三井住友VISAカードの入会審査で入会手続き中ってどういうこと?

creca 金融
スポンサーリンク

クレジットカードの入会審査基準について

日常生活を行う上で
クレジットカードを利用する人は多いですよね。

主なクレジットカードは
VISAカードやJCBカードやマスターカードですね。

個人の色んな事情でカードを持たない人もいるでしょうし、
クレジットカードじゃなく
デビットカードを利用している人もいます。

実は以前、金融機関に勤めていた時に
お付き合いで10枚以上のクレジットカードを持っていました。

利用枠としては1,000万円以上あったかもしれません。

当時は、それくらい簡単に作れていた時代もあったのです。

私は金融機関から転職する際に全てのカードを解約しました。
今思えば勿体無かったなぁとは思います。

クレジットカードは以前と比べると
確実に作るのは難しくなっています。
カードの利用可能枠も、年収の3分の1までの金額で設定されます。

この年収の3分の1という数字は、
ひとつのカードに対してではなく、
住宅ローンを除く全ての借入が対象となるため、注意が必要です。

今は政府もキャッシュレスを推奨している関係で、
なんとかペイも含めたキャッシュレス決済が主流になってきています。

ただ、まだ田舎の方や高齢者の方は
現金での取引がメインだとも聞きます。

ここでは、クレジットカードの審査基準について考察してみます。

 

クレジットカードの審査基準とは?

クレジットカードの審査基準は
一般的には下記の項目が審査対象と言われています。

●年収はいくらか?
●勤務先はどこか?
●勤続年数は何年か?
●どこに何年住んでいるか?
●住まいは持ち家か?
●借入総額はいくらか?
●借入の延滞はないか?
●直近のクレジットカードの申込歴は?

・・・などなど

これらは推測であって、
各クレジット会社によって
審査基準は非公開で明確な基準はありません。

この他には
「全国銀行個人信用情報センター」
「日本信用情報機構(JICC)」
「指定信用情報機関(CIC)」
などに照会をして判断する事も多いです。

 

クレジットカードの入会申込について

クレジットカードは
色んなお店やネットショップでも申し込みが出来ます。

例えばイオン等のショッピングセンターや
ガソリンスタンドでも申し込みできますし、
普通にインターネット検索しているヤフーでも申し込めますよね。

そればカード会社が色んなところと提携しているからです。

よく見るのが「三井住友VISAカード」です。

ANAカードやnimocaなどの交通系、
JTBや近畿日本ツーリストなどの旅行関係、
京王プラザやニューオータニなどのホテル系、
他にもガソリンスタンドやデパートや大学までが提携しています。

クレジットカードの入会申込は、
インターネット経由でもできますし
申込用紙に記入して郵送する方法でも可能です。

 

三井住友カードの入会手続き中とは?

よく頂く質問の中から一つご紹介と回答をします。

「三井住友カード」の入会審査において
「入会手続き中」と表示されている場合は、
「審査に通ったから入会の手続きをしているのか?」

という内容です。

 

その質問にお答えするために
VISAカードを申し込んでみました。

私が申し込んだのはアプリのLINEから申し込みが出来る
LINEペイ経由からです。

 

ちなみに私の属性は、
年齢は50代、年収550万円、勤続年数は5年、
勤務先は上場企業の会社です。

家は持ち家で借入は住宅ローンのみと、
属性的には自分で言うのも恥ずかしいですが
審査上で問題になるところは無いと思っていました。

申込をして暫くすると次の画面が出てきました。

VISA1

ご質問があった通り、
「入会手続き中」という文言があります。

確かに
「もう審査が終わってカード発行準備なのかな?」
って思いますよね。

そこで、色々と問い合わせたりして調べてみました。

すると、実はこの「入会手続き中」は「審査中」との事です。

決して
「審査が通ったから入会の手続きをしている」
という事ではありません。

ただ、落ちてはいないという事は確認できますね。

で、その後に審査に合格した場合は
「カード発行の手続き中」となります。

VISA2

こうなると、あとはカードが届くのを待つだけとなります。

 

まとめ

クレジットカードは使い方さえ間違わなければ
凄く便利なツールだと思います。

暫くカードの利用はしていませんでしたが、
せっかく作ったカードですし
慣れないキャッシュレスにも
少しずつ慣れていこうかなって考えています。

三井住友VISAカードは
色んな会社と提携してるものもあるので、
もしカードを1枚も持ってない場合は
機会があれば申し込んでみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました