お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、健康等の色んな情報を発信します。

健康

熊油の効能と馬油の効能をお伝えします

更新日:

熊油と馬油について

熊油と馬油は人間の皮脂に良く似ている成分で、 乾燥肌や傷などに効果や効能があると言われています。

まず、熊油とはその名の通りで熊の身体から抽出される熊の肉にある脂身の部分を固めたものです。

聞いた事がない方もいらっしゃるかもしれませんが、以前に「さんまのホンマでっか!?TV」にて紹介されて一気に大注目されたようです。
本来から熊油は希少価値があるもので、国産で天然の熊油は滅多にお目にかかれない代物なのです。

TVで紹介されてから色々な業者からも販売されているようですが、添加物が一切ない天然のものは少なく、それらの熊油の効能や効果は一長一短でもあります。
また保管方法にも気を使ってみたりと、熊油を知っている方と知らない方とでは差があります。

馬油は人気なので使った事がなくても何となく聞いた事がある方は多いでしょうし、馬油はクリームだけでなく馬油シャンプーや馬油リンスなど沢山の商品が出ているのに対して、熊油はやはり希少価値からか、熊油クリームか熊油リップしか見かけることはありません。

馬油とは馬から抽出した油で、歴史は古いそうで、約4000年も前の中国から使われていたようです。
それが日本に伝えられたのは約400年前に九州に上陸したとの事です。

今では馬油は保湿や全身のスキンケアとして使われたり、育毛として馬油シャンプーや馬油リンス、馬油トリートメントなど、馬のたてがみをイメージした商品が沢山売られています。

馬油の効果の程が気になりますが、馬油は本来から人の皮脂に近い成分バランスなので、人間に取り入れられやすいとの事で広まっていきました。

馬の脂肪には動物の油としては類稀な不飽和脂肪酸が多く含まれているために、現在では活用されているのです。
馬油は人間の皮脂に近いので素早く肌に吸収されることから、今現在でも愛用者が後を絶たないのでしょう。

馬油に似ている商品で熊油がありますが、この熊油とは似て非なるものなのですが、熊油も馬油も動物から抽出される油ですので希少価値がありますし、馬油に関しては価格も比較的安価なものから大変高価なものまで幅広くあります。

 

熊油の効能

熊油の効能に関しての口コミ情報は馬油に比べると少ないのですが、やはり良いとの意見が見られます。
熊油の成分的には、馬油と殆ど変わらないと言われているそうですが、熊油の効果の方が良いとの意見が多いようです。

熊油に効能があるのに何故馬油の方が人気があるのかと疑問に思っていましたが、天然の熊から抽出する無添加の熊油はそう多くは取れないそうで、かなりの希少価値があるそうです。

実際に熊の狩りが解禁になった時期になっても僅か数等しか熊が捕れないこと、またその熊の脂肪を剥いでから油分だけを抽出するので、取れる全体量が馬油よりも少ないのです。

また熊油を使用した方々の殆どが、ケモノの臭いがすると効き目があっても臭いを気にされている方がいらっしゃるようです。

軽く指先にとって薄くすり込むだけで良いのでしょうが、夏場には溶けてしまったりベトベトする事もあるとの声もあり、それらが熊油が人気になっていないのかもしれません。

しかし熊油の効能や効果は馬油と同様に良いとの意見で、馬油よりも効果があると言われています。

馬油で効果はあるが、もっと乾燥を防ぎたい方、あるいは火傷の跡が治りにくい、にきび跡が治りにくいなど、馬油よりも上を望まれるのであれば一度はお試ししてみてはいかがでしょうか。

熊油が乾燥肌に良いとの噂が流れましたが、噂ではなく実際に効果はあるのだと言われています。

熊油が乾燥肌の対策に良いと広まったのは、「さんまのホンマでっか!?TV」でその効果をおおたわ先生が発表した事に始まります。

もちろんそれ以前からも熊油はありましたし効果は変わってはいないのですが、熊油自体が希少価値のあるものですから、知らなかった方が非常に多かったと思います。

乾燥肌には馬油や熊油が良いと言われていますが、そのTVでもあったように白色ワセリンでも効果はあります。
白色ワセリンを肌に塗って、その上にハンドクリームなどを塗っておくと皮膚をガードしてくれる効果があるそうです。
白色ワセリンは比較的安価ですので、まずは白色ワセリンから試してみても良いかもしれませんね。

価格にしても乾燥肌への効果にしても、
熊油 > 馬油 > 白色ワセリン
となります。

年齢によっても白色ワセリンで効果が現れにくいと言われていましたので、効果が見られない場合には、馬油や熊油を使って乾燥肌対策をしてみてはいかがでしょうか。

 

馬油の効能

馬油の効能や効果はとても広い範囲で活用されており、まずは乾燥からお肌を守ってくれる役割があります。
女性の間では日焼けによるしみやソバカスに効果があると言われていますし、小じわにも効果があると言われています。

馬油シャンプーに関して言えば、馬油シャンプーを使い出してから白髪が減ってきた方や抜け毛が減ったとの口コミもあります。
アトピーやニキビ肌の方、ニキビ跡にも馬油は効果があると言われていますが、実際に使ってみた方々の口コミなどを見てみると、思っている以上に効果はあるようです。

実は私も過去に馬油を使った事がありますが、とてつもなく効果と効能を体感しました。

私の場合は冬に指先があかぎれしたり指がしもやけで真っ赤に腫れ上がり腫れあがった指先があかぎれで切れて血で染まるほどに醜いものでした。

その頃は小学生だったのですが、小学校の先生が私の指に気づいて馬油をくれたのです。
「少量でいいから毎日すり込んでみて。」
そう言われて毎日使っていましたが数日間であかぎれの傷は塞がり、しもやけも回復しました。

恐らく保湿と血行が良くなったのだと思いますが、実際に馬油を使ってみる事が一番早いのかもしれませんね。

馬油シャンプーや馬油リンス、そして馬油トリートメントと毛髪に関する馬油商品が沢山売られていますが、実際に馬油シャンプーを使い出してから白髪が減ってきた方や抜け毛が減ってきたと言われる方が多いようです。

実際に使ってみないと何とも言えないのかもしれませんが、馬油シャンプーや馬油リンスを使っても白髪が真っ黒になるのではなく徐々に白髪が目立たなくなってきて白髪染めをする回数が減ってきたと言われる方が多いようです。

私もとある温泉で頭を洗うときに馬油シャンプーが置いてあったので使ってみた事があるのですが、馬油シャンプーで髪がきしきしするくらいに頭皮が洗い流されていくのが分かりました。

それに馬油リンスや馬油トリートメントを併用すると、今度は馬油シャンプーで洗われたであろうきしきしとした髪質に潤いを与えられたようにつやつやになりました。

まだ数回しか使っていませんので実際に白髪や抜け毛に効果があるかは分かりませんが、よくある抜け毛予防のシャンプーを使った後の髪質に似ているので、恐らく頭皮の皮脂はいつも以上に洗い流されているのだと思います。

馬油がアトピーに効果があるとも言われていますが、そもそもアトピーの原因となるものがはっきりと分かりませんのでアトピーに効果や効能があるとは言いがたいのではないでしょうか。

それでもアトピー肌の方の口コミによれば、アトピーが治らずとも多少の効果はあると言われている方が多いようですので、何もしないよりも馬油は効果があると言えるのではないでしょうか。

またアトピーの方は身体を洗ったりする普段の石鹸等にも気を使うわけですから、一度は馬油石鹸などを使ってみてはいかがでしょうか。

アトピーに効く万能薬ではありませんが、アトピーに対して他に何も対策をしていないのであれば、馬油の効果を試してみるのも良いかもしれませんね。

薬としては使えませんが、馬油は人間の皮脂と同じ構成であり体温で融解するので、短時間で皮膚の奥まで浸透するのです。

アトピーに関しては、活性酸素を除去したり血行の促進作用、あるいは抗菌作用も多少はあるようですので即効性はもちろんありませんが、使い続ける事で何かしらの結果は期待出来そうです。

馬油はニキビにも効果があると言われていますが、実際にニキビに使用された方々は何かしらの効果はあっているようですので、ニキビやニキビ跡に悩んでいるくらいなら一度は馬油を使ってみるのも良いかもしれませんね。

ニキビは皮膚の炎症によって出来るものですから、アトピーやしもやけ、あるいは火傷や傷にも効果が見られていますので、炎症を抑えたりする作用も働いているようです。

また馬油は血行を促進させてくれるので、ニキビ跡の回復にも一役かってくれるようです。

馬油は人間の皮脂に非常に良く似ている成分であるので、皮膚の組織に働きかける効果が絶大だそうで、ニキビ跡に効果があるのも肌の新陳代謝が活発になって本来の肌へ戻るように促してくれるからだそうです。

科学的根拠はよくわかりませんが、馬油にはリノール酸と呼ばれている成分があり、そのリノール酸が肌の脂肪酸を不飽和脂肪酸に変える働きがあるので、ニキビ跡にも効果があるそうです。

 

熊油と馬油の口コミ

熊油の口コミはあまり多くはないのですが、熊油は希少価値があり、それ程純国産の天然熊油は世に出回っていないので口コミも少ないのだと思います。

実際に使われた方々の感想としては、天然の熊油は臭いがきついとの事です。
熊油は熊の身体の脂身から抽出しますので、いのしし鍋などと似ている感じになると思います。

天然のケモノの臭いがちょっとするそうで、熊油を塗ると犬が沢山寄ってくるのだとか言われていますが、実際にはどうなのでしょうか。

私は熊油は使った事が無いので何とも言えませんが、それでも効果は絶大だとの声が多くあります。

馬油と同様に、乾燥から肌を守ってくれる天然の成分があり、それに加えて無添加の熊油であれば、小さなお子さんが誤って口に入れても安心なのだそうです。

お子さんの手などに塗ってしまうと薬なども舐めてしまいますので、天然の熊油であれば安心だといったところでしょう。
乾燥した肌や唇のかさつきを防いでくれるので、熊油はリップクリームにもなっているくらいです。

また保存の際には冷蔵しておく事が良いそうで、夏場に置いていると油が溶けてくるそうです。

溶けても成分は変わらないそうなので溶けた方が塗りやすい方もいらっしゃるようですし、冬場は固まるのでちょっと溶かして置いておくなんて事もあるそうです。

熊油の口コミは少ないですが、熊油の効果や効能と、熊油の希少価値からなのかもしれませんね。

 

一方で馬油の口コミは熊油の口コミよりも非常に多く、実際に馬油は効果があると言われている方が多くいらっしゃいます。

馬油は実際に私も経験しており、しもやけとあかぎれがキレイに治って回復したので、お勧め出来る商品でもあります。
私が実際に馬油の口コミが出来るほどに体験しています。

しかし馬油を扱っている会社はとても多く、一番有名な馬油は「尊馬油」(ソンバーユ)という会社が人気です。
尊馬油でソンバーユと呼ばれている馬油商品がそれで、それ以外にも多くの会社も馬油のクリームやシャンプーなどを販売しています。

馬油と言えども、取り扱う会社によっては違いがありますし、馬油の効果や効能も違ってきます。
取り扱う会社が馬油に何を混ぜているのかも調べる必要がありますし、調べてもよく分からないのが本音だと思います。

ソンバーユは人気ですし、私が実際に使用していたものもソンバーユですので、馬油をお勧めするならば個人的にはソンバーユだと思います。

他社の商品がダメだとか、ソンバーユの馬油しか効果や効能が無いと言ったわけではありませんので、実際に自分で色々と試してみたり、馬油の口コミ情報を集めてみると良いと思います。

馬油は実際に使ってみると、意外に身体に合うんだと思われるのではないでしょうか。

-健康
-, ,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.