お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、ファッション等の色んな情報を発信します。

生活

金属探知機の個人購入と金属探知機の知識について

投稿日:2021年5月25日 更新日:

金属探知機の購入

金属探知機の購入を個人で考えている方もひょっとしたらいらっしゃるかもしれませんが、個人ではなかなか買う機会の無い商品ではないでしょうか。

しかし最近では金属探知機を使って宝探しのように金塊やその他の色々なものを探したりする方もいらっしゃるようで、そのような方には当然必要ですし、重宝するものになるでしょう。

金属探知機にも種類が沢山あり、大まかには工業のライン等で見られるコンベア式、空港等で見られるゲート式、空港や警備員が使用しているハンディ式、地雷や金塊を探すのに適したトレジャー式と4種類に分けられるようです。

インターネットで検索してみると意外と沢山ヒットする事に驚きますが、個人宛にももちろん販売してくれますし、トレジャー型やハンディ型は個人で購入される方もいらっしゃるようです。

インターネットをはじめとする多くのショップでは購入も出来ますが、レンタルも可能なようです。

どれだけの使用頻度があるのかによって、購入すべきかレンタルするべきかを考えると良いでしょう。

 

金属探知機の価格

金属探知機の価格は商品によってももちろん違いますが、性能や使用する用途によっても大きく変わってくるようです。

例えばコンベア式ですが、タッチパネルが搭載しているもの、全ての金属が検知可能なもの、電源によっても違ってくるようです。

またコンベア式やゲート式は大きさや性能によって変わってきますし、多くは受注して納入するか製作するようですので、価格は要相談といったところではないでしょうか。

個人でも手軽に使用が出来るトレジャー式金属探知機やハンディ式金属探知機は比較的安価なもので、安い商品で数万円程度で購入する事が出来ます。

しかしレンタルする事も可能ですので、購入した方がお得なのか、レンタルした方がお得なのかを判断してから購入を考えるようにすると良いでしょう。

せっかく購入しても、全く使わなくなってしまうと勿体無いですが、中古品としても販売されていますので、もし使用する事が無くなった金属探知機があれば、インターネットオークションなどで売ってもよいかもしれませんね。

インターネットショップでも購入が出来ますし、中古品の金属探知機を取り扱っているショップもありますので、色々と探してみてはいかがでしょうか。

 

金属探知機のレンタル

金属探知機をレンタルする事も出来るようで、警備会社などでもレンタルで使用しているところもあるようですので、色々と調べてみましょう。

ちょっとインターネットで調べてみたところによれば、大きな工場等で使用されるコンベア型や、空港などで利用されているゲート型にはレンタルはないようですが、個人でレンタルする方はまずいないと思います。

企業であればレンタルよりもリースになる事が多いようです。

個人で金属探知機をお探しの方は、ハンディ型やトレジャー型であればレンタルは可能ですので、お目当ての金属探知機をインターネットで探してみてはいかがでしょうか。

レンタル料金は殆どの会社が1日数千円~数万円でレンタルする事が出来るようですが、使用日数が長くなればなるほど購入した方が安い場合もありますので、事前にしっかりと調べておいた方が良いと思います。

ちなみに個人で利用されている方の多くは、考古学の専門家であったり、地質調査を生業としている方などが多いようで、中には宝探しといったトレジャーハンティングも行なわれているようです。

 

金属探知機の情報

金属探知機とはその名の通りで簡単に説明すれば金属の有無を検知したり探知する機器の事をいいます。

電磁誘導といったものを利用しており、元々は地中に埋められている地雷原を探し出すために開発されたようですが、現在では空港や港湾の所持品チェック、あるいは食品ラインや衣料品のチェック等にも利用されており、さらには趣味分野としても、金塊の発掘作業や隕石を探し出したりと色々な分野で活躍しているものです。

大きなものでは巨大な金属探知器から、小さなものはハンディタイプのものまで多種多様にあるようですが、私達が普通に生活している上では、なかなか使用する事の無いものではないでしょうか。

しかし個人ではなかなか使わないものですが、仕事であれば多くの企業がしようしていたりもする、意外にごく身近にあったりするものでもあるのです。

日本でも金属探知機が沢山使用されており、製造工場内や空港ではもうおなじみになっているので皆さんもご存知かと思います。

日本では金属探知機の事を金属探知器と表記されていたり、あるいは金属検出器や金属検出機などと表記されている製品もありますが、違いについてはちょっと分かりかねます。

恐らく細かい表記の違いだけで、性能自体はそんなに変わり映えの無いもののように感じますが、どうなんでしょうか。

さて日本国内でもこの金属探知機を製作している老舗業者があり、日本金属探知機製造株式会社という会社が有名のようです。

昭和47年に設立されている事から、金属探知機自体の歴史も結構古いものであるとお分かりになると思います。

金属探知機は日本国内だけで使用されているだけでなく、国外へも輸出をしているようで、日本の製品の性能が良い事がなんとなく分かります。

日本で一番利用されている場所と言えば、製造工程のラインで、衣類や寝具等の留め金などの金属を探知するもの、あるいは食品関係で金属を探知する生産ラインの検査工程として導入されています。

また警察や警備保障会社等が空港などで使用している大きなゲート型の金属探知機や、ハンディタイプのリング型も御馴染みとなっています。

金属探知機の原理から説明すると、電磁力を利用して金属を探知するもので、センサーコイルの部分で磁界を作っています。

探す金属の表面にも実は電流のようなものがあり、そこへ金属探知機を近づけると、金属の表面にある渦電流が反応して、別の磁界を作り出すのです。

その作り出された新しい磁界をセンサーコイルが感知する事で金属を探知するのです。

次に金属探知機の仕組みについてですが、基本構造としては振動子とコイルから成り立っています。
振動子から発生している電流がコイルを通過して磁場を作り出すのです。

こうしてみると科学の授業などで習ったような簡単な仕組みのような気がするのですが、皆さんはどのように感じましたか。

ちょっと詳しい人であれば、人気のハンディ型金属探知機は何とか頑張れば自作出来そうな感じがする気がします。

私は全く詳しくも無いので無理だと思いますが、ちょっと詳しい方は頑張れば自作出来るのではないでしょうか。

使い道が無くても金属探知機が自作できる人は絶対に周りからスゴイって言われるんでしょうね。

 

金属探知機を手に入れる

金属探知機を自作出来る方もいらっしゃるようですが、やはりそう簡単には金属探知機は自作出来るものではないようですね。

インターネット上では金属探知機の自作についての情報もありますので、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

ちょっと気になる情報ですが、AMラジオと電卓を使えば、簡易金属探知機が自作出来るといった海外の動画がありました。

確かにAMラジオのチューニングを上限に回して、その上に電卓を重ねるだけで簡易的な金属探知機になるようで、これを見る限りでは金属探知機を自作する事が出来るような気にもなってくるものです。

YouTubeの動画でありましたが、それによると砂浜に埋まったコインを感知していますが、実際に日本で同じ様にやってみた方の情報では、そこまで上手くはいかないとの事でした。

ひょっとしたら何か構造が違うとか、やり方が違うのかもしれませんが、素人にとって金属探知機は未知の世界でもありますので、専門的な知識があれば自作も可能なのかもしれませんね。

 

金属探知機は中古でも販売されていますので、もし個人でハンディ式の金属探知機が必要であれば、インターネットで検索すれば
沢山中古品でもありますし、インターネットオークションでも出品されて取引されているケースもあるようですので、購入を考えている方でちょっと金額が高いだとか、レンタルするにも使用する日数がはっきりとしないなどであれば、中古品を利用してみるのも良いかもしれませんね。

また自分が購入して使用しなくなった金属探知機があれば、逆にこちらからインターネットオークションに出品するか、あるいは中古業者へ連絡して買い取ってくれるところもありますので、インターネットで検索してみましょう。

また色々と探してみると、このような中古製品の業者は金属探知機ひとつでも企業が使用するコンベア式やゲート式もありますし、個人用にしても多目的金属探知機から、金専用金属探知機、深層用金属探知機など種類がありますのでちょっと驚きです。

その他にも放射線測定器や放射線検知器などもあり、セキュリティ機器も取り揃えている中古業者がありますので、必要に応じて購入しましょう。

 

金属探知機の知識

金属探知機のテストピースとは

金属探知機のテストピースとは一体なんでしょうか。

金属探知機を使用する際には検査して実際に反応するかどうかを確かめる必要性があるのですが、その際に使用されるテスト用の
金属片がテストピースと呼ばれています。

本来はテストピースとは建築業界や土木業界で使われているようですが、この金属探知機にも使われているようですね。

金属探知機のテストピースには金属片や金属球を使用するケースが殆どで、小さなテストピースと大きめのテストピースの数種類で検査が行われます。

また金属についても金属探知機で最も発見が困難であるとも言われているステンレススチール製のテストピースを使用するケースが多いようです。

これらは企業が使用するようなコンベア式の金属探知機に使用されるようで、個人が使用するようなハンディ式の金属探知機であれば、テストピースが無くても、自分でコインを地中などに埋め込んで反応するかどうかを確かめればいいですね。

トレジャー式のものでは地雷検知用ですので、ある程度地中深くの金属でも感知が出来るようですので、これについてもテストする必要があるでしょう。

ハンディ金属探知機の選び方

ハンディ式の金属探知機を購入する際の選び方ですが、インターネットショップで探してみたり、あるいはインターネットオークションでも新品や中古品を購入する事が出来ますが、このような商品は正規のディーラーや製造元がはっきりしている商品を専門のお店で購入した方が安心でしょう。

一種の電化製品と同じような考えでいくと、やっぱり信用のおけるショップで購入した方が安心ですし、故障した際の修理や保証も万全な方が良いに決まっています。

なかなか購入するものでもないのですが、一度購入すれば長い間使えた方が良いですし、故障しない方がいいのですから、ちょっと金額が高いかもと感じても、安心を一緒に購入してみてはいかがでしょうか。

またハンディタイプの金属探知機と言っても、形状や性能も多種多様にありますので、あなたが必要とする機能や性能、あるいは検知する金属等の形状や探知場所によっても変わってきますので、購入は時間をかけて選んだ方が良いかもしれませんね。

正規ディーラーやショップでは、製品のスペックなども詳細に記載されていますので、まずは正規店のホームページで色々と調べてみましょう。

-生活
-,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.