ワイマックス(WiMAX)の評判と比較!おすすめと解約や支払い!

wimax デジタル
スポンサーリンク

ワイマックス(WiMAX)の評判

ワイマックスの評判って気になります。

しかしインターネットで評判を検索しても、
いっこうに悪い評判は出てこないんです。

それも営業を兼ねた
ホームページが多いのかもしれませんが、
実際に使ってみても悪い評判が立つようには全く感じません。

しかし目に付く評判と言えば、
やはり通信エリアです。

各プロバイダのホームページでは、
利用可能エリアがありますが、
エリア内だからと言って
必ずしも快適に通信が可能であるとは限りません。

建物内に居れば当然の事ですし、
エリア内でも自宅だと繋がらないといった声も多くあるようです。

ワイマックスエリアの拡大に関しては、
基地局も増えていますが、
実際にメインで使用する場所によっては
他の媒体を利用した方がいい場合もあります。

大切なのは生の声をホームページなどで
拾ってみましょう。

あなたの近くで利用環境が近いと思われる方の
状況等があれば非常に助かりますね。

ワイマックス自体の評判は悪くなくとも、
通信電波の環境が悪いのは
ワイマックスの通信媒体が悪いとは言えませんので
十分に注意しましょう。

 

WiMAX(ワイマックス)とは

WiMAX(ワイマックス)とは
「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略で、
IEEE(電気電子学会)標準規格802.16eをもとに規格化された
高速ワイヤレスインターネットの愛称の事です。

よく見かける街角の無線LANとは違い、
広いエリアでの利用が可能ですので、
外出先や移動中でも高速インターネットを利用することが
出来るようになりました。

今では地下鉄や新幹線の中でも利用が可能だったりしますので、
非常に便利な世の中になったと思います。

各通信事業者、サービスプロバイダが
様々なサービスを展開しており、
あのIntelもワイマックスの普及を
全面的にサポートしているそうです。

もうあっという間に、
ワイマックスの時代が到来したのです。

よくあるワイマックスの中でも多くの人が利用するのは
モバイルWiMAXです。

モバイルWiMAX(ワイマックス)とは、
高速無線通信の規格であるWiMAXを
携帯電話をはじめとする
モバイル端末の高速移動時に対応したもので、
次世代移動通信用を想定されている規格なのだそうです。

wimax

移動体通信を想定した
無線ネットワーク・システムの規格の1つで、
後継規格はWiMAX2とも呼ばれている
第4世代移動通信システムなのです。

皆さんもご存知のLANのように、
常時接続を前提としたサービスが想定されており、
ダイヤルアップ接続のようなわずらわしさがない事が特徴です。

ワイマックスではパケットを平等に扱うのではなく、
MACレイヤのパケットにてアプリケーションに応じて
異なるQuality of Serviceを提供するそうです。

技術的な難しい話は知らなくても、
企業でも簡単に扱えるようになるので、
これからの便利さが徐々に広まっていくと予想できます。

 

ワイマックス(WiMAX)の情報

ワイマックスエリア検索

ワイマックスを利用する前に、
まず考えないといけないことがあります。

それはエリア検索です。

もしあなたがワイマックスを契約しても
エリア外であれば当然に利用が出来ません。

それでも一度契約してしまうと
エリア外を理由に解約は出来ませんし、
保証がある訳でもありませんので注意が必要です。

そうとは言っても、
どのプロバイダを利用するにしても、
契約前にはエリア検索を説明されます。

しかし自分でインターネットを利用して契約する場合には、
自分でエリア内で使用が出来るのかを
検索してみないといけません。

どのプロバイダのホームページにも
エリア検索のページがありますので、
ぜひ活用してください。

UQワイマックスでは
「みんなで作るエリア検索」
のようなページも存在しているので
信用性があるのかもしれませんね。

携帯電話の基地局とは違って、
急速な勢いでワイマックスエリアは拡大されています。

それでも使用が不安定な場所も存在しますので
必ず契約前にはエリア確認を行うようにしましょう。

ワイマックスの速度

ワイマックスの速度って気になりますよね。

実際に使ってみないと分からないのでしょうが、
契約前に知っておきたい事のひとつでもあります。

ワイマックスは、
理論値でおよそ下り最大で40Mbpsくらいでしょう。
また上りで最大10Mbpsくらいです。

理論値よりも気になるのは実測値なのですが、
これは実際に体験してみないと、
使用するエリアやプロバイダなどによっても
違いが出てくるのではないでしょうか。

私の実際の実測値でいくとスピードは
最大で15Mbpsくらいです。

平均しても8Mbpsは出ていると思われるので、
非常に早いと言えますので快適そのものです。

しかしエリアによっては、
1~2Mbpsのエリアもありますので、
実際に使用するであろうエリアでの情報を
収集すべきでしょう。

しかし、ワイマックスを利用するにあたっては、
これまでの高速無線通信と比較しても格段に速度が速いです。

実測値が気になる方は、
まずは自分のメインとなるエリアを中心に
情報を収集してみましょう。

 

ワイマックスの比較

UQワイマックス

ワイマックスと言えば
UQワイマックスと返ってくるくらい
有名なところですね。

実際に
UQコミュニケーションズ株式会社が提供している通信が
ワイマックスと呼ばれているのです。

キャラクターに使われている
青いガチャピンと青いムック
が非常に印象的でもあります。

またUQワイマックスが
多くの方に利用されている理由のひとつとして、
無料でお試しが出来る事です。

TryWiMAXレンタルという15日間無料でお試し利用が出来ますので、
いつも利用している場所で
エリアや速度を確認出来る事が非常に役立ちます。

いざ契約をしてからでは、
エリア内でも使えない、速度が遅いといっても
解約は出来ません。

その為、契約前にはエリア情報を入手する必要があるのですが、
UQワイマックスならば無料でレンタル出来るので
実際に体験が出来る事が非常に魅力的です。

あなたもこれからワイマックスを考えるのであれば
ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

BICワイマックス

BICワイマックスをご存知でしょうか。

BICワイマックスとは、
あのビックカメラのワイマックスサービスです。

1年間継続利用する場合には
「BIC定額年間パスポート」がお勧めです。

こちらは基本使用料月額3880円で
1年間の継続利用が可能なプランです。

また基本使用料月額380円からで、
どんなに使っても最大4,980円がウリの
従量制プランの「BIC定額Wダブル」もあります。

更には通信料金を気にせず安心して利用出来る
月額4,480円の定額制の「BIC定額」があります。

これらはどれが良いといったものではなく、
あなたが利用する頻度などに応じて決めることになりますので、
自分でどれがお得なのかを
それぞれのプランごとに当てはめてみる事が一番だと思います。

ワイマックスau

ワイマックス契約はauでも行えます。

通信業界ではもう有名なauですが、
au one net WiMAXコースというものがあります。

こちらでは通信量には一切関係なく、
毎月定額でワイマックスを利用できる
インターネット接続サービスを提供しています。

こちらの人気は携帯電話がauの方にはお勧めで、
携帯電話とセットで利用料金が格安になる契約もありますので
気になる方は調べてみて下さい。

またスマホの通称で親しまれているスマートフォンですが、
KDDIがauブランドのスマートフォンとタブレット型端末計を
2機種も発表してからは、
非常に人気が高まっています。

これらはauの強みだとも言われており、
auのヘビーユーザーには非常に人気のようですので、
これから検討している方で、
auユーザーであれば必見だと思います。

ワイマックスnifty<

ワイマックスのプロバイダは
@niftyといったフレーズで
非常に馴染み深いのがこの@nifityWiMAXです。

niftyでのワイマックス契約には
プランが4種類あります。

最も利用価値が高いといわれるのが
Flat年間パスポートです。

これは契約期間が1年間の使い放題の定額プランですので、
長く利用する方はこのプランがお勧めでしょう。

また使い放題の定額プランであるFlatプラン、
使う月と使わない月での料金が変動する、
2段階の定額プランがStepプランです。

利用を控える月が多いと感じる方には
こちらのStepプランが非
常にお得になるケースが多いと思います。

更には1日単位で利用が出来る、1Dayプランもあり、
自分の利用状況に応じて選択肢が多いのは
とても魅力的なのではないでしょうか。

またワイマックスniftyは、
他社に比べても安いと評判ですので、
一度は契約前の選択肢の1つに入れておくことをお勧めします。

 

ワイマックスの支払い

ワイマックスの支払いについてですが、
支払いはどのプロバイダを使用しても
全てと言っていいほど月額支払いです。

また支払い方法は選択が出来る事が多く、
今の支払い形態の主流は
クレジットカード決済のようですね。

支払い形態の多くは、
クレジットカード決済か口座振替決済の2種類であり、
自分で利用しやすい方を選ぶと良いと思います。

クレジットカードがある方は、
こちらを選択した方がクレジットカード自体の
ポイント還元等があったりする場合もあるので
よく調べてみましょう。

中には修理や交換等を行ない、
ワイマックス通信を利用出来ない期間が発生する場合もありますが、
その場合でも契約上では利用が発生するので、
支払いを免除してもらう事は出来ないと思いますので
修理・交換時には注意しておきましょう。

契約前に無料お試し期間を設定している業者もありますので、
これからの契約を考えている方は
活用してみると良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました