爪の異常や水虫と白癬の違い!症状と原因と治し方を知り健康生活実現

mizumusi 生活
スポンサーリンク

水虫と白癬

水虫白癬というのをご存知ですか?

皮膚感染症の一つである白癬は、
水虫にも大いに関係があるようです。

そもそも水虫と呼ばれている症状には、
皮膚に白癬菌というのが浸食することにより
起きるものです。

水虫は経験した事のある人にしかわからない
痒みと苦痛を伴います。

その皮膚に炎症を起こす原因となる
白癬菌というのをどうにかしないと、
水虫の症状はよくならないのです。

白癬菌は季節や環境などによって
感染しやすくなるので、
白癬菌が感染しにくくなるような、
足や皮膚の環境を作るのが大事でしょう。

水虫の原因である白癬菌は高湿度を好むので、
季節だと梅雨のような湿気た時期が
特に注意が必要になります。

また靴を履く方が多いと思いますが、
長時間履いていると白癬菌は活動が活発になるので
水虫になりやすくなるでしょう。

足の環境を不潔にしていると
水虫になるというイメージが強いですが、
そこに白癬というのが深く関わっているようです。

 

水虫の皮膚について

水虫の皮膚について知っている方は、
水虫の症状を経験した方が多いと思います。

皮膚の構造は思ってたより何層にもなっていて、
私たちが普段目にしている皮膚からは
想像できないくらいの作りになっていると感じました。

水虫はその皮膚にできてしまう病気なので
皮膚の構造を知るというのは、
水虫の対策に繋がるのかもしれません。

水虫に悩まされている人は
私のまわりにも沢山います。

不潔にしているとなる病気というイメージが強いのですが、
実際は清潔にしていれば安心と言える程
簡単なものなのでしょうか。

水虫が皮膚の病気なら、
治療は薬を塗るだけで治りそうな感じもします。

実際、水虫用の皮膚に塗る薬やスプレーなども
薬局で売られていますよね。

しかし水虫のような症状が皮膚に出ても、
それが水虫なのかは判断しにくいと思います。

皮膚に出る症状で
水虫の特徴によく似たものもあるようなので、
皮膚の皮がむけたり痒くなったりというだけで、
一概に水虫とは言えないのではないでしょうか。

 

白癬の症状

白癬の症状ってどんなものか知っていますか?

白癬と聞くとなかなか馴染みのない言葉かもしれませんが、
足にできる白癬の症状は水虫と呼ばれるもので、
誰もが知っていると思います。

白癬は皮膚感染症の一つで、
皮膚に感染すると炎症を起こして
痒みや痛みを伴うという症状が出ます。

私は白癬って足だけに症状が出るものだと思っていたのですが、
足白癬だけでなく
手や体部、頭部にも感染する場合があるのです。

身体のあらゆる所に
白癬は感染する可能性をもっているので、
足だけだから大丈夫と安心はしていられません。

足以外の部位でもやはり白癬の症状には
強い痒みを伴うというのが特徴のようで、
皮がウロコ状にはがれたりもします。

足白癬という症状がほとんどなので、
水虫という言葉で多く知られていますが、
身体の他の部位に症状が出ないように清潔にして
早めに足白癬を治療する事が大事なのではないでしょうか。

白癬と思われる症状が出たら、
早めに対処したほうがいいと思います。

 

白癬の治療と治し方

白癬治療ってどのように行うのでしょうか。

白癬に気づいたらすぐに治療を始めた方がいいと思いますが、
白癬の治療は時間がかかるのか、どんな方法があるのか、
お金はかかるのかといった疑問があるのではないでしょうか。

白癬治療と聞くとなんとなく大げさに感じるかもしれませんが、
足の白癬の場合、要は水虫の治療ってことですよね。

そう考えると白癬の治療には
外用薬のようなものが薬局に売っているのではないでしょうか。

mizumusi1

クリームや軟膏やゲルといった
それぞれ特徴のある白癬に効果のある治療薬があると思いますが、
白癬の治療に利用している人って多いと思います。

また白癬の治療には内服薬もあり、
外用薬にはない治療効果や特性があるので、
自分にあった治療法を選ぶといいと思います。

白癬に気づいても
もしかしたら確実に白癬だとは
判断しづらい場合もあると思います。

勝手に判断して治療を行うよりは、
やはり皮膚科に相談してから
白癬治療を行った方がいいのではないでしょうか。

 

爪と白癬

爪と白癬ってどんな関係があるのでしょうか。

爪水虫というのを聞いたことがあると思いますが、
爪白癬というのが爪水虫にあたるものです。

爪白癬は普通の足白癬とは違い、
進行していると完治が困難になる場合があるので、
爪白癬の特性を知り早めの発見や治療が大事だと思います。

爪白癬は手足の白癬の進行で、
爪に白癬菌が浸食して起こるというケースが多いようです。

爪自体が白癬菌に感染している状態で、
内部まで爪白癬が進行すると
自分だけでは治療を行って完治するのは難しいので、
非常に恐ろしい病気ではないでしょうか。

mizumusi2

通常の水虫の対策には
市販の外用薬が沢山あると思いますが、
爪白癬の場合は外用薬では
完治は難しいとされています。

内服薬が必要になるため、
爪白癬にかかると皮膚科や専門医というのは
必要不可欠なのかもしれません。

手足に白癬が見られていて、
なかなか治療が進んでいない方は、
爪白癬にまで進行しないように
迅速で適切な対処が必要なのではないでしょうか。

 

爪の専門医

爪の専門医があるのをご存知でしょうか。

意外と知られていないだけで、
爪には色んな病気があるようです。

爪に白癬菌が浸食して起こる爪白癬や、
皮膚に爪が食い込んだりする巻き爪など、
病気の種類や原因は様々です。

非常に爪の病気や症状が多いため、
爪の専門医がいると安心だと思います。

私も爪の症状って普段意識していなかったので、
いろんな爪の病気を知って、
もしも爪に症状が出てきたら
病院のどこの科に向かえばいいのだろうと
疑問に感じていました。

皮膚科というのも思いつきましたが、
その中でも爪の専門医というのがあるとは
思いもしていませんでした。

爪の専門医には
巻き爪の矯正を専門に行っているクリニックも
ありました。

爪のトラブルには思いがけないような症状もあるので、
爪の専門医がいれば
得体のしれない爪のトラブルで悩む事はないはずです。

実際に爪に何らかの症状が出ている方は、
一度爪の専門医に相談してみた方が
いいのではないでしょうか。

 

爪と健康

爪と健康って
体の状態を見る事ができるのをご存じでしょうか。

爪の色やつやを見る事で、
体の健康状態がわかるというのを
聞いたことはないでしょうか。

例えば爪の色の変化で
甲状腺の機能や血液循環がわかるというのです。

爪って普段は爪を切る時くらいしか
気にしない部位だと思います。

女性は爪をお洒落の一つとして
マニキュアなどを塗ったりしていますが、
爪と健康というのは
意外にも関係しているようですね。

爪には色んな病気もありますし、
爪のツボというのもあります。

さらには爪の健康を左右する食事というのもあるので、
皮膚や髪の毛などと一緒で
体の機能として大きな役割をはたしているのでは
ないでしょうか。

爪にいい食品というのは
体の健康にもいい食品ばかりなので、
爪の健康というのは大事だと思います。

爪が欠けやすかったり、
割れやすいというのであれば、
身体の健康に必要な栄養が
不足しているのかもしれません。

爪には健康を維持するための
信号の役割があるのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました