お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、ファッション等の色んな情報を発信します。

ビジネス

空港の仕事についての情報をお届けします

投稿日:2021年5月30日 更新日:

空港の仕事についての情報~まえがき

空港の仕事についての情報のお届けです。

空港の仕事は誰からも注目される、パイロットやスチュアーデスだけではありません。

空港には実に様々な仕事があり、それらの空港の仕事があってこそ、お客さんが安全に飛行機に乗って空に飛び立つことができるんです。

空港の仕事に中には、乗客の安全を確保するための整備や電気関係など大切な仕事がたくさんあります。

空港の仕事に興味を持たれた方は、是非参考にしてください。

 

空港での仕事内容

空港関係の仕事

空港関係の仕事というとパイロットやスチュワーデスの仕事をイメージしますが、パイロットやスチュワーデスだけが空港関係の仕事ではないんです。

空港には実に様々な仕事があり、それらの空港の仕事があってこそ、お客さんが安全に飛行機に乗って空に飛び立つことができるんです。

空港の仕事で直接飛行機に関係している仕事だと、機内食の搭載、貨物の搭載、燃料の搭載、機用品の搭載、機体の移動・誘導、機体の整備などがあり、これらの空港の仕事をしているのは男性が多いですね。

逆に空港の仕事で女性が多い仕事は、ターミナルでの仕事で、チケットの発券、お客の案内、ラウンジ業務などがあります。

また空港の表には出ませんが事務系の仕事も色々とあります。

空港関係の仕事にどんな仕事があるか知りたい人は、各空港のホームページでその空港で求人や就職を募集している仕事について紹介したりしているので見てみるといいですよ。

空港の仕事募集は空港の仕事といっても色々とあるので、その仕事によって空港の仕事募集の件数は違ってきます。

空港の仕事でも花形の仕事であるパイロットやスチュワーデスの仕事探しは仕事募集こそ少ないですが、特別な仕事のため仕事ができる人も少ないので、仕事募集は難しくないでしょう。

空港のカウンターなどの仕事は仕事をするのに必要な資格こそありませんが仕事募集はあまり多くないので、ハローワークや求人情報誌で空港の仕事募集を探すより、転職支援サービスや派遣会社に登録して空港の仕事募集を探した方がいいでしょうね。

空港内のショップも、ある意味では空港の仕事に入りますが、こうした空港内のショップの仕事募集は、転職支援サービスや派遣会社より携帯のウェブやインターネットの登録制のバイト求人サイトに多いので、そうしたモノを活用して空港の仕事募集を探してみてください。

 

空港での仕事内容

空港での仕事は、パイロットやスチュアーデスだけではありません。
空港での仕事は、かなり多くあるため、その仕事内容もたくさんあります。

もちろん空港での仕事内容には、パイロットやスチュワーデスなどの直接飛行機に関わる仕事や、整備員や誘導員として空港に関わる仕事内容の仕事もありますが、空港の中でカウンター業務として、空港に関わる仕事内容の仕事もあるんです。

空港のカウンター業務の仕事内容は、お客様がスムーズに飛行機に搭乗できるように手助けをする仕事です。

空港のカウンター業務の仕事内容として、まずチェックイン業務があります。

空港のカウンター業務の仕事であるチェックイン業務は、空港へきたお客様の目的地への必要書類の確認をしたり、お客様の荷物の預かり、座席の決定を行うのが主な仕事内容になります。

次に空港の搭乗業務の仕事内容は、出発時間までに全てのお客様が無事に搭乗できるよう搭乗口で案内する仕事です。

この搭乗業務の仕事内容は、飛行機を時間通りに出発させるためには大事な仕事なんですよ。

又、チェックインカウンターや搭乗ゲートで荷物検査やボディチェックを行い、危険物が機内に持ち込まれるのを防ぐ事を主な役割としている空港の仕事もあります。

”空の安全”を守るため、最大限の注意を払って任務にあたります。

セキュリティといっても、お客様と接するわけですから、快適な空の旅を演出するためサービスマナーは必須です。

またいろいろな国のゲストに応対するための語学力もポイントですね。

これらの空港の仕事に就きたい場合は語学力などを身に付ける事が出来るエアラインコースなどが特にオススメです。

 

空港でのグランドサービス

空港の仕事で、空港のカウンターで乗客サービスを行う仕事がグランドサービススタッフです。

この空港の仕事はグランドホステスなどとも呼ばれていて、パスポート・ビザの確認、チケット発券、搭乗案内のアナウンス、チェックインの手続や荷物の受付、空港で直接航空券を購入する人への発券業務、ゲートからの搭乗や到着からゲートまでの案内・誘導をする仕事です。

グランドサービススタッフの仕事は、空港に来たお客さんの様々な質問に答えられないといけないので、空港内の様々なことに
精通してないとできない仕事なのです。

また空港に来るお客さんは日本人だけではないので、空港に来た外国人客に対応できる語学力が、このグランドサービススタッフという空港の仕事をするのに必要になります。

このグランドサービススタッフという空港の仕事は、勤務時間が変則的になることが多いですし、ただ空港のカウンターに座っていればいい仕事ではないので、空港の仕事の中でもけっこう重労働な仕事みたいです。

空港に行った事がある方なら誰でも、「あぁ~、アレがグランドサービススタッフなんだ」って、わかると思います。

普通の企業の会社の受付嬢さんとは少し雰囲気が違うと思いませんか?

空港の仕事の中でもグランドサービススタッフはキャビンアテンダントと並んで各航空会社の顔とも言えますし一番に目に付く人でもあるわけです。

ですから、容姿は勿論ですが、言葉遣いやお辞儀の仕方から仕草や対応はバツグンですね。

ソノ上、語学力も含めた知識も豊富ですのである意味、理想の女性像とも言えるのではないかと思います。

空港の仕事の中でも、非常に華やかですが、ソコにたどり着くまでは相当の努力が必要ですし、仕事内容も見ている方から考えている以上にかなりハードですから、それなりの根性や覚悟が必要ですね。

 

空港での整備の仕事

空港での仕事で航空業界というと、とかくパイロットやキャビンアテンダント(CA)など華やかな仕事にスポットライトが当たりがちです。

ですが整備士たちは、毎日の安全で快適なフライトを支え続ける“縁の下の力持ち”の仕事に誇りを持っています。
一般には、エアライン整備士と呼ばれています。

航空機の整備は、飛行時間や飛行回数によっておおむね4つの段階かに分かれます。

まずは「Aチェック」です。

これは航空会社によって多少異なりますが、飛行時間が300~500時間(または約1カ月)程度に達すると、最終便で到着してから翌日の始発便で出発するまでの時間に整備が行われます。

作業時間は深夜から早朝までの6時間程度で、10~12人ぐらいの人員で作業を分担します。

エンジン、フラップ、タイヤ、ブレーキなどの重要部品チェックと、オイルなどの補充・交換、各部の清掃などが主な作業項目です。

また飛行機が空港に到着後、次の目的地に出発するまでの間に行うのが「Tチェック」です。

これは毎日、1回1回のフライトごとに繰り返されます。

飛行機が着陸してから次に出発するまでの時間は、国際線では約2時間、国内線の場合はわずか45分~1時間しかありません。

その限られた時間の中で整備士は外観に異常がないか、タイヤがすり減っていないかなどを目で点検し、コクピット・クルーから飛行中の不具合などの報告があれば時間内にその整備も完了させます。

ほかに、1年~1年半(または飛行時間6,000時間程度)ごとに実施される「Cチェック」と、約5年(または飛行時間2万4,000~3万時間)ごとに行われる大規模な「Mチェック」があります。

車でいうと「車検整備」に当たるCチェックでは、1週間程度をかけて各部の精密検査や機体構造の点検を実施します。

そしてM整備では、塗装をはがし、内装部品もすべて撤去して機体を骨格と床だけの状態にし、1~2カ月かけて徹底的にオーバーホールします。

まさに飛行機の「人間ドック」ともいえる整備ですね。

このような空港の仕事は、見た目には表れませんが、乗客が安心して楽しい旅を送れるように本当に必要な仕事である事はいうまでもありませんね。

 

空港の仕事 エアカーゴ

空港の仕事の中でも、チェックインカウンターで預かったお客様の荷物を旅客機に積み下ろしする専門家の仕事があります。

旅客荷物だけではなく貨物専用機の貨物積載を行うこともあります。

コノ仕事は、空港の仕事の中でも貴重な荷物を預かるので、責任感が必要です。

旅行会社に入社後、エアカーゴスタッフとして空港に派遣されるのが一般的です。

貨物搬入・搬出だけでなく、乗客・貨物データの処理や、事務所内でのパソコン業務、ビジネス業務なども行います。

専門のカリキュラムを持つエアライン系コースで学ぶと有利です。

空港の仕事の中でも、流れる汗を感じないと仕事じゃないという人におすすめの仕事といえるでしょう。

航空便などの貨物を物流センターや倉庫で行き先ごとに仕分けしたり、梱包したり、フォークリフトを使って搭載するのがエアカーゴの仕事になります。

この仕事には、予想以上に女性も多く働いています。

次々と荷物がやって来るので息の抜けない緊張感もありますが、皆が忙しく動き回っている職場ゆえに、常に活気に満ちあふれていると言えます。

荷主のリクエストに即、応じることができるよう24時間体制をとっている会社も少なくありません。

空港の仕事として将来、セールスなどの他部署へ移動しても現場の経験が生かされる部署だといえます。

 

空港の安全業務

空港の電気施設

空港の仕事の中に、電気施設関連の業務があります。
そして、空港の仕事の電気施設関連の業務は、大きく二つのグループに分けられます。

ひとつは、旅客ターミナルビルなど建物の電気設備(受変電設備や照明設備など)の管理業務です。

空港の仕事の中の建物関連における業務では、空港内での安全はもちろんのこと空港間競争の活発化に伴いお客さまや事業者様に喜ばれるような新しいサービスや施設の提供をつぎつぎ求められるようになり、快適性や利便性の向上に係る施設の設置や改修業務が増えてきました。

また、環境保護と経費削減の観点から省エネ対策にも積極的に取り組んでいます。

もう一つの空港の仕事における電気施設関連業務は、航空機の安全運航に欠かせない航空灯火(滑走路などに設置されているライト)の管理業務です。

航空機の安全運航に係わる重要施設なので、厳格な基準のもとに管理を行っています。

航空灯火は主に夜間や低視程時における航空機の運航において重要な役割を果たす施設ですが、色とりどりに輝くライトは夜の空港を幻想的なムードにさせ、展望ホールから見える夜景においても一役かっています。

夜の空港の滑走路が、デートスポットになっていたり空港での最終滑走を見ながら「愛の告白」なんて事もありのようです。

このような自然のような演出も、空港の仕事を行っている方々の努力あってのモノなんですね。

どちらの施設においても計画的にメンテナンスや新設・改修を行い、また24時間体制で設備の運用状況を監視しながら電気を安全に供給し、空港の運用を支えています。

 

空港建設

空港の土木関連

空港の仕事の中で、土木関連の仕事についてお話したいと思います。

関西国際空港は、人工島に作られた世界初の海上空港であり、その先進性や環境に対する配慮などから世界的に注目されています。

2001年には、パナマ運河やエンパイアステートビルなどと共に、アメリカ土木学会から20世紀を代表する世界の10大事業のひとつとして認定されました。

また、日本土木学会からも学会賞・環境賞を授賞するなど、数々の表彰を受けています。

空港の仕事における土木部門では、建設事業の埋立工事に係る施工管理はもとより、国際空港の滑走路、道路等多種多様の土木施設の計画・設計・施工を担当しています。

また、関西国際空港においては唯一の交通アクセスであり、世界的にも数少ない道路・鉄道併用の「連絡橋」をはじめとした、既に供用している諸施設の保守・改修も継続的に行っています。

このように、空港や飛行機と言えば、完成してしまった状態でしか見る事は少ないですし、パイロットやスチュアーデスに目が行きがちです。

又、空港内での待合室やロビーでの仕事ばかりが目に付きますが、空港が出来るまで、そしてソノ空港の安全管理や環境対策、設計から施工までと、様々な形で空港の仕事に関わっているのです。

空港に足を入れたときにはソノあたりを考えて色々と見てみるのも楽しいと思いますよ。

-ビジネス

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.