お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、健康等の色んな情報を発信します。

生活

卒園式の準備や服装について

投稿日:2021年3月16日 更新日:

卒園式と卒園記念

卒園式は毎年恒例の行事ですが、卒園するお子さんにとっては一生に一度の経験です。
また最近の少子化で核家族化も進んでいますので、親にとっても一生に何度も経験が出来る行事ではありません。

入園したてのお子さんは、あっという間に卒園式を迎えたのではないでしょうか。
時間はあっという間に過ぎ去っていきますが、その卒園式の思いではずっと心に残しておきたいものです。

卒園式では色々な思い出がよみがえってくるものでもあります。

まだ幼かったわが子が、お世話になった園を巣立っていく瞬間ですから、お子さんの成長の証でもあるのではないでしょうか。

よく卒園式等で最近流行のビデオカメラを録画している方が多くなりましたが、出来ればちゃんと肉眼で脳裏に焼き付けてあげてください。
記録も大切な事ですが、親としても記憶が大切になる時も必ずやってきます。

今では卒園の動画を撮ってくれる園もあるそうですので、もしあなたのお子さんが通われた園にもあれば重宝しますね。

卒園式は一生に一度か、あるいは数回しか経験をしない、わが子の成長の瞬間です。
しっかりと見届けてあげる事が大切だと感じます。

卒園式には卒園記念として記念品を贈呈する園が多いとは思いますが、園からだけではなく例えば母の会などからでも贈呈する事が多く、そういった場合には何を贈ろうかと迷ってしまうこともあると思います。

私の記憶では、たしか卒園記念に金色に輝く卒園メダルをもらった記憶がありますが、今ではどこに行ったのかも分からないくらいです。

今の卒園記念品として多いものは、小学校に入学してからすぐにでも活用出来るようなものが選ばれているようで、例えば鉛筆削りや筆箱、あるいは防災頭巾やシューズケースなど、ネームを入れてから卒園記念に贈答される事が多くなっているとの事です。

確かに私の時代では、そんなにものに溢れていませんでしたし、金色のメダルを貰って無くすよりも、すぐに小学校に入学してから活用が出来るものの方が貰ったほうもありがたみを感じるような気がします。

また最近ではネームを入れることを嫌う親が多いようで、万が一離婚をしたらなんて考えているようですが、そのような意見はごく少数の意見だと思います。

せっかくの記念品ですから、色々と調査する事も必要になってくるのかもしれませんね。

 

卒園式の衣装

卒園式のスーツにはどのような感じのスーツがよいのでしょうか。

卒園される園によっても違いますし住んでおられる地域にもよるでしょうが、多くの卒園ではブラックフォーマルが主流となっているようです。

卒園される園児の親や、園の先生方もブラックフォーマル一色に統一される事が多いようですので、ちょっと明るめのスーツで卒園式に参加すると浮いてします可能性もあります。

もしあなたのお子さんが卒園する際に自分の園の風習が分からないようでしたら、園の先生に聞いてみるか、あるいは仲の良いママ友さんに聞いてみましょう。

卒園するのは園児ですし、親がどんな格好をしていても関係はないのかもしれませんが、これから同じ小学校へ入学する親がいらっしゃったり周りから白い目で見られるのも嫌な事だと思います。

別に浮いても構わないと思われる方は大丈夫でしょうが、なかなかそんな度胸のある方も少ないでしょう。

またブラックフォーマルが主流のようですが、女性は胸にワンポイントのコサージュなどをつけるようです。

ぜひここでちょっとしたオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか。

コサージュひとつにしても、真っ白な生花のコサージュはブラックフォーマルに映えますし、上品にも見えますのでお勧めです。

男性はぜひ上着のポケットに真っ白なチーフなどを利用してお祝い事として映えるようにしてみましょう。

 

卒園式のアルバムやメッセージ

卒園アルバムは園児に贈る最高の思い出の品になると思いますし、園の先生や保護者から贈るもので一生の思い出の品になるのではないでしょうか。

それだけに当然、適当に作ってしまう訳にも行きませんし費用をかければそれなりに出来ますが、なかなかその費用を捻出するにもかなりの労力が必要になったりもします。

また園にもよりますが、卒園アルバムは業者ではなく保護者の有志を募ってから作成される場合もあり、その場合は自分のお子さんの写真と作成者側のお子さんの写真の写り具合でもめてしまうケースも少なくないようです。

いっそのこと、全ての卒園アルバム作成を業者に依頼してみる方法もありますので、費用等に問題がなければ色々な問題を抱え込むよりも簡単に作成が出来ますのでお勧めです。

オフセット印刷やオンデマンド印刷などでも仕上がりは違ってきますし、高画質で長持ちする方が卒園アルバムに向いていますので色々な業者を調べながら、お気に入りをピックアップして見積もりをしてみると良いと思います。

手作りの卒園アルバムを作成されている園も多いようですが、卒園アルバムを作成するには、やはり一部の保護者がメインになるのではないでしょうか。

保護者側が有志を募って手作りのアルバムを作成する園が多いようですが、その表紙にはお子さんが自ら書いた絵などの作品をコーティングして表紙にしていたりとユーモアにとんだ手作りの卒園アルバムも多いようです。

まず手作りのアルバムを作成するに当たって必要な事は、どのようなアルバムにするのかを決める必要性があります。

そしてその決まった手作りアルバムを実現させるために必要な段階を区切って考えて、そしてその段階ごとにかかる日数と費用と
人員等を考えていくと良いのではないでしょうか。

インターネットで検索してみても、自作の卒園アルバムに関する情報も豊富にありますし色々な業者の口コミ情報もありますので、まずはしっかりと情報収集からはじめてみた方がイメージしやすいかもしれませんね。

卒園するこども達にとってみれば一生に一度の思い出に残るものになりますので、しっかりとプランを立てて手作りの卒園アルバムを完成させましょう。

卒園メッセージや卒園式の謝辞を行なう事になった方にとっては色々と考えたるする事も悩みの種で、かなりの神経を使ってしまうものではないでしょうか。

たった数分間の謝辞や祝辞であっても、そう簡単に文面は出来ませんし、ちょっとしたメッセージだけでもいいのですが、なかなか周りの期待もあったりしますので適当に作ってしまう事は出来ないと思います。

卒園メッセージを送ったり謝辞や祝辞を行なうのは、保護者だけでなく園の先生や園長先生であったり、あるいは地域を代表する来賓や保護者の代表であったりと、それぞれに背負っているものも違ってきますので緊張してしまうものです。

卒園のメッセージが文面で贈るメッセージの場合であれば、それほど考える事もなく、自分の思いをメッセージにするだけで簡単に作成出来るのでしょうが、これを大勢の前で発表するとなると、ちょっとそう簡単にもいきません。

しかしそれ程に深刻に考える必要もなく、深刻に考えてしまうと形だけの謝辞になってしまいます。

まずは自分の伝えたい気持ちや心境を文面におこしてみることから始めてみましょう。
そしてそれに訂正を加えながら、自分で実際に声に出して読んでみましょう。

卒園メッセージや謝辞で大切な事は、謝辞を行なう時間を計算して文面を作成しなければならない事です。

 

卒園式の思い出

まずは、卒園式の歌と聞いてあなたはどんな歌を連想しますか?

人それぞれに思い出の歌があったり、あるいは今流行の卒園式に合ったような歌だったりと、卒園式の歌と言っても思いはひとそれぞれではないでしょうか。

卒園式の歌として定番とされている歌があるそうで、「旅立ちの日に」という歌だそうです。
わたしは卒園式で聞いた記憶はありませんが最近では流行なのでしょうか。

また保育園や幼稚園でよく歌われている卒園式の歌は、「おおきくなっても」という歌だそうです。

中山讓さんの歌で、ユズリンと呼ばれている中山讓さんの「ユズリン教室の歌ベストソング2」にこの曲が入っているそうです。

その他にも調べてみると沢山の卒園式の歌や卒業式の歌があるようですが、私が見たところ全く知っている歌がありませんでした。

時代が変わったのでしょうか、それとも歌を聴いてみるとひょっとしたら知っているかもしれません。

卒園式の歌に迷ったら、自分の記憶を思い出してみるのも良いかもしれませんね。

 

思い出作りのため、卒園式のDVDを作成している園や保護者もいらっしゃるようで、オリジナルのDVDが完成すると貰った方もちょっと嬉しい気持ちになりますね。

もちろん費用がかかりますから全くの無料という訳にもいきませんし、自分で卒園式のDVDを作成しようと思うと思った以上に費用がかかってしまう事があります。

卒園式だけでなく、卒業式やイベントごとに関して、沢山の業者が写真やビデオから思い出に残るような記念のDVDを製作してくれるものです。

これをいち個人でDVDを作成しようとすると費用が膨大になりますが、多くの人数で共有して作成する事で一人数千円から作成が出来るようにもなります。

またジャケットもオリジナルで作成が出来ますし、編集もきちんとした業者を選べば感動するくらいキレイに編集等を行なってくれます。

私は試しに自分の自宅でオリジナルDVDを作成してみた事があるのですが、時間もかかりますし、それなりに費用もかかってしまいます。

また編集に関する知識があっても、それを実行するだけのツール等がないので、まずはそこから始めなければなりません。

自分自身がやってみて感じた事は、本業に頼んだ方が断然早くて出来栄えが良いという事です。

ただし費用がかかりますので、卒園式を迎えられた園児の保護者を募ってみて共同で製作をすれば費用も比較的安価ですみます。

あなたも一生に一度のお子さんの晴れ舞台をDVDに収めてみてはいかがでしょうか。

-生活
-, ,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.