お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、ファッション等の色んな情報を発信します。

生活

クイーンビートルの料金や速度は?博多~門司港往復の船内を調査

投稿日:

クイーンビートルの料金

クイーンビートル(QUEEN BEETLE)ってわかりますか?

JR九州高速船株式会社が運航する高速船で、
日韓間(博多⇔韓国の釜山)で
運航するためにオーストラリアのオースタル社で製造されました。

現在は新型コロナウィルスの影響で運休中となっています。

運行は1日1往復となっています。

福岡⇔釜山の距離は約200kmで、
所要時間は3時間40分です。
200kmの距離というと、
東京と大阪の約半分。
福岡からだと鹿児島や広島までの距離と変わりません。

まるで国内旅行に行くかのような感覚で利用できるのはいいですね。

そのクイーンビートルの料金を調べてみたところ、
料金は大人で片道16,000円。往復32,000円です。
小人やシニア、障害がある方は半額となります。

又、キッズ(1~5歳)は2,000円。
幼児(0歳)は無料です。
幼児も座席を必要とする場合はキッズ料金となります。

その他に、乗船運賃とは別に
「燃油特別付加運賃」というものも追加で必要です。

金額は1,000円前後です。

 

予約の際に必要なものは、
氏名(パスポートに表記のローマ字)
国籍
性別
生年月日(西暦)
パスポート番号(任意)
申込者の電話番号
です。

インターネットでの予約も可能で、
インターネット経由だと割引があったり
クレジットカードを利用する事で
カード会社特有のポイントが付いたりするので
更にお得になる可能性もあります。

 

クイーンビートルの速度

クィーンビートルの最高速度は
65km/hくらいだと言われています。

実は今まで日本と韓国を往復していた
ビートルの所要時間は約3時間でした。
新型のクィーンビートルになって
40分も長くなってしまいました。

普通、新型になったら
前より速く走ると思いますよね。
スピードが遅くなると
魅力が減ってしまうのではと思いますね。

ただ、これには理由がります。

ビートルは飛行機を作る会社である
ボーイング社が製造しました。
速度は約80km/hです。

逆に速度が速いので、
安全を確保するために乗車中は
シートベルトの着用が必要でした。
又、デッキへ出て外の風を浴びたり、
船内移動もトイレ程度になります。

運よく窓側の座席を確保できた人はまだいいですが、
中央付近の席になってしまうと
船旅を楽しむどころではありませんね。
じっと座ったままの3時間は
逆に憂鬱になると思います。

新しくなったクイーンビートルの最高速度は
65km/hくらいと言われており、
シートベルト着用は不要です。

これによって快適な船旅が
実現できるようになったといえますね。

 

クイーンビートルの博多~門司港往復

クィーンビートル(QUEEN BEETLE)は、
2022年4月10日から「博多~門司港航路」が新設されるとの事です。

クィーンビートル(QUEEN BEETLE)は元々外国船籍でした。
このたび、2022年2月に日本船籍化されたのです。
これを記念してだと思いますが、
今回「博多~門司港航路」が新設されました。

2022年6月までの運行予定は、
4月10日・24日・30日
5月8日・15日・29日
6月5日・12日・25日
です。

この「博多~門司港」の所要時間は片道で約2時間45分です。
博多を午前9時に出発して
門司港に午前11時45分に到着する便と、
門司港を午後4時に出発して
博多に午後6時45分到着の便とになります。

っという事は、
福岡市在住の方は朝に福岡から門司港へ行って
北九州で夕方まで遊んで午後4時の船で帰路につく
という船旅を利用した日帰りは出来るけど、
北九州在住の方は出来ないという感じですね。

料金ですが、
大人(中学生以上)片道6,600円
小児(小学生)片道3,300円
1歳以上~未就学児⇒大人1人につき1人無賃(席無し)
1歳未満は無賃(席無し)
片道2,500円追加でビジネスクラスへ変更できます。

少し料金が高いと感じる方もいるかもしれません。

クィーンビートルに関しては
移動の手段として考えると料金は高いです。
逆に、乗船を楽しむという感覚で利用する事がベストです。

ちなみに博多から門司港航路に乗船した人には、
門司港だけでなく、
下関や巌流島にも行ける
関門連絡船・巌流島連絡船(運航会社/関門汽船株式会社)の
「トライアングル1日フリーパス」が
プレゼントされるとの事です。

 

クイーンビートルの船内

クィーンビートルの船内について少し解説します。

「スタンダードクラス」はの座席の間隔は広いです。

これは、従来のビートルに備わっていた
「グリーン席」と同等との事です。

広さだけでなく座席にはこだわりがあって
4人対面シートや1人用シート、2人用、3人用、4人用と
並び座席のバリエーションがあります。

車いす優先の座席や共用ラウンジシート
リクライニングも出来てUSBポートや開閉式のテーブル備わっています。

また、さすがJRというべくキオスクがあります。
このキオスクは軽食を提供しています。

他には、展望デッキ、駐輪場、キッズスペース、広めの荷物置き場、免税店など、
今までは無かった新しいサービスもあります。

従来の「グリーン席」は、「ビジネスクラス」にランクアップされ、
圧倒的な広さと快適さを備えています。

「ビジネスクラス」にもAタイプとBタイプがあり
広々とした開放感を味わえるタイプと、
個室のような感覚を味わえるタイプに分かれます。

 

1F
クィーンビートル1F

 

2F
クィーンビートル2F

 

前述した通り、クイーンビートルの速度は
前のビートルよりも遅くなっていますが、
クイーンビートルの利用客はビジネスでの利用というより
観光利用が殆どです。

クイーンビートルでの船旅は以前よりも楽しく快適で
また利用したいと思う事でしょう。

Sponsored Link





-生活
-, ,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.