、
シャツやネクタイとの相性を考えた着こなしで、
格好よくスーツを着用できるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました