コーチバッグの斜めがけショルダーやトートはアウトレットがおすすめ

coach ファッション
スポンサーリンク

コーチのバック

コーチのバッグを選ぶ

コーチバッグ
値段が高いだけでなく、
その気品あふれるデザインやブランド力が、
持つということだけでステータスを感じます。

しかし、いかに品質の良いコーチバックといえども、
持つ人に品格とともにファッション感覚も必要になります。

せっかく超一流のコーチバックを購入するのですから
バック選びは慎重に行いましょう。

コーチバックには色々なものがあるので
時と場所と目的に合うコーチバックを探しましょう。

又、自分のファッション感覚に合った
コーチバック選びをしましょう!

コーチ選びのコツや
トータルコーディネートについて
お話したいと思います。

coach1

バックの選びのコツは、
服やアクセサリーに合わせることです。
自分の持っている服の色やアクセサリーに合うかどうか、
そしてそのバックを持ってどの服を着て
ドコに出掛けるかによって
バックを選ぶのがオシャレのコツです。

デザインが気に入ったと思っても衝動買いは避けましょう。

自分が使う用途に合わせて、
そのバックの素材の強度はどうか、摩擦には強いのか、
防水性はどうなのか、自分が使える大きさなのか、
自分の持っている財布などの小物との調和や
使用頻度など総合的に判断して購入するのが
賢いバックの買い方です。

コーチバックの種類

コーチバックには色々な種類のバックがあります。

まず、「COACH」(コーチ)のハンドバッグです。

優れた機能性と耐久性に加え、
デザイン性で目をひく「COACH」のハンドバッグ。

その洗練された美しさは、
シンプルでありながら上品なイメージです。

「COACH」(コーチ)のショルダーバッグは
見た目以上の収納力と、
洗練されたデザインが素晴らしいです。

オフィスにもプライベートにも
様々なシーンでの活躍、間違いなしです。

キュートなデザインに収納も十分なバッグです。

「COACH」(コーチ)のトートバッグは、
収納力はもちろん、
機能・デザインも抜群の人気アイテムです。

coach3

通勤、通学にもオススメです。

「COACH」(コーチ)のポーチは
コンパクトなボディに
見た目以上の収納力があります。

デザインは
可愛く且つ落ち着いた感じのモノが多く
大人のオシャレを演出します。

コーチのメンズバック

コーチは、
セレブのイメージがあるだけに
レディスが主になります。

しかしながら、その革質から
メンズバッグとしても使われているのです。

コーチのメンズバックの中では、
ミニ シグネチャーのメンズバッグが有名です。

ショルダーバッグとして使用し
サイズに比べて収納スペースがバツグンですので
様々なシーンにてその威力を発揮します。

他には、レガシーのメンズバックが大人気です。

大人の男性を演出し、
ビジネスだけでなく、
旅行や出張時に利用できる点が魅力的です。

 

コーチについて

コーチのイメージ

コーチのブランドイメージや歴史を語る上で
忘れてはいけないのが、
1962年、女性用の手作りの
レザー・アクセサリーの新しい事業のために、
前衛的なデザイナーとして頭角を現し、
映画「王様と私」の衣装などをデザインした
ボニー・カシンを迎え入れました。

彼女は買い物袋から発案した
カジュアルバッグ「カシン・キャリー」を発表し、
その後は「バゲット・バッグ」「ダッフル・サック」等、
連続してヒット作品を生み出していきました。

coach

この経緯からコーチのバックは
上質で飽きのこないデザインという
ブランドイメージを確立していったのです。

現在のコーチバッグにも使用されている
クリップ式金具や「ドッグリーシュ」の金具も
彼女の発案から誕生したものなのです。

コーチの日本進出は
1988年、三越との提携から始まりました。
同年9月には横浜三越、日本橋三越店がオープンしました。

2001年8月には住友商事と合弁、
コーチ・ジャパンを設立し、
三越子会社から店舗を引き継ぎました。

現在は、東京では銀座、丸の内、大阪の心斎橋など、
日本での店舗数も100を超え、
コーチの全世界の売上高の
約2割を占める大市場となっています。

コーチの誕生

コーチというブランドは、
現在アメリカにおいて
200以上の店舗を持っています。

そんなコーチは、1941年、
ニューヨーク・マンハッタンのロフトにおいて、
マイルス・カーン、リリアン・カーン夫妻と
友人ら6名ではじめた
家族経営の皮革小物工房が発祥です。

1961年、
コーチの前身であるゲイル社から
社名を「COACH」に変えました。

コーチのバッグ第一号は、
使い込むほど手になじみ味の出る
野球のグローブにヒントを得て、
皮の美しさ、丈夫さを生かし、
60年代初期に誕生しました。

これを皮切りに、
バッグや小物等を中心に
ファンッション分野へ進出していくこととなりました。

コーチは、製品の一つひとつは
手作業で丁寧に作られ、
化学薬品でコーティングしていない天然皮革は、
耐久性、機能性に優れ、
コーチのブランドとしての
大きな魅力になっています。

 

コーチのバックについて

ブランド品は数多くありますが、
私がお勧めするのは、
なんといってもコーチです♪

オシャレで、且つエレガントなロゴですね☆

又、コーチは見て
「あっ、コーチだ♪」っと、わかるにもかかわらず、
嫌味の無いデザインとイメージがあります。
どちらかというと、
セレブなレディーというイメージですね。

coach2

最近は、若年層、特に10代の女性が
どうやって手に入れるのかわかりませんが、
ブランド品のバックや財布を持っていますが、
コーチは手が出しづらいようです。

それは、
コーチの持つセレブなレディー
というイメージでしょうか?

コーチの魅力は、
なんといってもまずはバックです。

タイトルとURLをコピーしました