一人暮らしのインテリアはおしゃれな大人女子。ワンルームがシンプル

interior 生活
スポンサーリンク

インテリア選び

一人暮らしのインテリアを選ぶときって、
とてもドキドキワクワクするものです。

特に初めての一人暮らしでは、
全ての家具や電化製品を買う場合もありますので
大変さももちろんありますが、
それ以上の高揚感が湧いて楽しいです。

初めての一人暮らしで
一気に家具や電化製品をまとめて買える場合では、
製品ごとに色々なカラーバリエーションがあります。

家具や電化製品の色調を全て調和させながら、
インテリアの雰囲気を全て同じ系統にしてみましょう。

かなりの統一感をもたせることが可能なので、
インテリアに詳しくない一般の方でも
とてもオシャレに仕上げられるでしょう。

あなたのお好みのカラーは
モノトーン系やパステル系でしょうか?

それとも木目色系・原色系・自然色系など、
どんな色調がいいですか?

またインテリアはシックなものや可愛い感じ、
カントリー調やポップ調、和風など、
どんな雰囲気がいいですか?

今は家具や電化製品だけでなく、
それ以上に食器等小物のカラーバリエーションも
膨大にありますし、
雰囲気もたくさんの種類の印象のものがあります。

 

一人暮らしについて

一人暮らしについて、
あなたはどうお考えですか?

大学に入ると同時にしたい、
就職時にしたい、
社会人数年目で経済的余裕が出来てからしたい。

いずれにしても、
あなたもしくは親御さんの経済基盤や、
あなた自身の生活知識がしっかりしてませんと、
一人暮らしはスタートできませんし、
精神的自立もないとできません。

また、ある程度の家事能力と
経済観念もないと続きません。

折角、一人暮らしを始めるのなら、
良いスタートを切って快適に生活し続けたいですよね。

それには、いったいどうしたらよいのでしょうか?

もし一人暮らしを始める費用、
続けていく生活費が潤沢に有るとしたら、
まずは住まい選びが一番の問題でしょう。

もちろん、大学や職場に近いところに
住むのが良いのでしょうが、
住まいの周囲の生活環境も大切です。

知識や経験が豊富な親御さん等とご一緒に選べば、
あまり失敗はないのでしょうが、
折角の一人暮らしのための
住まいは自分だけで選びたいという方も多いでしょう。

interior

しかし、住まいは時間帯によって、
お店や周りの環境による音や
人間の流れの変化や天気等で様変りするなど、
ずっと家に居たことがないと
分からないことが結構あります。

引越料金や敷金・礼金なども馬鹿にならないので
最初のところで長く住みたいのが
普通の感覚でしょうから、
住まい選びに失敗するのは困ります。

そこで、活用できるのが
インターネットのお部屋探しです。

地域情報や不動産情報に詳しい方、
または一般の実際に一人暮らししている
学生さんや社会人さん、
そして業者からも様々な役立つ情報が
発信されています。

まずはこの情報をうまく利用することから
一人暮らしの一歩が始まるのかもしれません。

 

一人暮らしの情報

一人暮らしの費用

一人暮らしの費用で、
あなたはどんなものがかかると思いますか?

一人暮らしの費用として必要なものは大まかに分けて、
1.最初の入居時に要る費用
2.入居時に要る家電製品や家具にかかる費用
3.毎月かかる生活費
の3つでしょう。

この3つ以外にも緊急の病気や
怪我などのための病院代など、
いろいろな費用が一人暮らしにおいて要るでしょうから、
引越前に余分の金額を持っていれば
心配なく引越をして、
その後の一人暮らしも
快適に行うことができるでしょう。

ここでは、まず1.の
最初の入居時に要る費用を考えます。

入居時には、最初に敷金と礼金、
そして不動産会社によっては
仲介手数料までかかります。

地域により無いところや
名前が違うだけで有るところもあり、
値段も大きく変わりますので、
できるだけいろいろと
インターネットで調べましょう。

また入居の前の契約時には、
火災保険料や害虫駆除代などの
別途費用もかかる場合があります。

そして、引越料金も
引越作業を自分達でしないと結構かかります。

これは、引越する時期や地域、
距離によって様々な料金ですので、
引越会社ごとにインターネットで
引越し見積もりをとりましょう。

また、引越時期が自分で選べる場合には、
閑散期の平日や帰りがカラの便など、
日時によってかなり料金が安くなりますので、
よくよく考えて料金の違いを上手に利用しましょう。

全てはインターネットなどで勉強して
賢く計算できる人が、かなりの得をします。

最初の入居時にかかる費用を
インターネットなどで節約して、
入居時に必要な家電製品や家具、
その後の毎月の生活費に
少しでもお金をまわせるといいですね。

一人暮らしの生活費

一人暮らしの生活費は、
どれくらいかかるものでしょうか?

一人暮らしの生活の中で
毎月かかる費用を把握しておくことは、
これからの一人の暮らしを
快適に楽しむために大切な事です。

生活費はとても大事なことですから、
インターネットなどを使って、
よく調べておきたいものですね。

とはいえ、一ヶ月に必要な生活費の
何をインターネットなどで調べていけばいいのかも、
初めての一人暮らしでは分からない方も
いらっしゃいますよね。

そこで、ここでは一人暮らしの生活費の
大まかな枠組みだけでも
知ってもらいたいと思います。

一人暮らしにおいて一ヶ月にかかる生活費として、
必ず必要なものは以下のものがあげられます。

1.食費
2.住居費
3.光熱水費
4.雑費

これを聞いて、
「この4つだけ?!」と思われてしまうかもしれませんが、
その他の衣類代や遊行費などの細かいものは、
人それぞれ、かなり違うものです。

4.の雑費に入れるということで、
その点はあなた自身の一人暮らしを経験する前の
今までのもので考えてみてください。

そして、この大まかな4つの枠組みが分かれば、
大体の方がかかる1ヶ月の費用は、
あなた自身でインターネットで調べられます。

「情報を制するものは、生活費も制する。」

一人暮らしを始める前によく調べて、
生活しだしてから苦労することがないように
頑張ってくださいね。

 

一人暮らしのインテリア

一人暮らしの女性とインテリア

一人暮らしの女性とインテリアって、
とてもドキドキする言葉ですよね。

男性の一人暮らしもワクワクするものでしょうが、
慣れない家事に追われそうな不安もはらむものです。

その点、女性は狭い台所で母親と二人、
お互いのひじがあたるなどを気にせずに
お料理ができるなどの開放感があります。

また、両親の好みの食事や
家族たちの時間などを気にせず、
自分の好きなものを好きな時に作れて
嬉しいものです。

そして男性は一人暮らしをしても、
自分の趣味のものを
たくさん飾るなどの楽しみはあっても、
女性ほどインテリアにこだわる方は少ないようです。

もちろん、男性の中でも
シンプルさや機能性などだけでなく、
オシャレなインテリアを楽しむ方もいらっしゃいますが、
女性たちほどいろいろなインテリアを
楽しく選んだりする方たちは多くないみたいです。

それに男性は、インテリア用品を買うことで満足し、
引越の時の配置で終わる方が多いようですが、
女性は買うまでに悩むことも楽しめますし、
買ってからも模様替えなどを何度もしたりと、
いろいろとインテリアで満喫できます。

女性たちは、
買わなくてもインターネットなどの
インテリアをいろいろと見ているだけでも、
とても気分が湧き立つものなのです。

あなたもインテリアの情報をいっぱい見て、
是非いろいろと楽しんでくださいね。

インテリアとデザイン

インテリアとデザインと聞いて、
あなたが思い浮かぶものはどんなものでしょうか?

きっといろいろな装身具がそろった
素晴らしいインテリアが、
一級建築士やデザイナーによって計算され、
デザインされつくした建物に
飾られたものを想像されることが多いと思います。

でも、それだけがデザインやインテリアでしょうか。

もちろん、一流の建築家と
デザイナーが考え抜いて建てた家に、
インテリアデザイナーが考えた配置で、
例えばアール・ヌーボォーなどの芸術的な装飾具や家具と
デザイナーズブランドが大手電気メーカーとコラボしたような
デザイン電化製品が揃えば、
とても素晴らしいものでしょう。

ですが、そんなところに住めるのは
ごく一部の人だけですし、
普通の方がそういうところに住めたとしても、
始めに凄いなぁと感激して住んでも、
意外と毎日生活していても
「住みにくいのでは?」と私は思います。

日々生活して、
居心地の良いインテリアとデザインとは、
人それぞれ違って決して豪華なものとは
限らないでしょう。

インターネットでは、
さまざまなインテリアやデザインが
紹介されています。

あなたに合った、
あなたが暮らしやすいインテリアや
あなたの心が安らいだり、
心躍ったりするデザインのものを
探し出してみてくださいね。

毎日の生活を、
いかに心地よく暮らすかは
あなたのセンスしだいですから。

インテリアの実例

インテリアの実例って、
インテリア選びをする前に
いろいろ見てみたいですよね。

ですが知り合いのお宅にうかがって
拝見させていただくにも、
お願いしたり、都合を合わせて日を決めたり、
お土産を買って行ったりと、
気を遣っても見せてもらえるお宅の数は
限られるでしょう。

またうかがったお宅の中の
「全て」を見せてもらえる訳でもありません。

その点、インターネットなら気遣いすることなく、
好きな時に無料で、
好きなだけのインテリアの実例を見られます。

それも寝室などのプライベートなところも
もちろん大丈夫です!

「インターネットでは、
そんなにインテリアの実例の全容を
見れないのではないの?」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
最近のネットの情報量は凄いです。

家の中で考えられる、
部屋全てのインテリアの実例があげられていますし、
中には、自分で好きに家具などを配置する
シュミレーションを楽しめるものまであるので、
私自身も驚きましたし、とても面白いと思いました。

インターネットで
さまざまなインテリアの実例を学んで、
より暮らしやすくて素敵な生活を目指したいなって
強く思いました!

あなたも私とご一緒に、
素晴らしいインテリアの数々を見て、
より満足できる生活を手に入れませんか?

 

インテリアとワンルーム

インテリアとワンルーム

インテリアとワンルームと聞かれて、
どんな印象を持たれますか?

「ワンルームなんかでは、
インテリアを楽しめないのでは?」
そう思われる方も多いかもしれません。

この数年でずっと高視聴率をとっている
某人気テレビ番組では、
たった数坪しかない建物で家族数人が、
それもかなりの物に囲まれて生活しているのを
紹介しています。

お風呂や台所や収納といった複雑な問題を、
いろいろな角度から解消し、
住みやすく変えるだけでなく、
インテリアまでオシャレに、
且つ便利に工夫して変身させたものを紹介しています。

もちろん、
あれほど大掛かりな変化や創意工夫は、
建築士さんや空間プロデューサーさん、
家具職人さん、大工さんなど、
様々なプロの協力を得ないとできないでしょう。

しかし、あなたの住もうとされている、
もしくはもう住んでいるワンルームは、
あそこまでの物件ですか?

あれらは昔から住んでいる、
それもかなり古い物件が多いので、
今のワンルームの大概は、
あそこまでではないと思います。

そして大体の方が一人暮らしで、
物もそれほど多くないでしょう。

それならプロの力など借りなくても、
インターネットなどでいろいろと見て
少し学びさえすれば、
ワンルームでもいろいろなインテリアを楽しめます。

様々なワンルームやその他情報を見て、
あなたのイマジネーションを膨らませてから、
あなたなりのインテリアに挑戦してみてくださいね。

あなたも、あなたなりの匠に是非なってください。

インテリアと北欧家具

インテリアと北欧家具と聞くと、
とても素敵なイメージが浮かびますよね。

でも、あなた自身の
お部屋のインテリアにと考えると、
「北欧の家具なんて、
うちのようなインテリアには合わないよね。」
なんていう先入観がありませんか?

実はこう訊いている私も、
以前まではそういう先入観に囚われていました。

ですが、
この機会にインターネットでいろいろ調べてみて、
そんな先入観がいかに間違っていたのかを
思いしらされました。

この機会に調べてみて、本当に良かったです!

日本のインテリアの中でも、
北欧家具が意外なほどに似合うことが分かりましたので、
あなたにも是非このことを知ってもらいたいなと思い、
紹介したくなりました。

私たち日本人って、
自然を大切にして素材の特質や
そのものの良さを利用して
自分たちの生活に加えることが得意ですが、
特に北欧では、同じようにナチュラルさや
素材を大切にしたデザインがなされた家具が多いんですよ。

北欧家具は日本のインテリアに本当にマッチします。

特に私のお勧めは、
ナチュラルな風合いを凄く活かしたもので、
白木の布張りを施した家具などで、これらは絶品です!

ヨーロッパの豪華なお城のようなお住まいでなくても、
あなたに1部屋、自分だけのお部屋があるのならば、
あなたは、そのお部屋の一国一城の主です。

あなたのお城(=お部屋)のインテリアを、
素敵な北欧家具でアレンジしてみるのは如何でしょうか?

インテリア通販情報

インテリア通販情報を、あなたはご覧になりますか?

小物などは通販でもいいけれど、
長く使うものや家具といった大きなものなど、
インテリア関係のものは
実際に実物を見に行って買いたい、
そんな風に思っていませんか?

実は、私もそうでしたが、
実際に行って選んで買ってみると、
お店ではとても良く思えたのに、
全然良く見えなかったり、
自分の部屋と合わなかったりすることが
今まで結構ありました。

この機会に冷静に考えてみると、
お店の大抵が自分の部屋の天井より高く、
店内の広さやその明るさと、
自分の部屋の広さや照明も全然違うことや、
その場の雰囲気や店員さんとのやりとりに
呑まれていたのではないかと気付きました。

そして今回、
インターネットのインテリア通販情報をいろいろ見てみて、
明るさや狭さといったその撮影具合の適度さや、
詳しい情報や分かりやすい説明書きがある素晴らしさに
今更ながら感動しました。

お店では店員さんが居ないと
値段やサイズや素材しか分からず、
つい呼んで訊いてしまい、
結局買わずには帰りづらくなったりもしましたが、
インターネットでは心行くまでノンビリと
じっくりと検討できて良いですね。

また画像を実際の自分の部屋で見ることで、
その雰囲気が本当に合うかも、
よく分かるものだと実感しました。

そして買ってみたら、
まさにピッタリでした!

ましてやインターネット通販では、
お店よりも多くのインテリアが見れますから、
あなたのインテリアも、
きっと素晴らしいものになることでしょう。

私はどうして、
今までこんなに凄いものに背を向けていたのかと
後悔しています。

あなたもぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました