白髪予防と白髪対策で大切なものは、シャンプー・サプリ・マッサージ

shiragayobou 生活
スポンサーリンク

白髪予防と白髪の対策について

白髪予防と白髪対策についてですが、
白髪を予防したいと思われている方は
とても多いようです。

そういう私も加齢によって
白髪が増えているので、
月に1度は白髪染めをしています。

私と同様に既に白髪が多くなっている方ならば、
白髪をどのように黒髪に戻すか、
あるいはどのように白髪を隠すかを
日々悩まれていたりします。

高齢者になれば
白髪も当たり前なのかもしれませんが、
比較的若い頃から白髪である事もあり
見た目が老けて見えたりと
良い風には思われないと思います。

芸能人の中には白髪によって渋さが出て、
いい感じのダンディーな大人の男性に
なっている人もいますが、
一般人がロマンスグレーの
ダンディーな男性を演じるのは難しいですね。

白髪を予防するには、
午後十時頃から午前二時位の間に
髪の毛と肌は成長すると言われていて、
その時間には十分な睡眠を取るようにすると
いいそうです。

白髪を予防には十分な睡眠をとっていないと、
血行などが悪くなり毛髪や肌が成長しません。

老化とともに
白髪が増えていくのはどうしようもなく、
白髪を予防する方法を実行したとしても
必ず白髪ははえてきます。

しかし白髪を予防することで
白髪になるのを遅らせたり、
体調を良くしたりすることはできます。

ある程度白髪がはえていたとしても
健康で美肌で若々しく見えるのであれば、
白髪など気にする必要性もなくなります。

白髪を予防するには
生活習慣の改善と
食べ物の摂取の仕方を変えてみるなど、
栄養素からの白髪の予防や、
それにともなったサプリメントの併用も
手軽に不足しがちな栄養素を摂取することが出来るので
おすすめです。

白髪を予防するのには、
亜鉛が含まれている小さな魚や海草や黒胡麻。
そして銅が効果的で、
大豆や貝類やアーモンドなども
白髪を予防するには良い食べ物とされています。

最終的には白髪染めなどで白髪を予防しましょう。

 

白髪の原因とは

白髪の原因は、
メラノサイトという色素細胞の活動が弱まるからです。

もともと毛髪には色素が無く、
メラノサイトの働きによって
メラニンが合成されて、
そのメラニン色素で黒髪になっているのです。

そのメラノサイトが活発に働かないと、
メラニン色素が作れずに
毛髪色素が足りない白髪が生えてきてしまいます。

白髪の原因であるメラノサイトの活動を
弱くする原因として、
食生活の偏りや生活習慣やストレスや
老化などが考えられます。

ストレスの多い現代社会において
ストレスを感じるなというのも無理な話しですが、
食生活の改善や生活習慣の見直しをしてみることが
白髪を予防する一番の方法なのかもしれません。

また白髪の原因としては、
遺伝的な関係で白髪の多い人がいます。

私の家系は両親とも白髪系でした。

私自身も白髪が出始めたのが
四十歳を過ぎてからです。

 

白髪対策について

白髪対策については、
生えてしまった白髪を
自然に黒くするということはできません。

よって白髪を目立たなくさせることが
白髪対策のもっとも有効な方法だと思います。

黒髪の現状保存のためにも、
頭皮の新陳代謝を高めるためや
髪のツヤを出させるためにも、
毎日のシャンプーの前後などに
頭皮マッサージをすることで血行を良くし、
毛母細胞を活性化させましょう。

また乾燥などで
髪の毛がパサついているとだらしなく
老けて見え、
髪の色も白っぽく見えます。

保湿剤や保湿効果のあるスタイリング剤や
トリートメントなどを使って、
髪をしっとりさせて、
髪は保湿効果で黒っぽく見えツヤもあり、
そういった方法も白髪対策には効果的です。

白髪対策用に使用するだけで
黒っぽく見えてくるというシャンプーなどもあり、
全体を黒く白髪染めするには抵抗がある人には、
部分的に簡単に染められる
スティックタイプの白髪染めも販売されています。

白髪染めは嫌だとこだわらずに、
オシャレ染めとしてカラーリングを楽しむ事も
白髪対策には良いことだと思います。

 

白髪予防とシャンプーとトリートメント

白髪予防としてシャンプーをするというよりも、
毎日シャンプーをして
頭皮を清潔にしマッサージなどで血行を促進して、
なおかつ黒髪に必要な亜鉛や銅などの栄養素を
補って行きましょう。

白髪予防のシャンプーは
各シャンプー会社から発売されています。

初めて白髪予防のシャンプーを選ぶ時は、
どこのメーカーのものがいいか
迷ってしまうことも多いと思いますが、
行きつけの美容院に聞いてみるとか
直接販売員に聞いてみるのも良いと思います。

私が聞いた話だと、
新製品は新しく開発されたり
配合されたりした物質が増えていたりして
良く思われますが、
昔から変わらず定番で売り続けている商品は、
それだけ人気があり
効果がある製品だということだそうです。

白髪予防のシャンプーでも髪の汚れを取り、
髪の毛穴を清潔にするということは
普通のシャンプーと変わりません。

それをまず大切にして、
白髪予防のシャンプーは
白髪を予防するための成分が含まれていますので、
綺麗に成った頭皮から
成分が直接髪の毛に効くんですね。

シャンプーしながら
頭皮に良い成分を吸収出来る白髪予防のシャンプーは、
より頭皮に浸透しやすいかもしれません。

シャンプーをする際に頭をマッサージして
血行をよくして外側から
栄養素が毛髪に浸透しやすくするので、
抜け毛などが気になる人にもおすすめです。

 

次に白髪予防にトリートメントも効果的で、
シャンプーした後に栄養分を補ったり
保湿効果で毛髪をしっとりさせて
毛髪の傷みをなくし健康的な髪にそだてます。

今はシャンプー後のトリートメントもありますが、
便利な洗い流さないトリートメントも主流になっています。

シャンプー後のタオルドライした髪につけて
ドライヤーをすることで
ドライヤーの熱からも髪を守り、
乾いた髪にも使用出来るので非常に便利です。

またドライヤー後のパサつきを抑えたり
乾燥を感じた時につけたりと、
髪の毛いたわることが簡単にでき
白髪予防にも効果があります。

白髪予防とトリートメントと言うと、
白髪染めのヘアカラートリートメントがあります。

ヘアカラートリートメントは、
シャンプー後トリートメントとして使うことによって
手軽に白髪を染められるというものです。

ヘアカラートリートメントは
髪に潤いを与えながら白髪染めができるため、
髪のダメージが気になる人や
白髪を染めながら毛髪もケアもしたいという人に
おすすめです。

 

白髪予防と食事とサプリメント

白髪予防とサプリメントは
関係も深く注目されており、
白髪に効果のある栄養素を摂取することで
白髪の増加を防ぎ
健康な黒髪を維持することが出来る事が人気です。

食べ物ではなく、
簡単に白髪予防と対策に必要な栄養分を
サプリメントで補うことが出来るということで
用います。

白髪予防に良いサプリメントは
ミネラルを多く含んだサプリメントで、
根昆布を用いたサプリメントが
効果的の様で多く使われています。

これは根昆布が
髪の発育を即すヨードや植物繊維を多く含み、
ヨードは色素の細胞を活性化して
黒髪を作るのに重要な成分であるだけでなく、
代謝をあげて肌の弾力にも効き
骨を作るのにも必要な成分だからです。

白髪は老化や遺伝やストレスが原因となりますが、
食生活の偏りからの栄養バランスの崩れも
白髪の原因となっています。

もともと色のない毛髪ですが
メラニン色素によって黒く見え、
メラニン色素を作る細胞メラノサイトに
十分な栄養素が行きわたらないと
細胞の活性化が鈍り白髪が増えてきます。

白髪を予防する食べ物として、
黒髪の元であるメラニン色素を作りだす
メラノサイトを活発化させる亜鉛と銅、
それらが含まれている食べ物を食べることが
大切です。

牡蠣や甲殻類などに銅が含まれ、
ゴマには亜鉛が多く含まれています。

髪の新陳代謝や毛細血管の働きを活発化させるには
ビタミンEやビタミンPの摂取が良いとされ、
ナッツ類や柑橘類や緑茶に多く含まれています。

髪のツヤや黒髪に良いとされる食べ物は、
大根や海藻類、ゴマや大豆、牡蠣などがありますが、
特に海藻類にはミネラルも豊富で、
傷んだ髪にも有効で白髪を予防する食べ物としては
摂りやすいでしょう。

大根は見た目からは分かりませんが、
カルシウムが多く含まれていますので
毛髪にハリやコシを与えてくれます。

また髪の毛の成分である、
たんぱく質を含む食品を多く摂ることも
バランスの良い食事ができ、
白髪を予防するのに期待が持てます。

 

白髪染め情報

白髪染めとヘアカラー

白髪染めとヘアカラーの違いについてです。

白髪を染めるものが白髪染めですが、
ヘアカラーも白髪染めと同じものだといえます。

以前は全く別物として売られていましたが、
今では殆ど同じ効果が期待出来る商品と
なっているようです。

実際に白髪染めの商品名に
「ヘアカラー」と名づけられた商品が多いので、
特に気にする必要もないと思います。

注意する事は、
ヘアカラーとヘアマニキュアの違いでしょう。

ヘアカラーは一度脱色を行い、
脱色部分に染料を浸透させます。

逆にヘアマニキュアは脱色せず、
上から染料を乗せる感じです。

脱色を行う分、
ヘアカラーは染まりやすく髪が痛みやすい、
ヘアマニキュアは脱色しない分、
落ちやすく、髪には優しいといえます。

現在では「ヘアトリートメント」と呼ばれる商品が多く、
ヘアマニキュアにトリートメント効果が期待出来る商品が
多くなりました。

商品名では判断出来ない場合もありますので、
購入の際には、染色の方法が何であるのかを
キチンと確認しておきましょう。

白髪染め 男性用

白髪染めというと
男性用のイメージが定着してきています。

女性は今や白髪染めというよりも、
ヘアカラーとおしゃれ染め感覚で
呼ばれている事が多いように思えます。

男性の場合だと、
加齢と共に白髪だけでなく
薄毛も気になってくると思います。

染毛剤などの刺激の強いヘアカラーを使用すると、
当然に頭皮を傷めて薄毛を進行させてしまいますので、
男性なら髪と頭皮に優しい白髪染めを選ぶことが大切です。

また男性は、女性により不慣れな事もあり、
うまく染められなかったり、
髪の毛のケアが女性よりも
手抜きが多い方が殆どです。

男性用の白髪染めを選ぶなら、
時間をかけず手軽に染められるということも
選ぶポイントになります。

同時にシャンプーやトリートメント、
あるいはサプリメントを併用することで、
抜け毛予防や効果がより持続し
発毛などに関しても
健康的な髪を維持することができます。

白髪染め 女性用

白髪染めは女性用であれば、
ヘアカラーやカラートリートメントと
呼ばれている商品が主流になってきた気がします。

ドラッグストアなどで白髪染めを選ぶ時、
男性用と女性用の違いって何?
って感じた事がありませんか。

shiragayobou

結論から言えば、
男性用と女性用で薬品の成分に違いはありません。

ヘアカラーや白髪染めで、
男女の区別をつけた商品を販売しているのは、
染めた後の色、染色時間、
香りなどが違うものです。

男性用の商品は早染めが主流で、
色は黒をはじめとしたダークトーンが中心です。

液剤混合タイプはブリーチ剤が入っているので、
薬剤のにおいがきついために
香りをつけて刺激臭を和らげていますが、
女性用の白髪染めは
女性が好む香りを付けている商品が多いです。

男性が女性用のヘアカラーを使っても
問題はありませんし、
反対に女性が男性用を使っても
色味や香りが合いさえすれば
問題はありません。

タイトルとURLをコピーしました