お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、健康等の色んな情報を発信します。

生活

在宅勤務やテレワークによる新しい働き方はコロナ収束後どうなる?

投稿日:

2021年の働き方

2020年、新型コロナウィルスの感染拡大のため緊急事態宣言が出され、各企業はテレワークや在宅勤務を開始しました。

テレワークや在宅勤務が難しい業種や職種も多くありますが、今、テレワーク等を取り入れている企業や人は新型コロナウィルスが落ち着いた後も、そのままテレワークを続けることになると思います。

元々、テレワークを検討していた企業も多かったようですが、なかなか実施に踏み切れずにいたところ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて急遽リモートワークへ移行したところ、あらゆる生活様式が変わりながらも各人の対応力の高さによって社会生活には大きな混乱が起こることも無く2020年を終えました。

企業としては、これをきっかけにしてテレワーク等の推進をさらに進めていくものと考えられます。

 

自分の対応力の高さに自信を持とう

おそらく殆どの人が突然のテレワークや在宅勤務への移行だったのではないかと思います。

毎朝、だいたい同じ時間に起きて顔を洗って朝食を食べて歯を磨いて出勤の準備をしてという生活が一変したわけです。
今まで当たり前ではなかった事が当たり前になり、当たり前だった事が当たり前ではなくなったのです。

必ずしも会社に出社しなくてもある程度の業務が出来るようになり、上司や同僚に会わなくても仕事が出来てしまうようになったのです。

最初は四苦八苦しながら行っていた業務も、社内の誰にも干渉されずに働けるという環境に対応していったのです。

まずは、テレワーク等に対する環境作りと抵抗感や戸惑いを無くすことに力を注いでいた黎明期。
次に、テレワーク等の環境に慣れ、更に快適な環境づくりと効率的な仕事が出来るように構築していった成長期。

これからは成熟期となるのでしょうが、どんな変化があったとしても対応できるんじゃないかと思ってしまうのは私だけではないと思います。

在宅勤務をしていると上司もいないため褒められる事はありません。
そんな時は、自信を持って自分で自分を褒めてあげましょう。

 

過去の働き方

私は社会人になりたての頃に営業をしていましたが、先輩方の口癖は「全戸訪問」「足で稼ぐ」「渡した名刺の枚数が成績につながる」という昭和時代から受け継がれた体育会系の営業ノウハウでした。

金融機関時代は夜間訪問があり、20時や21時に積立の集金に行っていましたし、ボーナス時期は雪が舞っている中にバイクで23時に訪問したこともあります。

今考えると恐ろしいですね。
23時なんて、お風呂からあがって寝る時間ですよね。

おそらく当時の先輩たちに言わせると、「俺たちの時代は大変だった」と逆に自慢げに話すのではないかと思いますが、視点を変えてみると今のほうが断然ハードで厳しいです。

先輩方の「大変」は、パソコンやインターネットが無い時代ですし、当時の金融機関はようやくお札や硬貨を機械で数える事が出来るようになった時です。
それまでは、お札や硬貨を手で数えていましたし、何かを調べる時も手書きの紙をめくって一つ一つ確認しながら探してました。

いわゆる、マンパワーで仕事をこなすしかなかっただけで大変というよりもそういった作業が忙しかっただけですね。

これからの働き方の注意点

約1年間続いたテレワークや在宅勤務によって、「自分に合ったテレワーク」を見つけれたのではないかと思います。
逆に、それに慣れてしまって緊張感が失われて緩みにつながっている面もあるのではないでしょうか?

ある意味、少し感覚は違いますが、男女間の倦怠期みたいな感じですね。

この倦怠期をどう乗り越えていくのか?
どうやって時間管理をしながら生産性を上げていくのかが課題になってくると思います。

実店舗にもインターネットのショップにもテレワークグッズが多数あり、更に快適に仕事が出来るように改善も出来ます。

こういったハード面だけを構築するのではなく自分自身の内面的な部分を少しずつ強化する必要があると思います。

-生活
-, , , ,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.