二日酔いの頭痛や吐き気の解消法と食べ物やツボによる症状防止と対策

futukayoi 健康
スポンサーリンク

二日酔いについて

私の後輩にお酒癖の悪いヤツがいました。

夜遅くまで飲んで、翌朝は平気で遅刻して、
昼頃になって
「すんまっせん」
って言いながら出社して。

それを、「憎めないやつ」って言いながら
かばっていた上司もどうなんだろうって思いますが、
そんなヤツでも今は支店長ですからね。

そして相変わらずお酒癖は悪いようです。

二日酔いという言葉をよく耳にします。

私はお酒を飲まないので
二日酔いにはなったことがありません。

また、二日酔いだと言ってダルそうにしている人を見ると、
だらしないなぁって思ってしまう方です。

ただ、お酒は
付き合いには必要なモノの一つでもあるケースもありますし、
節度を持って飲むことを否定するわけではありませんので
飲み方に注意しながら
二日酔いにならないような対策をすればいいと思っています。

二日酔いは様々な不快症状を引き起こします。

二日酔いの症状で
アルコールの過剰摂取により胃腸に症状が出てしまうと、
吐き気や嘔吐、腹痛や下痢などの症状が出てしまいます。

吐き気を感じてしまうほど二日酔いになってしまった時には、
回復までにある程度の時間が必要になることを
覚悟しなければなりません。

二日酔いになると
さっぱりした飲み物が飲みたくなり、
実際に飲んでみると効果があると言います。

二日酔いの症状で
脱水症状の改善が目的なら
ミネラルウォーターを飲むことは間違っていません。

二日酔いの症状で吐き気が強くて嘔吐してしまう人、
アルコールを大量に摂取すると利尿作用が働き、
トイレに行く回数が増え
体内の水分がどんどん排出されてしまうので
のどが渇いて水分ばかり摂ってしまう人、
むかつき症状が続く人、
胃の痛みに悩まされる人などです。

前日摂取したアルコールの分解が
自分の肝臓の処理限界を超えてしまって、
二日酔いを生じさせてしまう
アセトアルデヒドが体内にある状態なのです。

 

二日酔いの症状

二日酔いで頭痛などの吐き気以外の症状の場合には、
その症状の改善に役立つ食べ物や飲み物を摂取することで
症状を軽減させることが可能です。

しかし、吐き気となると
口から物を入れるのが大変だという人も多いでしょう。

二日酔いの症状の中でも脱水症状は、
たとえばビールは飲んだ分だけの水分が
体から出てしまいますし、
ワインになると飲んだ分量と排出する量の割合が
1対1.6であるため、
ビールを飲んだ時より余計に水分を奪われてしまいます。

futukayoi

二日酔いの症状は
アルコールが体内で完全に分解されてしまわないと
良くなりません。

ガンガンと頭痛がして、
人によっては耳から入ってくる音が響いて
翌日の生活やお仕事に影響が出てしまうほど
深刻な状態になります。

二日酔いの症状でその中でも辛いのは
吐き気が続くケースです。

ひたすら吐き気を我慢しながら、
横になってアルコールの分解が終わるのを
待つしかなくなってしまいます。

飲み物すら受け付けないくらいになってしまうと、
どうにもなりません。

二日酔いの症状で
頭痛や吐き気の症状を訴える人が多くいますが、
他にもいろいろな二日酔いの症状がみられます。

二日酔いになった人のほとんどが水分を欲し、
ミネラルウォーター・コーヒー・
お茶・スポーツドリンク・オレンジジュース
などを飲んでいるそうです。

悲惨な二日酔いにならないためにも、
飲んだ後の仕上げにラーメンを食べるというような
無茶は止めましょう。

二日酔いを治すには
十分は睡眠時間が不可欠で時間が必要なのですが、
少しでも二日酔いの時間を短縮したいなら、
水分補給と共にビタミンや糖分を補うことが必要です。

のどの渇きは、
アルコールを飲むと頻繁にトイレに行く人が
増えることでもわかるように、
アルコールにある利尿作用が水分を尿として
外に出してしまうために起こります。

また、二日酔いの症状で
アルコールを摂取した体内では
アルコールを分解するのに必死で
消化するのが遅れてしまい、
いつまでも胃の中に残ってしまって
吐き気や嘔吐の原因となってしまいます。

 

二日酔い 薬

二日酔いを治す薬

二日酔いを治す薬についてまとめてみます。

努力もむなしく二日酔いになってしまった場合に
治してくれるお薬はあるのでしょうか?

実は、二日酔いに限定した治療薬は存在しません。

二日酔い対策に漢方薬を利用している人がいます。

漢方薬は
その人の体質に合わせた生薬を煎じて飲むものですが、
最近は簡単に飲むことができるように
1包ずつ包装されて販売されています。

CMでおなじみのウコンの力は
二日酔い対策に有効なドリンク剤です。

ウコンは肝臓で行われる
アルコールの分解能力を高める働きをする成分である
クルクミンが含まれています。

二日酔いは体内に入ったアルコールの分解が
完了していない状態の時に感じる症状で、
その症状は人によって違うからです。

二日酔いで出てしまった症状を改善する方法を
一つ一つ試して楽になることは出来ますが、
完全になくなることはありません。

二日酔いを起こす人は、
肝臓のアルコール分解能力が優れていない人なので、
肝臓に負担をかける飲酒は本来避けるべきなのです。

日本人の肝臓は欧米人の肝臓と比べると
アルコール分解能力が劣っていて
二日酔いになりやすいと言われています。

二日酔いに効く薬

二日酔いに効く薬の中で
前節では漢方薬を取り上げましたが、
二日酔いの症状の改善に効果のある漢方薬は
いくつかあります。

茵ちん五苓散・黄連解毒湯・黄連湯・五苓散・
柴苓湯・三黄瀉心湯・梔子柏皮湯・半夏瀉心湯
とよばれる漢方薬が二日酔いに効果のあるものです。

胃腸に症状が出ているときには胃薬、
低血糖になってしまったことによる
頭痛や冷や汗などには果糖やブドウ糖が有効だと言われています。

フルーツジュースやスポーツドリンクなどを
飲むと楽になるでしょう。

それと、前節で少し触れましたが
二日酔い対策でテレビコマーシャルで
すっかりおなじみになりました
「ウコンの力」ですが、
肝臓に大きい負担をかけている
アルコールの分解機能に関して肝臓の手助けをしてくれます。

それはウコンのクルクミンという成分で、
1本100mlに30㎎配合されています。

ウコンの力はドリンクタイプだけでなく
顆粒タイプも販売されています。

さらにアルコールの分解を促進させる働きをする
ビタミン類が豊富に含まれています。

タイトルとURLをコピーしました