お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、ファッション等の色んな情報を発信します。

スポーツ

琴引フォレストパークスキーツアー情報

投稿日:2021年9月23日 更新日:

琴引フォレストパークスキー場のスキーツアー情報

琴引フォレストパークスキー場は、鳥取県にあるスキー場でも人気のスポットで、周辺施設も沢山ある充実したスキー場です。
スキーツアーバスも毎年のシーズンになると沢山利用されているので、既にご存知の方も多いとは思います。

琴引フォレストパークスキー場ではコース数が7コースと充実しており、初心者から上級者まで幅広い層から利用されており、また家族連れやカップルも多いと思います。

スキーヤーとスノーボーダーの割合は、スキーヤーが6割、スノーボーダーが4割程度になりますが、ここ近年ではスノーボード利用者が増えてきたようです。

人気のスキー場ではありますが、まず交通アクセスが非常に便利なので来場しやすい事と、近隣に道の駅や山の駅、雪の駅など、様々な施設も充実しており、ゲレンデ横にある駐車場は無料、そしてスキー場までの道のりも除雪された道か、雪道の無い道路を通って来場出来ますので、総合すると非常に魅力が満載のスキー場なのです。

初めてのスノーボードやスキーは、まずは琴引フォレストパークスキー場からデビューするといいかもしれませんね。

琴引フォレストパークスキー場の人気は、充実したコースとゲレンデ内の施設の充実、そして人工造雪機があるので、人工スキーでシーズン中であれば、いつでも滑走出来る事ではないでしょうか。

またファミリーで訪れる方々も多く、その理由は小さなお子さんが雪遊び出来るキッズパークの設置の他に、お子さんがスキーデビューするのにも最適なファミリーパークが設置されています。

ファミリーパークには動く歩道が設置されており、ソリとスキーであれば、75mの動く歩道で初歩動作練習が可能になります。

他のコースから進入が出来ないように、きちんとセパレートされていますので、安心して遊ぶ事が出来ると思います。

さらには室内にもキッズルームがありますので、小さなお子さんが雪遊びで疲れたら、ちょっと室内でのんびりする事も出来るのです。

琴引フォレストパークスキー場では、7つのコースが設置されていますが、その殆どが中級者向けでありますが、初心者や初級者のスキーヤーやスノーボーダーでも比較的滑りやすい斜度の緩さなので安心して遊ぶ事が出来ると思います。

上級者にとってはちょっと物足りないかもしれませんが、それでも十分に滑りがいのあるコースが豊富ですので、ツアーや団体でウィンタースポーツをするなら、琴引フォレストパークスキー場をお勧めしたいと思います。

住所:島根県飯石郡飯南町佐見1151
交通アクセス:
三次ICから 車で約40分
三刀屋ICから 県道54号線 車で約40分

 

琴引フォレストパークスキー場 ゲレンデ情報

琴引フォレストパークスキー場 初心者コース情報

琴引フォレストパークスキー場の初心者コースは全体の約25%ほどで、第一リフトから滑走する「チェリーコース」からスタートしましょう。

第一リフトを使用するのは、このチェリーコースのみで、約400mほどの緩斜度のコースですので、初心者だけでなく朝一番のウォーミングアップとしても最適なコースだと思います。

最大斜度は約20°、平均すると12°程度になるそうですので、初めての方でも怖い思いをする事がなく楽しく滑走出来るはずです。

またこのコースに慣れたら、早速中級者コースになりますが、中級者コースの中でも最も練習しやすいパインコースへ向かうと良いでしょう。

これが琴引フォレストパークスキー場のメインコースとも言われており、若干狭いですが、斜度は緩やかになります。

パインコースへは、第二リフトを利用してからの滑走になりますが、第二リフトを降りると、パインコースの他に、メイプルコース、エルムコース、林間コースと4つに分岐していますので、間違えないようにしましょう。

また林間コースはスノーボードでの滑走は禁止されていますので、スキーのみの利用となっていますので、間違えないように注意しましょう。

 

琴引フォレストパークスキー場 中級者コース情報

琴引フォレストパークスキー場は中級者コースが非常に充実しており、7つのコースのうちの5つが中級者コースになります。

中級者コースと言っても、初心者コース寄りのコースや上級者寄りのコースもありますので、十分に初心者や上級者でも楽しめると思います。

初級者コースから中級者コースへ行く場合には、まずはパインコースからでしょう。
そしてエルムコースやメイプルコースに向かうと良いと思います。

第二リフトでそれぞれ分岐していますので、自信がついてきたらどのコースでも大丈夫でしょう。

また林間コースもありますが、このコースはスキーのみの利用になりますので、スノーボードをされる方は、間違って進入しないように注意しましょう。

琴引フォレストパークスキー場の中級者コースは、最大斜度も24°で、平均しても15°程度になると思いますので、初心者でも滑走しやすいのではないかと思います。

しかし初心者がちょっと苦手だと思われるウェーブが造成されたエリアもありますので、ちょっと苦手な方は注意しておきましょう。

お勧めのコースはパインコースですが、長距離を滑走したいのであれば、メイプルコースかエルムコースを利用して、チェリーコースを抜けていくと良いでしょう。

個人的には、琴引フォレストパークは脱初心者には適したスキー場だと思います。

 

琴引フォレストパークスキー場 上級者コース情報

琴引フォレストパークスキー場は上級者コースが意外に少ないのですが、一応の目安として上級者向けに設置されたコースはヒッコリーコースになります。

第三リフトを利用して、中級者向けのオークコースと上級者向けのヒッコリーコースとに分岐していますので、こちらのリフトで登っていきましょう。

オークコースを利用しても、中級者から上級者寄りのコースですので、どちらでも遊べると思います。

オークコースは急斜面から滑走して、その後になだらかな斜面へと変わるコースで、林の中を滑走していくので雰囲気的には申し分の無いコースとして楽しめます。

ヒッコリーコースは上級者向けですが、急斜面と緩斜面との変化があり、斜度も25°までありますので、色々と練習をするにも適しているコースではないかと思います。

琴引フォレストパークスキー場は、全体的に滑走距離が短いコースが殆どで、全てのコースが1,000m未満になりますので、長い距離を滑走したい方にはちょっと残念かもしれませんね。

 

琴引フォレストパークスキー場 ゲレンデ施設情報

琴引フォレストパークスキー場 リフト情報

琴引フォレストパークスキー場は無料駐車場からゲレンデが隣接している作りになっているので、ゴンドラ等の利用はなく、スムーズに滑走へ向かう事が出来るのも魅力のひとつですね。

また琴引フォレストパークスキー場にはコースが7つあり、リフトは3基設置されています。

それぞれが独立したリフトなので、他所と違ってリフトの乗り継ぎ等はありません。

リフトの利用にはリフト券が必要ですが、ここでは1日券と4時間券の購入か、あるいは回数券として、1回券か11回券を購入する事になります。

またファミリーパークは別料金になっていますので、利用予定の方は注意しておきましょう。

全くの初心者であれば、リフト利用回数が極端に少ないと思いますので、1回券の複数利用か11回券を購入した方が安くて済むと思います。

ちなみに4時間券と11回券が同等の料金ですので、4時間で11回のリフトを利用する自信がない方は、計算して購入するとお得になるのかもしれませんね。

それでも料金を気にせずに楽しみたいなら、1日券や4時間券を購入して、遊んだ方が楽しい事には間違いないでしょう。

 

琴引フォレストパークスキー場 飲食店情報

琴引フォレストパークスキー場には約1,000台収入の無料駐車場の他に、食事が出来る「レストランフォレスト」がありますので、スキーやスノボでお腹が空いたら、レストランフォレストで食事をしましょう。

ここでのお勧めメニューでもある琴引セットが人気ですが、その他にもスキー場名物の酒粕入り豚汁が好評のようです。

スキーツアーで来られたら、みんなで集まってワイワイ騒ぎながらでも食事が楽しめるので、とても楽しい思い出にもなると思います。

その他にも、ゲレンデ内ではミニレストランもありますので、ちょっと休憩がてらに寄ってみましょう。

休憩室なども別にありますので、初心者の方で疲れてしまったら、ちょっと一休みしてからまたスキーやスノボを楽しむと良いと思います。

車で来られた方は、ちょっと車を出せば道の駅「とんばら」や山の駅「琴引ビレッジ」と、雪の駅「琴引フォレストパーク」に近い場所にありますので、ちょっと早めの帰り道であれば、寄り道して帰っても楽しめます。

 

琴引フォレストパークスキー場 その他施設情報

琴引フォレストパークスキー場は、ゲレンデやリフトなどだけではなく、色々な施設が充実していますので、ファミリーで来られた方で小さなお子さんがいらっしゃっても安心して遊べますし、カップルやスキーツアーで来られた方も、他のスキー場とは違った感じを受けると思います。

まずこの琴引フォレストパークスキー場では、人工造雪機で人工雪を降らせる事が出来ますので、シーズン中に雪が無いと嘆く事がまずありません。

また人気のファミリーパークでは、動く歩道が設置されており、まだスキー初心者でカニ歩きが苦手なお子さんでも、楽々滑走地点までたどり着く事が出来るのです。

スキーだけでなく、ソリも楽しめますし、週末はネットでセパレートされていますので、スキーヤーやスノーボーダーが侵入してくる事はないので、安心して滑る事が出来ます。

その他にもレンタル道具も充実しており、スキーやスノーボードもセットでレンタルしたり、ファンスキーやウェアまでひと通り揃いますので、手ぶらで訪れても十分楽しめる事、間違いなしです。

レンタルの際は事前に予約が必要ですので、その点は注意しておきましょう。

 

琴引フォレストパークスキー場 利用者情報

琴引フォレストパークスキー場 スノボ情報

琴引フォレストパークスキー場でスノボをされる方はスキーヤーよりも少なく、利用者全体の4割程度のようなので、殆どがスキーヤーやファミリー、そしてチビッ子のようです。

人工雪があるので人気のスキー場ではありますが、ちょっとしたお出かけ程度の気分でも来訪出来るほど、環境が整っていると思います。

全くの初心者の方や、スノボツアーで来られる方は、ボードスクールもありますので、1人で来ても上達出来るのではないでしょうか。

スノーボードのレッスンは小学4年生以上からレッスン可能のようで、スキーレッスンは中学生以上、ジュニアは小学3年生以上からのようです。

他にプライベートレッスンやスノボツアーで来られる方などに団体・グループレッスンもありますので、事前にチェックしておくとよいでしょう。

ゲレンデは初級者から中級者向けに作られており、全くの初心者はチェリーコースを利用して、それ以上になると、第二リフトを利用してメイプルコース、あるいはエルムコースを滑走しましょう。

どちらもチェリーコースに合流しますので、脱初心者はこの最長コースを利用して、滑走に慣れるように練習すると良いでしょう。

 

琴引フォレストパークスキー場 スキー情報

琴引フォレストパークでスキーをされている方は全体の約6割以上で、スキーヤーか子供連れのファミリーがよく訪れているようです。

琴引フォレストパークスキー場では、スキーヤーオンリーでスノーボーダーが利用出来ない林間コースが準備されていますので、スノーボーダーがちょっと苦手な方は、こちらのコースで練習すると快適に滑る事が出来ると思います。

しかしこの林間コースは中級者以上になりますので、初心者にとっては少し難しいのかもしれませんが、木立の中を滑走していく林間コースは、冬の雪山を満喫できるコースだと思います。

全体的に斜度は緩やかな方だと思いますので、スキーヤーにとって滑りやすいゲレンデだと思いますが、初心者コースを使用すると、スノーボーダーがゲレンデ中心部で座り込んでいる事が多いので、スキーヤーとしては少し注意が必要かもしれません。

スキーヤーにとって、初心者のスノーボーダーの座り込みは非常に迷惑なのだと感じます。

リフトを降りてすぐに座り込んでいるスノーボーダーも見かけますし、ゲレンデ中心で座り込む方もいらっしゃいます。

スキーヤーの方でも、お子さんを連れて滑走する際には、こうしたスノーボーダーの初心者には十分に注意して滑走した方が良いでしょう。

 

-スポーツ
-,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.