女性で更年期障害になりやすい人の年齢と特徴と症状と対策や治療法!

kounenki 健康
スポンサーリンク

更年期障害になりやすい人

更年期障害について
色々と考えてみたいと思います。

更年期障害は、男性にも女性にも起こりますが
特に女性の更年期障害については
色んな原因もあり、ソノ症状なども
家庭を支える女性としての立場から重要なので
女性の更年期障害について解説していきたいと思います。

更年期におこる生理的変化について、
お話する前に、まず、
月経が順調なころの規則正しい変化について
考えてみましょう。

女性として毎月、
卵巣が規則的に変化することによって、
女性ホルモンも周期的に分泌されることが
お分かりになると思います。

更年期では、
この女性ホルモンの規則正しい分泌が、
閉経とともになくなってしまいます。

それでは、女性ホルモンは、
身体に対してどんな働きを持っているのでしょう。

女性ホルモン、とりわけエストロゲンが、
如何に多くの作用を女性に対して発揮しているのかが
お分かりになると思います。

更年期には、
女性としての機能を保ってきたエストロゲンが、
どんどんなくなっていくわけですから、
大変に多くの影響が出てしまうのは
当然のことなのです。

こうやって、女性の更年期障害は起こるのです。

女性の更年期障害は、
単にヒステリックになっているだけや
無気力になっているだけではなく
こういった女性特有のカラダの仕組みにより
症状がでてくるのです。

更年期障害の症状って、色んな病気の症状と
似ていると言われています。
更年期障害の症状と似ているのは
うつ病や自律神経失調症ですね。

更年期障害の症状は、
自律神経失調症と、
かなりの部分がオーバーラップしています。

自律神経は身体の安定を保つために、
脈拍や、血圧、
さらには発汗などによる体温調節や
腸の動きに至るまで、
ありとあらゆる機能を調整しています。

しかもこの神経は
自分の意識とは関係なく、
まさしく自律して働き続けています。

この自律神経をコントロールしているセンターは、
脳の下にある
視床下部(ししょうかぶ)と呼ばれる器官にあります。

 

更年期障害の症状

更年期障害の違い

更年期障害の症状は
人によって違います。

ホルモンバランスの悪い人、月経不順の人、
自律神経失調ぎみの人など
更年期の症状の出方には 個人差があり、
たいして辛さも感じずにやり過ごす人もいれば、
日常生活に支障をきたすほどの人もいます。

卵巣機能の低下の度合いや
ホルモン分泌の低下の起こり方が
人によって異なるために
症状の差があると言われます。

また、それに対して
体が敏感に反応する人、そうでない人。
更年期に起こる症状、出方の強弱は
人それぞれです。

kounenki

一般には、日常生活のうえで
ホルモンバランスの悪い人、月経不順の人、
自律神経失調ぎみの人ほど、
更年期の症状が出やすい傾向にあるようです。

また、更年期障害は
自覚症状が中心一定の症状ではなく
次々と違った不調として現れることも特徴です。

不規則な生活や過労、睡眠不足、
食事のバランスが悪いなども
ホルモンバランスや自律神経の乱れに影響し、
更年期の症状を悪くします。

また、更年期障害はからだに異常はなく、
自覚症状が中心です。

自律神経の乱れによるものなので、
検査をしてもとくに病的な変化は発見されない場合が
多くあります。

一定の症状ではなく
次々と違った不調として現れることも特徴です。

様々な更年期障害の症状

更年期障害の症状には
一般的に言われている症状のほかにも
様々な症状があります。

ここでは、女性の更年期障害の症状の中で
考えてみたいと思います。

骨粗鬆症とは、骨量が減って、骨の構造が変化し、
骨折を起こしやすくなる全身性の病気です。
わかりやすく言えば、
骨の密度が減り、スカスカな骨になると言うことです。

この病気が怖いのは、
日常の生活が困難な程の背中や腰の激しい痛み、
背中や腰の激しい曲がり、
そして簡単に骨折してしまうことにあります。

骨折が原因で歩行障害や
寝たきりの状態になってしまうことが
一番怖いことです。

今や寝たきりの原因のトップに上げられるのが
骨折だと言われています。

それを引き起こすのが骨粗鬆症なのです。

骨粗しょう症は、圧倒的に女性に多い病気です。

それは、閉経後にカルシウムの吸収を助けて
骨を強くする働きを持つ女性ホルモンの
エストロゲンの分泌量が激減し、
骨の再生力が低下するためです。

骨粗しょう症の予防のために
カルシウムを取るというのは
よく言われています。

骨粗しょう症の原因は
エストロゲンという女性ホルモンの減少ですから、
いくら牛乳を飲んでカルシウムを取っても
予防はできません。

また、加齢にともない血管も老化します。

血圧が高くなったり、
血管壁にコレステロールや中性脂肪などが沈着し
血液の流れを悪くします。

その結果、動脈硬化、高脂血症、
高血圧等、命に関わる重大な病気に関係します。

更年期障害の色々な症状

ホルモンバランスの悪い人、
月経不順の人、自律神経失調ぎみの人など
更年期障害の症状の出方には 個人差があり、
たいして辛さも感じずにやり過ごす人もいれば、
日常生活に支障をきたすほどの人もいます。

卵巣機能の低下の度合いや
ホルモン分泌の低下の起こり方が
人によって異なるために
女性の更年期障害には
症状の差があると言われます。

又、、それに対して体が敏感に反応する人、
そうでない人など
更年期に起こる症状、出方の強弱は
人それぞれです。

一般には、普段からホルモンバランスの悪い人、
月経不順の人、自律神経失調ぎみの人ほど、
更年期の症状が出やすい傾向にあるようです。

また、更年期障害の症状は
自覚症状が中心で
一定の症状ではなく
次々と違った不調として現れることも特徴です。

不規則な生活や過労、睡眠不足、
食事のバランスが悪いなども
ホルモンバランスや自律神経の乱れに影響し、
更年期の症状を悪くします。

また、更年期障害はからだに異常はなく、
自覚症状が中心です。

自律神経の乱れによるものなので、
検査をしてもとくに病的な変化は
発見されない場合が多くあります。

 

更年期障害の時期や年齢

更年期障害の時期や年齢についてお話します。

更年期障害とは女性の場合は
卵巣の機能が衰え始め、
女性ホルモンの分泌が急激に変調する、
閉経をはさんだ前後10年くらいを言います。

具体的な年令で言えば
45歳くらいから55歳くらいまでとされています。

ホルモンバランスの乱れに伴い
身体的、精神的不調をきたすことがあります。

それらの不快な症状が更年期症状であり、
日常生活にも支障がでるほど
症状がひどい場合が更年期障害です。

卵巣機能が良好な年齢が若い時には
視床下部からでる
「エストロゲンを出せ」という指令に
卵巣もきちんと対応する事ができました。

しかし、年をとって卵巣機能が低下すると、
卵巣は視床下部からの指令に応じられなくなります。

ところが、視床下部の方では
さらに出せという卵胞刺激ホルモンがますます分泌され、
エストロゲンとそれを出させる働きをする
卵胞刺激ホルモンの2つのホルモンのバランスが
乱れるという状態になります。

その乱れは、
自律神経を司る脳の一部と密接な関係があるため、
自律神経を乱し、体の各機能に不具合を起こします。

これが 更年期障害の起こるメカニズムです。

更年期障害は、
精神的な弱さなどからくるものではなく
こういったメカニズムによって引き起こされる症状ですから
誰にでも起こりうる症状だと言えるでしょう。

更年期障害のメカニズムや時期を知ることで
未然に予防することも可能ですし、
自分の症状が更年期障害の症状だった場合に
すぐに病院に行くなどの対応も可能になります。

あなたが、更年期障害の時期の年齢ならば
気をつけていきましょう。

 

女性のカラダとエストロゲン

更年期障害の女性で忘れてはならないのが
エストロゲンといわれるものです。

エストロゲン(卵胞ホルモン)は、
女性ホルモンの一つで、
脳から分泌される卵胞刺激ホルモンの刺激を受けて、
卵巣から分泌されますが、
「妊娠を助けたり、体内のバランスを整える」
という女性にとって
とても重要な役割を果たしています。

ここで、エストロゲンの重要な働きについて
まとめてみたいと思います。

◆エストロゲンの主な働き◆
・乳房などの成熟を促す
・丸みを帯びた女性らしい体をつくりだす
・子宮に働きかけて受精卵が着床できる状態をつくる
・心を安定させる
・コレステロールの増加を抑制する
・カルシウムの形成、吸収を調節し、骨を健康に保つ

このように重要な働きをするエストロゲンですが、
ほとんどの人は更年期を迎えるころになると、
卵巣の機能が衰え、その結果、
卵巣から分泌されているエストロゲンの量が
急激に減少します。

エストロゲンの分泌量が減ると、
これを感知した脳は、
盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌し、
卵巣からエストロゲンを分泌するように促します。

しかし、卵巣には
その要求に応える力が残っていないため、
エストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加という
「ホルモン分泌のバランスの乱れ」
が起こってしまいます。

このような状況を考えると
エストロゲンの減少が、女性の更年期障害に
大きな影響を与えていると言うことが
理解できるのではないでしょうか?

単に、歳をとったから怒りっぽくなったとか、
若い頃ように元気が無くなったとか、
悩みが多い時期なんだとか
その時の環境にもよるでしょうが
カラダの仕組み自体が
更年期障害の要素を作っているのです。

家庭を支える女性の更年期障害は、
他の家族にも影響を与えますので
早めに症状が現れてきたら
病院で診察を受けた方がいいでしょう。

 

更年期障害が気になる人とうつ病

更年期障害の症状を自覚していたり
自分自身で気になる症状のある場合は
まず医療機関で受診をすることをお薦めします。

単に更年期障害の症状だと言うことでは
更年期障害というだけではなく
大きな病気への前兆の場合もありますので、
婦人科、女性外来、更年期外来のいずれかで、
診てもらってください。

そこで「更年期障害」と診断されたら、
更年期障害と積極的に向き合って行きましょう。

「病院に行って薬を飲んでも良くならない」
と言うことをよく聞きます。

更年期障害をはじめとする病気は
ドクター任せでは治りません。

医師の言われた通り、ただ薬を飲んでいるだけでは
一時的に更年期障害の症状を誤摩化しているだけで、
更年期障害の本的な解消にはならないからです。

自分で意識的にケアをしていくことが
もっとも大切なことなのです。

また、女性の更年期障害の原因は
女性ホルモンエストロゲンの減少による
ホルモンバランスの乱れでした。

エストロゲンを補い女性ホルモンを活性化し、
バランスを整えれば
更年期障害の不快な症状も解消でます。

サプリメント等により
イソフラボンの過剰摂取が
人体的に悪影響を及ぼす心配があることも事実です。

大豆イソフラボン(植物性エストロゲン)の摂取は
サプリメントではなく
食品の大豆製品から
バランスよく摂ることをおすすめします。

次に、うつ病の話です。

更年期障害とうつ病は、症状が似ていることから
混同されやすい病気になります。

「うつ気分で悩んでいる」「何もやる気が起きない」
「ふとんから出られない」「献立が考えられない」
「こんな私ではなかったのに」
更年期障害でよく聞かれる心の症状です。

「何もできない自分に焦りを感じる」
「自分が弱いせいだと落ち込んでしまう」
又、家族に話しても
「怠けているだけだと言われるだけ」
「姑からは自分の時は体調が悪くても頑張ったと言われる」
と、家族の理解を得られずに
ますます辛い思いをしている人も多くいます。

また、心療内科で「うつ」と診断され
薬を飲んでいるのに
症状はいっこうに良くならないという話も聞きます。

ただ単に薬を飲めば治る
というものではないからです。

家族も医師も、もっとその辛さに共感してくれれば、
更年期に起きる心の症状はもっと楽になると感じます。

更年期障害の予防や症状の緩和は
家族の協力や理解も重要な部分であると
考えられています。

更年期障害とうつ病は、
症状は似通っていますが、
本質的な部分が違いますので
自分自身で更年期障害だとかうつ病だとかを判断せず
病院でみてもらうのが一番です。

 

更年期障害の原因と対策

更年期障害の予防

更年期障害の予防として
一番効果的なのが、生活習慣の改善です。

生活習慣を整えることで、更年期障害を予防したり
症状の悪化を防ぐことが出来てくるのです。

では、更年期障害の予防における
生活習慣の改善について少しお話しします。

まず、更年期障害の予防にイイ食事には
大豆製品、抗酸化ビタミン、カルシウムの
三つを毎回の食事に取り入れましょう。

大豆製品に含まれている
イソフラボン(植物性エストロゲン)は
たいへん有効ですので、
他の食品とバランスよく積極的に摂ってください。

年をとると、体内の活性酸素を除去する力が減り、
免疫力、抵抗力が落ちやすくなります。

食品から積極的に
効酸化ビタミンを摂るように心がけてください。

ブロッコリー、グリーンアスパラ、ほうれん草、小松菜などの
緑黄色野菜を加熱して油で調理すると
効率よく吸収されます。

カルシウムというと乳製品のイメージが強くありますが、
実は乳製品ではカルシウムを補う事はできません。

ホルモンという生理的調節物質、
生理機能がなければ
カルシウムの成分を吸収するという
体のシステムは働かないからです。

カルシウムを吸収させるには
エストロゲンという女性ホルモンが不可欠になります。

更年期障害とストレス

更年期障害とストレスは密接な関係があります。
更年期障害の原因を探り、事前に対策する事が
更年期障害にかからない一つの予防策でもありますし
更年期障害の症状の改善や悪化させない方法にもなります。

更年期障害はストレスから起こる
自律神経の乱れも大きく影響します。

更年期障害にかかりやすい人は、
まじめで几帳面、完璧主義で責任感が強い、
人からどう思われているか気になる、
すぐに人を頼りにしてしまう、
こういったストレスをためやすい人は
更年期障害の症状も重くなりがちです。

又、更年期は、ちょうど親の介護の問題、
子供の独立等の日常生活での変化や
悩みの多い時期でもあります。

ストレスから起こる自律神経の乱れは
ホルモンバランスを司る脳に密接に関係しているため
更年期の症状に大きく影響します。

更年期に起こる症状は人によって異なりますが、
自分が弱いから、悪いから、と
自分の責任のようにとらえてしまう方が
多いように思います。

しかし、更年期の症状は
生理的なからだの変化に伴うものですので、
けっしてその人自身のせいではありません。

「気の持ちようだ」とか「なまけたいからだ」と
人に言われ自分を責め
ますます症状を悪くすることもあります。

タイトルとURLをコピーしました