お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、ファッション等の色んな情報を発信します。

生活

メガネのレンズのみ交換で他社のフレーム持ち込みで安いメーカーは?

投稿日:2022年5月11日 更新日:

メガネレンズの交換

メガネは以前に比べると格安のメーカーが増えています。

特に私が目にするメーカーは、
JINS(ジンズ)、眼鏡市場、Zoff(ゾフ)、
OWNDAYS(オンデーズ)、ALOOK(アルク)
あたりです。

最近のメーカーはレンズ代込みの低価格帯に加えて、
度数によるレンズの追加料金まで不要という点が
多くのユーザーの支持を得ているようです。

その価格帯に関しては、
企画から製造や販売まで全てを自社で行う事によって
コストカットが実現出来ていると思います。

更に軽さや掛け心地も良く、
デザイン性も豊富なため、
安い価格なので数本を買って、
様々なシーンによる使い分けが出来る事も
好評を得ています。

meganelens2

そんな価格の安いメガネですので
数年で買い替える事も出来ますが、
フレームが気にいっているメガネの度数が
合わなくなった時に
メガネレンズだけの交換する事ってどうなんでしょう?

実は私が使っているメガネは、
メガネの上からプレートを重ねることでサングラスにもなる
2WAYグラスのメガネです。

メガネとプレートの接続部分は
マグネット式なので手軽に着脱できます。

でも、このプレートは度数が合わなくなって
メガネを買い替えてしまうと、
新しいメガネとはサイズが合わなくなってしまう事で
使えなくなってしまうん可能性が高いんですね。

じゃあ、レンズだけ交換したらどうなんだろうって
思ったのが今回の記事のきっかけです。

 

各メーカーのレンズ交換の価格

メガネの各メーカーごとに他社のメーカーを持ち込みした場合の価格を調べてみました。

 

JINSに他社メーカーを持ち込み

JINSは、他社のフレームの持ち込みでの
レンズ交換も出来ます。
レンズ交換代金は¥5,500です。
乱視用や超薄型レンズでも追加料金0円なのも、
度数が強い人には非常にオススメです。
但し、ブルーライトカットレンズや
遠近両用などのオプションレンズの場合は、
5,500円にプラスしてオプションレンズ代がかかります。

 

眼鏡市場に他社メーカーを持ち込み

実店舗のみで、
持ち込みフレームのレンズ交換ができます。
価格はレンズに関係なく2枚1組11,880円です。
ブルーライトカットやカラーレンズなどのオプションは、
プラス3,300円から可能です。

 

Zoffに他社メーカーを持ち込み

Zoffのページには、
Zoffでご購入いただいたフレームであれば、
全国のZoff各店で両眼のレンズ交換を
「3,300円(税込)」から承っております
と書かれています。

逆に言うと、
持ち込みには対応していません
という事だと思います。

 

OWNDAYSに他社メーカーを持ち込み

OWNDAYSでのレンズ交換は、
基本料金が7,700円です。
遠近両用とかでなければ度数に関係なく
追加料金0円で超薄型レンズが選べます。

ホームページには、
「他店でご購入されたメガネのレンズ交換も
同一価格で承っております」
という記載もあるので、
気後れすることなくフレームを持ち込める。
遠近両用・中近両用・近々両用は、
基本料金+3,300円です。
プレミアム遠近両用レンズにすると、
基本料金+8,800円です。

 

ALOOKに他社メーカーを持ち込み

ALOOKは、標準レンズが2枚一組で3,300円です。
薄型・超薄型・超々薄型非球面レンズは
6,600円で交換できます。

 

他社フレーム持ち込みで安いメーカー

私がざっと調べたところで、
Zoff以外のメーカーは他社のフレームを持ち込んでの
レンズのみの交換が可能です。

ただ各メーカーによって、
ブルーライトカットレンズや遠近両用などの
オプションレンズになると多少のバラツキがありますし、
価格も違います。

自分が交換しようとしているメガネのレンズが
どんなレンズなのかを決めてから
レンズのみの交換を行うといいですね。

meganelens1

このレンズ交換を機に、
遠近両用にするとかブルーカットレンズにしようとかって
選択肢もアリだと思います。

私のようにプレートを重ねてサングラスに出来る
2WAYグラスとかでなければ、
気分転換にレンズのみの交換では無くて
新しいメガネへの買い替えの方が
お得になる場合もありますね。

Sponsored Link





-生活
-, ,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.