産業カウンセラー資格は仕事や就職に有利!難易度と通信講座の費用は

sangyocounselor 生活
スポンサーリンク

産業カウンセラーと資格について

産業カウンセラーとは
一体どんなものでしょうか?

あまり頻繁に聞く言葉ではないですよね。

カウンセラーというだけあって、
実は心理職の資格のようです。

しかも心理学関連の資格の中では、
結構知名度は高い資格の1つようです。

主にどんなことをするかというと、
人間関係に対する援助や
メンタルヘルスに対しての援助という事ですが、
今一つ明確にイメージできないように思えます。

ただ実際に学科試験や技能試験まで存在する
れっきとした資格なのです。

産業カウンセラーの養成講座なども設けられているみたいで、
産業カウンセラーの資格を取得したいと希望する人は多い様です。

まだあまり日本ではセラピストやカウンセラーといった
心理的な援助に対してなじみが薄いように感じます。

しかし実際に相談にのってくれたり、
精神的な癒しが必要な人は
沢山いるのではないでしょうか。

産業カウンセラーとはどんなものか知ってみると、
資格取得までの道のりも緩やかであるそうで、
これから取得する人が増えてくるのではないかと
感じる部分がありました。

産業カウンセラーの資格までの道のりは、
他の心理学関連の資格に比べてみると
意外にも緩やかに感じました。

そう思った理由は学歴不問という点と、
最短なら半年間で資格を取得できるといった点です。

カウンセラーと聞くと、
とても難関で狭き門のような感じはしませんか。

でも取得のための条件を知ると
そこまで難しいと感じる方は少ないはずです。

ただ実技試験や学科試験もあり、
他の資格と同じように資格を取得するにあたって、
ちゃんとした知識が必要ではあります。

産業カウンセラーの資格の取得を目指す方のために、
産業カウンセラーの講座が開かれているのですが、
こちらも受講するに当たってとくに資格はなく、
誰でも参加する事ができるようなのです。

カウンセラーやセラピストといった職業は、
ストレス社会とまで言われる日本には
本当に必要なものだと思います。

あまり知られていないようで、
実は産業カウンセラーを必要としている人は
多くなってきているのではないでしょうか。

 

 産業カウンセラーの通信講座

産業カウンセラーの通信講座

産業カウンセラーの通信講座が存在するのはご存知ですか?

産業カウンセラーの資格をとるためには、
やはりそれなりの知識を得るために勉強が必要ですよね。

でも働きながら
産業カウンセラーを目指している方が多いようなのです。

そういった方の中には、
養成講座に通いたいけど
時間がとれないといった方もいますよね。

そんな方のためにうってつけなのが、
産業カウンセラーの通信講座です。

産業カウンセラーの資格の取得は、
他の心理士のように、
国家資格や学歴などがなくても取得できるものなので、
通信講座でしっかり勉強できれば取得できるはずです。

ただ、カウンセラーというと、
人と向き合う事が必要な仕事なので、
全ての技能を通信講座だけで取得するのは
難しいのではないでしょうか。

そういった場合は、
実技の演習は最寄りの会場に足を運んで
行うという方法があるようです。

現に通信講座を終えて
産業カウンセラーとして活躍している方は、
多くなっているようです。

産業カウンセラー協会

産業カウンセラー協会というのが発足されたおかげで、
今ほど産業カウンセラーの資格や講座などが広まりました。

日常ではあまり聞かない言葉かもしれませんが、
産業カウンセラーの資格を取得して、
現在の職種に活用している方は意外といるのです。

現在産業カウンセラーの資格は、
他の心理士に比べて取得がしやすいと思われます。

その理由は学歴が問われない点や、
養成講座が開かれていて、
しっかり知識を身につければ、
充分に取得できる可能性があるといった点があります。

そのように資格取得により
業種が広まりやすくなっているのも、
産業カウンセラー協会が養成や訓練、
資格試験といったものに力を注いでいるおかげだと思います。

他にも産業カウンセラーの現状や、
どれだけ資格が活用されているか、
などの調査も行っているみたいです。

産業カウンセラー協会というものがあるのかと知ると、
それほど知名度があり、
必要とされはじめている資格なのかなと感じます。

産業カウンセラー就職

産業カウンセラー就職という方よりは、
今現在ついている職種に活かすために、
産業カウンセラーの資格を取得する方の方が
多いといわれているようです。

社内にカウンセリングルームを設けたり、
人事にカウンセラーを置いている会社などが、
活躍の場となるからでしょう。

産業カウンセラーの取得って、
就職には有利になるのかなと考える人も
少なくはないはずです。

求人情報などを目にした時に、
産業カウンセラー歓迎のような条件は、
めったに見ることがないと思いますが、
会社内にカウンセリング施設が必要としている会社も
増えてきています。

そういった意味では、
産業カウンセラーのニーズが
高くなっているように感じませんか。

カウンセラーとして独立して開業といったような活かし方は
難しい気がしますが、
会社内の心理的なトラブルは、個人の問題だけでなく、
企業の問題として扱うためには
産業カウンセラーの資格者が必要になると思います。

 

産業カウンセラー試験と難易度

産業カウンセラー試験

産業カウンセラー試験を受けて見事合格すれば、
資格を取得して産業カウンセラーになる事ができます。

でもどのような試験内容で、
どれだけ難しいのか知っておきたくはないですか?

私はカウンセラーと聞くと、
国家資格や学歴や専門知識を身につけた上で
取得できるという先入観がありました。

しかし産業カウンセラー試験は、
思ったより困難な道のりではなく、
しっかりと勉強することで
確実に資格取得に結びつくものだと知りました。

試験には実技試験や学科試験などがあり、
内容はとても本格的なものだと思います。

専門分野だからどうやって勉強するのかと
不安に思う方もいるかもしれませんが、
産業カウンセラーの養成講座や
通信講座もあるので、
ちゃんとした知識は身につけられます。

また、学歴などが問われないため、
どんな方でも挑戦する資格があるのです。

産業カウンセラー試験の受験を希望する人は意外と多く、
それだけこれから必要とされる資格になるのかもしれません。

産業カウンセラー合格率

産業カウンセラー合格率を知れば、
ある程度は産業カウンセラーという資格の難易度を
知る事が出来ます。

合格率はどれくらいの割合だと思いますか?

一見カウンセラーと聞くと
狭き門のような気がしてきませんか。

どれだけの人が受験して
どれくらいの人数が合格するのか、
受験を決意する前に知っておきたい方も
いらっしゃいますよね。

私もどのくらいの人たちが合格するのかと
少し調べた事があるのですが、
実技試験と学科試験とで
合格者人数にばらつきはありますが、
どの年も受験したうちの半数以上は
合格しているといったものでした。

受験している方の人数も予想していたよりも
はるかに多かったのです。

こんなに多くの人が受験して、
さらには合格して産業カウンセラーの資格を得ているなら、
産業カウンセラーとして活躍している人は、
想像していたより多いものなのだなと感じました。

いかに企業にカウンセラーという存在が
必要とされているかがもう少し広く知れ渡れば、
受験する人数も増えていき、
自然と産業カウンセラー合格率は高くなっていくと思います。

産業カウンセラーの求人

産業カウンセラーの求人情報を目にした事がある人は
どれくらいいるでしょうか。

私は求職中に求人誌をみていても
そこまで目にした事はありませんでした。

ただ産業カウンセラーというものをしり、
どの程度求人があるのものなのかと
産業カウンセラーの求人を主体に検索してみると、
意外と多くの企業が求人情報を掲載している事が
わかりました。

自分があまり知らなかっただけで、
産業カウンセラーという言葉が
一般的に広まっているという事に驚きでした。

中には産業カウンセラー資格歓迎といったものでなく、
必須条件として求人している事が多く、
カウンセラー専門として雇うようなところが
多いのだなと思いました。

その一方で
その他の心理士の資格を保有していると付記されている求人も
よく目につきました。

もしかしたら産業カウンセラーの資格だけでは、
採用は難しい現状にあるのかもしれません。

でも募集広告の数を見ると、
それだけ産業カウンセラーというのは意外にも需要があり、
求人しているところも結構あるので、
取得すると就職などに有利になるものなのでしょう。

 

産業カウンセラー養成講座

産業カウンセラー養成講座

産業カウンセラー養成講座とは、
その名の通り産業カウンセラーの資格を取得するまでの
知識を身につけるための養成施設で、
各地に会場がありどんな人でも受講する事は可能です。

資格の取得を希望したいと漠然とした目標があっても、
専門的なものだけに、
どんな勉強をしたらいいか自分一人では難しいですよね。

産業カウンセラー講座以外の他にも
通信講座というのも受けられます。

産業カウンセラー養成講座に通えば、
最短でなんと半年間で資格が取れるというのは驚きでした。

sangyocounselor

産業カウンセラーの資格を取得する人の目的は
実に様々だと思いますが、
心理的な援助を目的とした資格なので
人を相手にして経験するというのも
大事なのではないでしょうか。

どんな資格でも取得すればすぐに一人前
というわけではないと思いますので、
取得してからも様々な経験を通して
学ばなければいけないはずです。

産業カウンセラー養成講座は、
その一歩を踏み出すためには
必要不可欠なものなのでしょう。

産業カウンセラーの募集<

産業カウンセラーの募集広告は、
最近少しづつ増えてきている傾向にあるようです。

それはやはり一部の会社や大企業で、
心理的な問題を専門的に解決できる人が
必要とされている証拠です。

そもそも雇う企業の方は産業カウンセラーの募集を、
どういった目的で行っているのでしょう。

おそらく社内にもカウンセラールームを設けて、
社員のメンタルヘルスの援助などを
行えるようにといった目的や、
人事にカウンセラーを雇いたいといった
目的かもしれません。

しかし、
そういった現場で働きながらスキルアップのため、
産業カウンセラーの資格を取得する人もいるようです。

現職で資格を取得する人が増えると、
逆に産業カウンセラーの募集というのは、
その分減ってしまうかもしれません。

ただ産業カウンセラーを取得する目的が
人によって違うのと同じで、
雇う目的も企業によってそれぞれ違うと思いますので、
まだまだ産業カウンセラーの活躍を募るところは
多くなると思います。

タイトルとURLをコピーしました