お役立ち情報NAVI

生活、ビジネス、ファッション等の色んな情報を発信します。

美容

加齢臭の原因と対策について検証結果をお伝えします

投稿日:2021年5月10日 更新日:

加齢臭はなぜ中高年男性

加齢臭で悩んでいる、お父さんは多いでしょう。
家族のためにと汗水たらして頑張っているのに疲れて帰ると臭いと言われて落ち込む日々・・・

ここで、加齢臭の原因と加齢臭の対策を考えていて加齢臭は、なぜ中高年男性に多いのかを調べて分析した結果をお話します。

加齢臭からは早くサヨナラしましょう♪まず、何故ノネナールが中高年の男性に特有のものなのか?

まず中高年の男性の皮脂の中には、「9-ヘキサデセン酸(パルミトオレイン酸)」という脂肪酸が増加してくるということがある。
これは30代までの若い人には殆どないことがわかっています。

そして年齢が高くなるにつれ酸化に対する抑制力が少なくなってくるため、活性酸素に対する抑制力も弱まり、脂肪の過酸化を防げなくなってくることから脂肪酸が酸化され、ノネナールを発生させることにもなるとも言われています。

また男性ホルモンが皮脂腺の発達を促し、皮脂の分泌を盛んにするためにノネナールは男性に顕著であり、女性に少ない傾向があるというわけです。

しかし女性にも加齢臭はあるのです。
女性の方がニオイにくいというのはその対処の仕方にもあると思われます。

一般的には女性の方は、清潔に気を配っており、毎日入浴、こまめに下着を替え、また香水を使うなど、清潔ということがおしゃれの要素として習慣付けられているから臭いにくい~という事になります。

だとすれば、男性も女性のように清潔な生活習慣を身につければ、加齢臭の予防、対処ができるということになりますね。

 

加齢臭の原因

加齢臭の原因についてお話します。

加齢臭の匂いのもとはノネナールという物質と言われています。

老化によって血管のなかに溜まるコレステロールなどの老廃物質が原因でこのノネナールという物質は、パルミトオレイン酸という老化物質が酸化、分解することによりいろいろな脂肪酸ができ、その一種がノネナールという物質になります。

このノネナールをはじめとした脂肪酸は、若者の皮脂のなかにはほとんど存在せず、40歳代から急増するようです。

自分では気付かない加齢臭で知らず知らずのうちに他人から迷惑がられていませんか?

暖かくなり、汗をかく季節になってきましたね。
気になる体臭。

足の臭い、ワキの臭い・・
「臭い」に敏感な現代人にとってかなり深刻な問題ですね。

日本人は欧米人に比べて体臭が極めて少ないとして知られています。
ごはんを主食とした草食系の日本人と肉を沢山食べていた欧米人の違いでしょうか。

体臭を少くするためには、低脂肪・高繊維質・植物性食品が中心の食生活、つまり和食がとても最適なチョイスであると考えられます。

近年の食生活の大きな変化により、高タンパク・高脂肪、肉や乳製品などの動物性脂肪の多い食事へと変わってきたことで、より体臭・加齢臭が発生しやすくなっているということです。

40歳をすぎると注意が必要な加齢臭です。

あなたは大丈夫ですか?
加齢臭対策として、原因物質であるノネナールを抑えるために、「抗酸化作用」のある食べ物(ビタミンC・E)を摂ること、これも加齢臭対策の方法です。

 

加齢臭とストレス

加齢臭とストレスについて考えてみましょう。

体臭となれば食事やストレスも関係しますし清潔にしてるかどうかももちろん関係しますが、病的であれば別ですが本当の加齢臭ならそんなに気にする事もないように思います。

それでも気になるのでしたら、軽めのオーデコロンも良いと思います。
あるメーカーからニオイを消す繊維の服が売り出されています。

”体臭などのニオイが消臭繊維とイオン化結合して臭わないものに分解される”からと説明しています。

つまり、臭いを吸収したりして消臭するのではなく、臭いの成分を化学的に分解することによって消してしまうものなのだそうです。

また、この繊維で消臭効果が期待できる臭いは、体臭などの汗のニオイ、ワキガや足のニオイなど様々です。
さらには加齢臭や尿のニオイにも効果があると言うから驚きですね。

体臭や加齢臭は、体を洗って清潔にしたあと時間の経過とともに臭ってくるものですが、絶えずニオイをすばやく分解消臭してしまうので高いデオドラント効果が期待できるのでしょう。

 

加齢臭と動物性脂肪

加齢臭の原因や加齢臭の予防と対策を考えていると動物性脂肪の摂取について色々と関係があるようです。

日本人のエネルギー摂取量は平均的にはほぼ適正量を保っていますが、脂肪の摂取量は増加傾向にあります。
脂肪は、不足するのも問題ですが、現代ではその過剰摂取の方がより大きな問題なのです。
取り過ぎれば心臓病や大腸がんなどの危険が増加するからです。

そして増加の内訳を見ると、動物性脂肪(魚の油を除く)が目立っています。

動物性のタンパク質や脂質、乳製品を控え、皮脂腺からの脂質の分泌を減らすような食事を心がけることが加齢臭の効果的な対策となるでしょう。

健康の面からも動物性脂肪の摂取過剰は問題です。

植物油や魚の油には動脈硬化を予防する作用もありますが、乳脂肪や肉類の脂肪分など動物性脂肪のとり過ぎは、動脈硬化を促進します。

動物性脂肪にはコレステロールも多量に含まれているため、虚血性心疾患の危険因子である高コレステロール血症も招きがちなのです。

加齢臭を防ぐだけだはなく、健康な生活を営む上からも動物性脂肪の取りすぎには注意しましょう。

 

加齢臭の原因と対策

加齢臭の原因と加齢臭の対策についてお話します。

日本人は体臭が極めて少ない民族として知られてきましたが、それは低脂肪高繊維質、植物性食品が中心の食生活と多いに関係があったようです。

つまり、和食は体臭を発生させにくいのです。

ところが戦後の食生活の大きな変化により、日本も高たんぱく、高脂肪・・・・
特に肉や乳製品等の動物性脂肪過多の食事に移行したことで、より体臭が発生しやすくなってきているのです。
これらが加齢臭の原因となっていったのでしょう。

動物性脂肪の酸化がニオイの発生源となりやすいのですが、ではこの脂肪を酸化させる原因にはなにがあるのでしょうか。

コレを知ることで加齢臭の原因を知ることになり加齢臭の対策を考えることが出来ます。

ソノ原因は、喫煙・飲酒・ストレス、不規則な生活・脂っこい食事などです。

体内の活性酸素は生活習慣病の元にもなりますから、ニオイの予防のためだけではなく、健康で長生きするためにも活性酸素対策は不可欠です。

しかしたとえ健康的な生活を送っていても、人間が生きて呼吸をしている以上、体内での活性酸素の発生は避けられませんから、抗酸化作用の高い食品やその補助に健康補助食品(いわゆるサプリメント)を摂取するのもおススメです。

 

加齢臭の対策

加齢臭の対策について具体的に考えてみましょう。

食物繊維の豊富な食品をたくさん食べて規則正しいお通じを心がけることで、体内での発酵や腐敗を防ぎ、ひいては口臭や便臭を抑えることができます。

便秘している時のオナラはクサイですよね。
これは、腸内で老廃物が発酵して悪臭を発生させるからです。

つまり体の中を綺麗にすることによって加齢臭はなくなるということです。

スプレー、芳香剤、洗剤、壁掛けからぬいぐるみまで、様々な消臭グッズが売られていますが、ニオイの元が体内にあるのならば、お部屋にどんな消臭対策をしてもダメです。

歯を磨いたり、食べ物に気をつけたり、清潔を心がけたりと、日常生活の中で注意を払うことでニオイを軽減させることはできますが、ニオイの元が体内にある限り、この根本に働きかけなくては本当の消臭軽減はできません。

日常の食生活や生活習慣の改善に、乳酸菌生産物質と緑茶カテキンの組み合わせによるラクトファイバーエチケットをプラスして、健康的に体の中を隅々までクリーンに保ちましょう。

こうすることが加齢臭の対策となっていくのです。

 

加齢臭を消す

加齢臭を消す方法があったとしたら知りたいと思いませんか?
加齢臭を消す方法ってあるのでしょうか?

皮脂腺から出る脂肪酸が酸化することによって加齢臭が発生すると言われています。

加齢臭の対策としては、まずは清潔を保つことですね。
汗をかいいたらこまめにシャワーを浴びる、着替えをする、など、単純ですが、大切なことです。

あとは、できる限り抗酸化を心がけた食生活を送ることをおすすめします。

例えば、朝、胃が空っぽの状態でフルーツを摂取することは非常に有効です。
また、できるだけ、野菜中心の食生活にして飽和脂肪酸や動物性脂肪を避けてくださいね。

地道ですが、食生活を改善することでお身体の健康を促進することが有効だと私は思います。

その結果として、加齢臭が治まってくると思いますよ。

代謝異常や内臓器の異常からの臭い臭いには、いろいろな意味があります。
代謝異常や内臓器の異常によっても口臭や体臭に変化が起こることがあります。

気にされている臭いが加齢臭なのかどうか、確認される必要もあるかもしれません。

仮に加齢臭だとすると、臭いを隠すなどの手段よりは体質をしっかり改善するために、デトックス、代謝が有効ですので、食事から運動など、いろいろ工夫されるといいかもしれません。

 

加齢臭に適度な運動

加齢臭の原因がある程度わかってきたら加齢臭の原因を取り除くために色々な行動が必要です。
そこで、加齢臭の予防策として適度な運動がありますのでご紹介します。

適度な運動を行うことが酸化防止となり、加齢臭を予防することにつながります。
健康のためにも運動を薦められますが、運動は酸素を多く吸収することになるはずですね。

我々は常に呼吸をして、体内に酸素を取り入れています。
そしてその酸素のほとんどは水素と結合して水になるのですが、中には分子構造に歪みを生じた安定しない酸素も出現します。
これが一般的に言う活性酸素(毒性酸素)と呼ばれるものです。
つまり生きていれば、活性酸素を生み出し続けるということになります。

呼吸によって摂取した酸素のうち約2%がこうした不安定な状態にあるといわれていて、これらの酸素は早く安定しようと、結合できる相手を探して作用し、DNA損傷などの悪い影響を及ぼすと考えられています。

それでは、運動によって多くの酸素を摂ることは悪いのか?
答えは否です。

一般の人が行っている適度な運動ではDNA損傷は惹起されず、むしろ癌や心臓血管系の疾病予防になっていることが挙げられます。

つまり強い酸化ストレスを受けても、それに対する防御能力が備わっているのですが、それらの防御能力は日常の適度な運動によっては高まることが報告されているのです。

特に有酸素運動(ウォーキングなど)をすると、活性酸素をうち消す力(SOD活性)が高くなると言われています。

急に激しい運動をしたり、運動習慣のない人が急に運動を始めることは、好ましくはありません。

自己流ではなく、専門家や医師、トレーナーの指導を受けることも場合によっては必要となってきますね。

-美容
-, ,

Copyright© お役立ち情報NAVI , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.