ラン活はいつから?くだらないとブログで言うけどイオンは年中セール

rankatsu2 ファッション
スポンサーリンク

ラン活とは?

ラン活って言葉が流行っているそうですが、
ラン活っていったい何のこと?

ラン活とは、
小学校の入学前の子供を持つ親たちが
ランドセルを購入するためにする活動の事です。

おいおい、ラン活って(汗)
就活や婚活から始まって、
終活や妊活など
他にも色んな新しい○○活って言葉が出来ています。

しかも、ラン活って
「お店でランドセルを買うだけでしょう!」
って思いますよね。

それが、最近では違うみたいなんです。

私の知人にもラン活している人が居たので
聞いてみました。

rankatsu2

知人の回答だと

ランドセルは小学生にとって必須のアイテムだし、
以前は秋ごろがピークだったのに
今ではゴールデンウィークには
目ぼしいランドセルは売り切れているから
早めに見に行って予約してあげないと子供が可哀想

だとか。

確かに一理あるなぁと思って
ラン活について色々と調べてみましたのでお伝えします。

 

ラン活っていつから?

ラン活はいつくらいから始めるといいでしょう?

前述の知人の話では
ゴールデンウィーク頃には終わっているとの事でした。

ランドセルも含めたバッグに
学校指定がある地域の方は気にする必要はないのでしょうが、
そうでない地域の方は早めにラン活を始めた方が良さそうです。

特に高級ランドセルや
工房系ランドセルを希望される親御さんは
ゴールデンウィークには
売り切れになっている事が殆どらしいので、
ホントに早めの行動が必要みたいです。

ランドセルは高学年まで使うものなので、
しっかりとした物を選びたい気持ちはわかります。

rankatsu1

近年ランドセルは、
色や刺繍やデコなど
小学校に入学前の子供たちが
欲しがりそうなデザインの物が多く、
ついつい色やデザインで選んでしまうそうですが
本来のラン活はそういったものとは違います。

実際は、通学の距離などから
時間を考えてあげる必要があります。

子供が6年間も使うものなので、
カラダへの負担を考えた設計や
大きさのモノにするべきです。

よく、カタログ製品でいいのではとか
ネットで買えば安いかも
という考えになりがちですが、
それだと大きさや重さもわかりません。

ですから、私は「実際に背負ってみる」必要があると思います。

よく、イオンなんかのランドセルコーナーには
たくさんのランドセルが展示してあり、
実際に背負って見る事も可能なので、
まずはお試しで行ってみるのもアリかもしれませんね。

又、色んな事情で人が集まる場所に行けない場合は、
メーカーが郵送でお試しをさせてくれるモノもあるとの事です。

私が小学生の頃のランドセル事情は、
男の子は黒で女の子は赤っていうのが定番でした。

rankatsu3

しかし、最近のランドセルは
水色のランドセルを背負ってる女の子も
たくさん見かけます。

女の子だから赤かピンクっていう発想は
今では古いんですね。

機能的にも、ランドセルの留め具は
つまみをひねるというのが常識だったのですが、
今ではオートロックが標準装備のランドセルも多数あります。

軽くてオシャレで機能性も抜群で収納もたっぷりって、
今の子供たちは恵まれているのかもしれませんね。

 

まとめ

ラン活とは何かから、ラン活の時期、
今のランドセル事情などについてお伝えしてきましたが、
小学校に入学するという事は新しい門出でもありますし
6年間という成長過程で使うランドセルは
慎重に且つ喜ばれるものを選んであげたいですね。

rankatsu4

そのためにも日頃から
子供さんとの会話から色やデザインの希望を聞いたり、
親として子供を想う気持ちを伝えながら
ランドセル選びを進めていくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました