お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、ファッション等の色んな情報を発信します。

生活

こたつ布団の洗濯方法と、こたつ布団の選び方や保管について

投稿日:2021年3月11日 更新日:

こたつ布団の洗濯方法

こたつ布団は冬になると欠かせないものです。

温暖化であったり暖房設備が充実している現代社会なのでこたつが減ってきたとはいえ、やはり日本の冬といえばこたつが連想されますね。

こたつはこたつだけでは機能せず、こたつ布団が欠かせない存在になっています。
こたつ布団がなければ、こたつに入っても当然暖まることは出来ませんし、こたつ布団がこたつに合っていないと暖房効果が薄れてしまう事もあるくらいです。

一人暮らしのこたつには正方形のこたつとこたつ布団を用意したり、家族が団欒する大所帯の家庭であれば長方形の大きなこたつとこたつ布団を準備しなければなりません。

こたつ布団ひとつにとっても素材であったり形状であったり、こたつ布団の良し悪しで暖房効果や見た目も変わってくるものです。

たかがこたつ布団だと思わずに、冬に欠かせないインテリアのひとつとして素材やデザインなども考慮してこたつ布団に目を向けてみましょう。

 

そんなこたつ布団の洗濯方法ですが、まずはご自宅で洗濯が出来る大きさかどうかで分かれると思います。

ご自宅で洗濯が出来る程のこたつ布団であれば洗濯機で洗えますし、大きすぎる場合はコインランドリーで洗濯をする事になります。

ご自宅の洗濯機の洗濯槽にパンパンに詰めてしまっては洗濯されていないのも同じになりますので、よほど余裕がある場合でなければコインランドリーに持って行って洗濯をした方が良いと思います。

洗う前には洗濯の表示を確認しましょう。

中綿がポリエステルなどで水洗いが出来るこたつ布団であれば洗濯は可能ですが、洗濯機でなくてもご自宅で湯船等につけて足で踏んでもみ洗いする事も出来ます。

表示マークにドライマークがあり、水洗い不可の場合にはクリーニングに出さないといけませんので、こたつ布団を購入する時に
注意して買った方が良いと思います。

安いこたつ布団を買ったのにクリーニング料金が高くついてしまう事もありますので注意しておきましょう。

 

こたつ布団の保管について

こたつ布団の保管もどうしたら良いか迷ってしまう事が多いのではないでしょうか。
こたつの時期が終わるとこたつ布団を洗濯しますが、皆さんはどうやってこたつ布団を保管していますか。

今ではインターネットショッピングでもある、「こたつ布団収納袋」が売られています。

出し入れも楽チンですし強度もありますので、こたつ布団を折りたたんでそのままこたつ布団を収納出来るといった優れものでもあります。

価格帯は収納するこたつ布団の大きさによってもまちまちですが、通気性と防水性の優れたものでも僅かな金額で購入が出来るので、ご家庭では重宝すると思います。

またその他にもクリーニング店などでも預かってくれるオプションがあります。

ご自宅でこたつ布団を収納出来るスペースが無い場合には、いくらこたつ布団収納袋を買っても収納出来なければ意味がありません。
ご自宅に押入れ等が無いのであれば来シーズンまで預けておく事も出来ますので、ご近所のクリーニング店などで聞いてみては
いかがでしょうか。

こたつ布団カバーはこたつの時期には数種類を準備しておきたいものですが、なかなか沢山は購入する事は無いと思います。
こたつ布団には出来るだけ汚れを防ぐためにもこたつ布団カバーをするようにしましょう。

お部屋のインテリアにマッチしたこたつ布団カバーを2,3種類持っておくと、こたつ布団カバーだけを定期的に洗濯が出来るので重宝すると思います。
また汚れが目立たない色合いや、お部屋の雰囲気に合わせてこたつ布団カバーを選ぶのが良いと思います。

数年間洗って使いまわせるくらいのグレードの高いこたつ布団カバーや、毎年使い捨て感覚のこたつ布団カバーも格安で販売されているので、インターネットショッピングで検索してみてください。

最近人気のニトリやベルメゾンなどでも沢山の種類のこたつ布団カバーがありますし、同じ種類で色が豊富に揃えられているものもあります。

またご自宅のこたつに合わせて丸型のこたつ布団カバーや長方形のこたつ布団カバー、あるいは正方形のこたつ布団カバーなど
種類も豊富にありますので色々と調べてみてあなたの気に入るこたつ布団カバーを探してみましょう。

 

こたつ布団の選び方

こたつ布団のサイズ選びのコツですが、一般的にはサイズを測らなくても済むように、こたつとこたつ布団のセット販売が主流となっています。

しかしこたつ布団は汚れてしまうものですし、誤って破れてしまったりあるいは煙草で焦がしてしまう方もいらっしゃいます。

こたつ布団だけを購入する際には、こたつのサイズを測ったうえで、そのこたつのサイズに合うこたつ布団を探さなくてはいけません。

一人暮らしの方であれば恐らく正方形のこたつが多いと思いますし、ファミリーのリビングにあるこたつは恐らく長方形のこたつが多くなります。
また女性はインテリアのひとつとして丸型のこたつとこたつ布団かもしれませんし、こたつやこたつ布団を改めて見てみると、それぞれに違いが分かってくると思います。

こたつ布団のサイズを選ぶ際には大きくてもはみ出したこたつ布団の端が邪魔ですし、誤って踏んで滑ってしまう可能性もあります。
逆にこたつ布団のサイズが小さいと保温効果が薄れてしまいます。

正方形のこたつや丸型こたつの場合、こたつ布団のサイズを選ぶ際には、ご自宅にあるこたつの天板の両端の長さ+こたつの足の長さX2は最低必要となります。
この長さを測って、それよりも少し長めのサイズを購入するようにすると良いでしょう。
長方形のこたつでは、天板の長さに注意してこたつ布団を購入しましょう。

こたつ布団は円形のこたつの場合であれば正方形のこたつ布団を購入するのではなく、ちゃんと丸型のこたつ布団を購入した方が
良いと思います。

一昔前までは、天板が丸型のこたつが流行った時期がありましたが、こたつ布団は丸型のものが少なく、こたつ布団は正方形のものをセットで販売されていたり別に購入していたように思います。
今では丸型のこたつ布団は沢山ありますので、ぜひ丸型のこたつ布団を準備するようにしましょう。

丸型のこたつに対して正方形のこたつ布団をしようすると正方形の四隅がはみ出るようになりますから、踏んづけてしまう可能性があります。
冬場は自宅でも靴下を履いていますしサテン調のツルツルしたこたつ布団だったりすると、踏んだと同時に滑ってしまう可能性もありますし実際に経験した事もあります。

冬場はこたつで鍋物をしたりする事もありますし熱い物がそばにある冬場に、こたつのそばで転んでしまうと思いがけない怪我にも繋がる可能性があります。

ちょっと大げさのようですが私も実際に経験していますので、丸型のこたつであればこたつ布団も丸型を購入するようにした方が良いと思います。

こたつ布団は長方形のものであれば、かなり選びがいがあるのではないでしょうか。
丸型のこたつや正方形のこたつも多くなりましたが、やはりご家庭で使われている多くのこたつが長方形になると思います。

長方形のこたつでも最近では足が高いものもあり、リビングに普段からある食卓にこたつ布団がかけられるタイプのものも出ていますので、かなり便利になった気がします。

そのせいもあって、こたつ布団にも色々な大きさのものが売られるようになり、以前から定番の長方形のこたつとこたつ布団だけではなくなり購入する側も迷ってしまう事になりました。

それでもやはり定番は長方形のこたつ布団とこたつが主流ですので、最も選びがいのあるもので沢山の柄や色合いが準備されています。

ぜひご自宅やあなたのお部屋に合った長方形のこたつ布団を選んでみましょう。

 

こたつ布団の通販

こたつ布団通販で人気の商品と言っても、こたつ布団自体が豊富な種類や形状もありますし価格帯もまちまちなので、どれが人気商品であるかはちょっと難しいお話しですね。

こたつ布団通販で人気のショップと言えば定番ですがニッセンのオンラインショップ、ディノスのオンラインショップ、ベルメゾンのオンラインショップ、セシールのオンラインショップと通販業者が人気を独占しています。

他にもインターネットで商品を検索するのであれば、有名な楽天市場でこたつ布団を検索すれば沢山出てくると思います。

インターネットで手軽にこたつ布団が買えるのはとても魅力ですが、物が手元に無いだけに失敗する事もあります。

その点で言えばニトリや無印良品などは店舗がありますので一度店舗へ足を運んで、どのような商品がありどのような肌触りなのかを確認する事も出来るでしょう。

店舗に行くのであればそのままこたつ布団を購入しても良いのですが、同じ素材で同じ形状のこたつ布団がインターネットショップで検索すると格安で手に入る事もありますので、時間に余裕があれば色々とこたつ布団を探してみると良いと思います。

こたつ布団激安情報はインターネットならではの情報源だと思います。

店舗でこたつ布団を購入するよりも、はるかに激安でお得な商品が沢山ありますので時間がある限り検索してみるのも良いと思います。

こたつ布団の激安に限らず、インターネットショップは激安のものが多く、普段では手に入らないようなアウトレット商品なども
沢山ありますので、こたつ布団を買うつもりが買い物カゴが一杯になってしまう事も多々あります。

こたつ布団を店舗で購入する場合、自分でもって帰るといった手間がありますし、無料で配送してくれるところは少ないです。

その点でいえば、インターネットショップは送料無料でこたつ布団が手に入りますし、多少の送料を支払っても激安のこたつ布団を購入した方がはるかに安上がりになるケースが殆どです。

商品も豊富にありますし、インターネットでのオンラインカタログが充実したオンラインショップも沢山登場していますので、使い慣れるとストレス無くお買物が出来ます。

-生活
-, , ,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.